ビジュアル基本手技(5) 必ず上手くなる! 中心静脈穿刺

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2007-07-20
分野: 臨床医学:外科  >  麻酔科学/ペイン
ISBN: 9784897063348
シリーズ: ビジュアル基本手技
電子書籍版: 2007-07-20 (第6刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,730 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,730 円(税込)

商品紹介

300点もの豊富なカラー写真とイラストで目で見て覚える穿刺のコツ!手技に的を絞った初の初心者向け中心静脈穿刺マニュアル。豊富なカラー写真とイラストで手技の実際が手に取るようにわかる!失敗を回避するためのポイントや上手くいくコツや技が満載!従来のlandmark法はもちろん、最新のエコーガイド下穿刺も丁寧に解説合併症回避のポイントやトラブルシューティングは必見!

目次

  • ビジュアル基本手技(5) 必ず上手くなる! 中心静脈穿刺

    ―目次―

    PART1 歴史的概観と今後の展望
     中心静脈カテーテル挿入の歴史と今後の方向性

    PART2 中心静脈カテーテル挿入法(総論)
     1インフォームド・コンセント(患者や家族への説明) 
     2目的・適応・禁忌 
     3準備・器材・挿入 
     4中心静脈カテーテル挿入後の確認事項 

    PART3 部位別中心静脈カテーテル挿入法
     §1 アプローチ部位とその解剖
      1-1内頸静脈 
      1-2外頸静脈 
      1-3鎖骨下静脈  
      1-4大腿静脈 
     §2 挿入手技(landmark法)の実際とコツ
      2-1内頸静脈 
      2-2外頸静脈 
      2-3鎖骨下静脈 
      2-4大腿静脈 
      2-5肘部皮静脈 
     §3 エコーガイド下の穿刺法
      3-1内頸静脈 
      3-2鎖骨下静脈 
      3-3大腿静脈 

    PART4 合併症と対策
     1カテーテル挿入時の合併症と対策 
     2カテーテル挿入中の管理法と合併症 

    PART5 関連事項とトピックス
     1中心静脈圧(CVP)の測定・評価とモニタリング 
     2中心静脈栄養法(IVH:intravenous hyperalimentation) 
     3小児の中心静脈穿刺,管理法" 
     4肺動脈カテーテル(Swan-Ganzカテーテル)挿入法と評価 
     5一時的ペースメーカー挿入法 
     6中心静脈穿刺・カテーテル挿入シミュレーター  
     7リスク・マネージメント上の問題点 
     8中心静脈カテーテル関連血流感染の病態と対策 

    PART6 トラブルシューティング
     静脈路確保困難に関するQ&A
     挿入困難に関するQ&A
     カテーテル断裂に関するQ&A
     カテーテル感染に関するQ&A
     出血性合併症に関するQ&A
     管理・その他に関するQ&A

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

PART I 歴史的概観と今後の展望

P.11 掲載の参考文献
1) Aubaniac, R.:The subclavian vein puncture-advantages and technique. Presse. Med., 60:1456, 1952
5) Rothschild, J. M.:Ultrasound guidance of central venous catheterization.Evidence Report/Technology Assessment, No 43 〔Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ)〕,pp245-253, 2001
6) 徳嶺譲芳, 須加原一博: より安全な中心静脈穿刺: エコーガイド下中心静脈穿刺法~どうしてエコーガイドが必要なのか?~. 沖縄県医師会報, 42: 852-856, 2006

PART II 中心静脈カテーテル挿入法 (総論)

P.16 掲載の参考文献
1) The ICU Book THIRD EDITION(Paul L. Marino),Lippincott Williams & Wilkins,2006
2) 「輸液療法の進め方ノート」(杉田 学, 編), 羊土社, 2003
P.21 掲載の参考文献
1) 井上善文: TPNレクチャー, p8, 南江堂, 2004
4) BCSH GUIDELINES ON THE INSERTION AND MANAGEMENT OF CENTRAL VENOUS LINES:British Journal of Haematology, 98:1041-1047, 1997
5) National Institute for clinical Excellence:Guidance on the use of ultrasound locating devices for placing central venous catheters, Technology Appraisal Guidance No.49, 2002
P.33 掲載の参考文献
2) 鈴木利保: 穿刺器材からみた血管穿刺の安全性. LiSA, 13: 1094-1100, 2006
3) 名古屋大学大学院医学系研究科麻酔・蘇生医学講座ホームページ http://www.med.nagoya-u.ac.jp/anesth/cv/
4) 貝沼関志, 編著: 「麻酔・救急・集中治療専門医のわざ」, 真興交易(株)医書出版部, 2000
P.36 掲載の参考文献

