ガイドライン物語

出版社: 医薬ジャーナル社
著者:
発行日: 2006-10-10
分野: 臨床医学:内科  >  胸部疾患
ISBN: 4753222101
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

1,980 円(税込)

商品紹介

「肺炎ガイドライン」の制作を統括した著者が語る、ガイドライン誕生秘話。肺炎診療にかける著者の熱い思いとともに、個性的な作成委員の面々、作成時の裏話・苦労話など、興味深いエピソードが満載。日本独自の治療方針である「非定型肺炎と細菌性肺炎の鑑別」を確立した背景にも迫る。教育的な中にも、ユーモアを交えた趣のあるエッセー。医療者のみならず、一般の方にも一読の価値あり!

目次

  • ガイドライン物語

    ―目次―

    1.肺炎とはどのような病気か
    2.肺炎のUターン現象
    3.結核の治療が教えるもの
      ―肺結核の死亡率をさらに下げるためには何が必要か
    4.ガイドラインとはそもそも何であるか
    5.肺炎のガイドラインはなぜ必要とされたのか
    6.ガイドライン作成における肺炎ガイドラインの特殊性
    7.肺炎ガイドラインの前準備
    8.呼吸器感染症に関するガイドライン作成の決定
    9.日本呼吸器学会呼吸器感染症に関する
      ガイドライン作成委員会委員の選定
    10.作成委員会で最初に決めたこと
    11.「ガイドライン作成の基本理念」とは
    12.ガイドライン作成時期における世界の肺炎ガイドラインの実状
    13.ガイドライン作りのための作成委員会
    14.最も基本となるフローチャートの作成
    15.なぜ非定型肺炎と細菌性肺炎に鑑別して
      治療方針を立てようとしたか
    16.「成人市中肺炎診療の基本的考え方」の全体像
    17.ガイドラインの転帰―ガイドラインの周知度、
       ガイドラインに伴う研究、ガイドラインの質の検討
    18.ガイドラインが果たした役割
    19.院内肺炎ガイドラインの作成作業について
    20.気道感染症のガイドライン作成作業について
    21.成人市中肺炎ガイドラインの改正へのステップ
    22.海外のガイドライン作成委員との討論
    23.市中肺炎ガイドラインの改正

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...