インフォームドコンセントのための図説シリーズ がん性疼痛

出版社: 医薬ジャーナル社
著者:
発行日: 2007-08-20
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784753222667
シリーズ: インフォームドコンセントのための図説シリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

4,104 円(税込)

商品紹介

がんの痛みには積極的な除痛で!患者とその家族が抱える、痛みへの不安を取り除く最良の一冊!痛み緩和への麻薬(医療用)使用はWHO(世界保健機関)方式が基本。豊富な剤型の使いわけで、より患者のニーズに応える。オールカラーで読みやすく、インフォームドコンセント取得に最適!

目次

  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ がん性疼痛

    ―目次―

    1.ICのためのがんの痛みの種類とその特徴

    2.ICのための痛みの機序と鎮痛薬、鎮痛法の作用部位

    3.ICのための痛みの評価法

    4.ICのための痛みの治療法
     1)ICのための薬物療法
     (1) WHO方式の基本
     (2)非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)
     (3)医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)の種類と特徴
     (4)オピオイド鎮痛薬の副作用対策
     (5)オピオイドローテーション
     (6)オピオイド鎮痛薬の投与経路とそれぞれの特徴
     (7)在宅医療におけるオピオイド使用に関する問題点
     2)ICのための非薬物療法
     (1)がん性疼痛に対する統合医療(鍼灸、レーザーなど)
     (2)神経ブロック

    5.ICのための小児がん性疼痛

    6.終末期におけるインフォームドコンセント

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...