PART III 部位別中心静脈カテーテル挿入法

P.43 掲載の参考文献
1) 清水幸雄: 外頸静脈へのカテーテル挿入に必要な解剖. 麻酔科医に必要な局所解剖. p116-117, 文光堂, 2002
2) 菊地千歌, 片山勝之: 内頸静脈からの穿刺法-そのよさを活かすためにも, 急がば回れの心を忘れずに. LiSA, 13: 1102-1107, 2006
3) 高橋健二: 外頸静脈からの穿刺法-J型ガイドワイヤー操作の修得がポイント. LiSA, 13: 1108-1112, 2006
P.55 掲載の参考文献
1) 高橋健二: 外頸静脈からの穿刺法-J型ガイドワイヤー操作の修得がポイント. LiSA, 13: 1108-1112, 2006
P.73 掲載の参考文献
1) 鈴木利保, 杵淵嘉夫, 竹山和秀, 他: 内頸静脈穿刺の工夫-超音波診断装置の応用-. 循環制御, 14: 313-319, 1996
3) 松田光正, 西山純一, 前田美保, 他: 超音波診断装置を用いた内頸静脈の左右差についての検討. 日臨麻会誌, 25: 331-337, 2005
4) Troianos, C. A., Kuwik, R. J., Pasqual, J. R. et al.:Internal jugular vein and carotid artery anatomic relation as determined by ultrasonography. Anesthesiology, 85:43-48, 1996
5) 鈴木利保, 松田光正, 長谷川啓一郎, 他: 中心静脈カテーテル挿入に関するリスクマネージメント-携帯型超音波画像診断装置iLook 25-の使用経験. 臨床麻酔, 29: 1519-1521, 2005
9) Milling, T. J., Rose, J., Briggs, W. M. et al.:Rondomized, controlled clinical trial of point-of-care limited ultrasonography assistance of central venous cannulation:The Third Sonography Outcomes Assessment Program (SOAP-3)Trial. Crit. Care Med., 33:1764-1769, 2005
10) 菊池千歌, 片山勝之: 内頸静脈からの挿入法. LISA, 13: 1102-1106, 2006
11) 鈴木利保: 中心静脈カテーテル挿入の安全対策(穿刺器材からみた血管穿刺の安全性). 臨床麻酔 第31巻 増刊号, 355-369, 2007
12) 鈴木利保: 中心静脈穿刺(各論)穿刺器材から見た血管穿刺の安全性. LISA, 13: 1094-1100, 2006
13) Suzuki, T., Kanazawa, M., Kinefuchi, Y. et al.:A pilot/introducer needle for central vein cannulation. Tokai J. Exp. Clin. Med., 20:223-225, 1996
P.82 掲載の参考文献

PART IV 合併症と対策

P.91 掲載の参考文献
1) 水島靖明: 侵襲的処置のデーターベース化による合併症回避の試み. 日本臨床救急医学会雑誌, 6: 365-370, 2003
P.97 掲載の参考文献
1) Cobb, D. K. et al.:A controlled trials of scheduled replacement of central venous and pulmonary-artery catheters. N. Engl. J. Med., 327:1062-1068, 1992

PART V 関連事項とトピックス

P.101 掲載の参考文献
1) 山本五十年, 秋枝一基, 元宿めぐみ: 中心静脈路の確保と中心静脈圧測定. 救急医学, 第23巻第10号, へるす出版, 2000
3) Schwenzer, K. J.:Venous and pulmonary pressures.;Clinical monitoring (Lake, C. ed.),147-198(166 References),WB Saunders, 1990
4) Hemodynamic monitoring.; Invasive and noninvasive clinical applications. 2nd ed.(Darovic, G. O. ed.),WB Saunders, 1995
P.106 掲載の参考文献
1) A.S.P.E.N. Board of Directors and The Clinical Guideline Taskforce. Guidelines for the use of pareneteral and enteral nutrition in adult and pediatric patients. JPEN, 26(1Suppl):1SA-138SA, 2002
4) Van den Berghe G. et al.:Intensive insulin therapy in the medical ICU. N. Engl. J. Med., 54:449-461, 2006
5) 石田順朗: NSTからの提言. 内科, 98: 100-103, 2006
6) 「輸液療法の進め方ノート」(杉田 学, 編), 羊土社, 2003
7) 「ICUブック 第2版」(稲田英一, 他監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2001
8) 「静脈栄養・経腸栄養ガイド 増補版」(Medical Practice編集委員会, 編), 文光堂, 1995
9) 「術後患者の管理 改訂新版」(関 洲二, 著), 金原出版, 2000
P.112 掲載の参考文献
P.124 掲載の参考文献
1) American Heart Association:2005 American Heart Association Guideline and Emergency Cardiovascular Care:Part 7.3:Management of Symptomatic Bradycardia and Tachycardia. Circulation, 112:IV-67-IV-77, 2005
3) Smith, T. W., Chen, J. & Epstein, L. M.:Implantable Devices for the Treatment of Cardiac Arrhythmia.;Grossman's Cardiac Catheterization, Angiography, and Intervention. 6th edition.:pp490-492, Lippincott Williams & Wilkins, 2000
P.131 掲載の参考文献
1) 「病院感染対策ガイドライン」(国立大学医学部附属病院感染対策協議会, 編), じほう, 2003
3) 相馬孝博: 観血的診療に対する患者安全方策の導入-中心静脈カテーテル(CVC)留置関連項目を例とした問題点. 保健医療科学, 51(4): 210-211, 2002
4) 名古屋大学医学部附属病院: 中心静脈カテーテル挿入マニュアル, 2003
5) National Institute for Clinical Excellence.:Technology Appraisal Guidance-No.49 Guidance on the use of ultrasound locating devices for placing central venous catheters.(http://www.nice.org.uk)
P.134 掲載の参考文献
1) MMWR: 2000年8月9日号,Vol.51No.RR-10 (http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/RR/RR5110.pdf)
2) 満田年宏: 血管内留置カテーテルに関連する感染予防のCDCガイドラインについて. 臨床と微生物, 30: 39-45, 近代出版, 2003

PART VI トラブルシューティング

P.142 掲載の参考文献
1) Takeyama, K., Suzuki, T., Saitoh, S. & Tanaka, A.:Dilution by physiological saline deterioratetes color discrimation of arterial and venous blood. Circ. Cont., 23:158-163, 2002
5) 鈴木利保, 杵淵嘉夫, 竹山和秀, 他: 内頸静脈穿刺の工夫-超音波診断装置の応用-循環制御, 14: 313-319, 1996

最近チェックした商品履歴

Loading...