ワークステーション完全制覇

出版社: 日本放射線技師会出版会
著者:
発行日: 2008-04-10
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784861570360
電子書籍版: 2008-04-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

基本から最新アプリケーションまでケーススタディ方式で網羅。ワークステーション完全制覇!

目次

  • 表紙
  • ワークステーションの最前線
  • 目次
  • 執筆者一覧
  • 第1章 ワークステーション基礎編
  • 1 撮影機器の基礎
  • 1. CT
  • 2. MRI
  • 2 画像処理の基礎技術
  • 3次元画像処理の基礎技術
  • 3 3次元画像の作成手法
  • 3次元画像作成法
  • 4 ワークステーションの今後
  • ワークステーションの今後
  • 第2章 ワークステーション実践編
  • [ 頭頸部 ]
  • 1. サブトラクション
  • 2. マルチボリューム
  • 3. MRI脳槽カラーマップの作成
  • 4. パフュージョン
  • 5. 頸部血管抽出
  • 6. 頭頸部MRA ( VR + VR )
  • 7. 頭頸部CPR
  • 8. 歯科解析
  • [ 胸部 ( 肺野・乳腺 ) ]
  • 1. 胸膜除去
  • 2. 乳房領域描出
  • 3. 気管支仮想内視鏡
  • 4. 肺結節解析ソフトウェア
  • [ 心臓, 大血管 ]
  • 1. 肺動静脈分離
  • 2. 細血管解析
  • 3. Sliding thin Slab MIPによる冠動脈観察
  • 4. 3DからCPR機能で冠動脈抽出
  • 5. クリアウインドウによるプラークのカラーマッピング
  • 6. 心機能解析
  • 7. 心筋Perfusion
  • 8. 遅延造影
  • 9. カルシウムスコアリング
  • 10. Fusion→心臓CT ( MRI ) + 心筋SPECTの合成
  • 11. 下肢血管
  • 12. 下肢MRAのVR + VR
  • 13. プラーク解析ソフトウェア
  • [ 腹部 ]
  • 1. 骨除去
  • 2. DIC - CTと肝臓3相データのマルチボリューム
  • 3. MRCP
  • 4. 膵管 CPR作成
  • 5. 骨盤部などのFusion
  • 6. 肝臓解析
  • 7. 体積測定
  • 8. リフォーマット
  • 9. Adamkiewicz動脈抽出
  • 10. PET + CTのフュージョン
  • 11. 大腸解析
  • [ 骨, 軟骨 ]
  • 1. 腱カラーマップ作成
  • 2. 股関節の臼蓋分離
  • 3. 脊椎
  • 4. 肩関節内視鏡表示
  • 5. 骨軟部MPR・VR作成
  • 第3章 臨床現場でのワークステーション活用例
  • 1. "VR + VR" を用いた下肢MR Angiography ( MRA ) の画像結合
  • 2. 頭部3D - CT Angiographyワークステーションを活用した診断・治療のためのPost - Processing
  • 3. 脊椎の撮影ポイント
  • JART連載・ワークステーション最前線
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 ワークステーション基礎編

P.16 掲載の参考文献
1) 辻岡勝美 : CT自由自在. メジカルビュー, 東京都, 20-21, 70, 2001
2) 片田和廣 ; 佐々木真理 : MDCT徹底攻略マニュアル, メジカルビュー, 東京都, 8-17, 2002
3) 岩井喜典, 斉藤雄督, 今里悠一 : 医用画像診断装置-CT, MRIを中心として-, コロナ社, 東京都, 1991
4) 辻岡勝美 : X線CT装置の機器工学 (1) -X線の発生と検出-, 日本放射線技術学会誌 第58巻第2号 : 262-266, 2002
P.25 掲載の参考文献
1) 日本磁気共鳴医学会教育委員会 : MRIレクチャー. 基礎から学ぶMRI, 株式会社インナービビョン, 東京都, P23
2) 日本脳ドック学会 : 脳ドックのガイドライン, 脳ドックの新ガイドライン作成委員会, 2003年9月
3) ASIST-Japan : 急性期脳梗塞画像診断実践ガイドライン 2007, 南江堂 2007年5月
4) Christopher Kramer MD etc. : CMR Image Acquisition Protocols, SCMR, 2007年3月
5) 佐久間肇 : 明日から実践するための心臓MRI標準化プロトコール, 日磁医誌 Vol. 27 P191-201, 2007年10月
6) 原留弘樹 : 腹部拡散強調画像-基礎と臨床応用-、日磁医誌 Vol. 27 P87-104, 2007年7月
7) 谷本伸弘 : 臨床画像CLINICALIMAGIOLOGY 躯幹部拡散強調MRI, メジカルビュー社, Vol. 23 P1014-1018, 2007年9月

第2章 ワークステーション実践編

P.73 掲載の参考文献
吉田祥二 : 森下哲 : 3D imagingの実践. MDCTの実践, 秀潤社, 東京, 36-39, 2005年
P.111 掲載の参考文献
関根聡 : 64スライスMSCTにおける経皮的冠動脈形成 (PCI) 前評価への応用. INNERVISION 21-7 : 100-101, 2006

第3章 臨床現場でのワークステーション活用例

P.190 掲載の参考文献
1) Tomandi, BF, Kostner, NC, Schempershofe, M, Huk, WJ, Strauss, C, Anker, L, Hastreiter, P, CT angiography of intracranial aneurysms : a focus on postprocessing, Radiographics 2004 ; 24 (3) : 637-55,
2) 田邊純嘉. アールティ 2004 ; 24 : 53-60
3) 野中雅. Rad Fan 2006 ; 4 : 10-13
4) Yasargil, MG, Fox, JL, The microsurgical approach to intracranial aneurysms. Surg Neurol 1975 ; 3 (1) : 7-14,
5) Kaneko, N, Kurita, H, Hino, K, Nagayama, K, Tsubokawa, T, Tanaka, N, Fujitsuka, M, Nakamura, M, Shiokawa, Y. [Our current technique for basic pterional craniotomy] No Shinkei Geka 2005 ; 33 (9) : 885-92,
6) Nadvornik, F, Lojka, J. [Unilateral interhemispheric approach to the anterior communicating artery of the brain] Rozhl Chir 1969 : 48 (8) : 360-2.
7) 中島義和, 大松正宏, 横田順一朗, 坂下恵治, 藤村一郎, 長谷川洋, 吉峰俊樹 : 破裂脳動脈瘤急性期手術におけるCTアンギオグラフィーの有用性. 厚生年金病院年報 25 : 73-78, 1998.
8) Yasui, T, Kishi, H, Komiyama, M, Iwai, Y, Yamanaka, K, Nishikawa, M, Nakajima, H, Morikawa, T. [The limitations of three-dimensional CT angiography (3D-CTA) in the diagnosis of cerebral aneurysms] No Shinkei Geka 2000 ; 28 (11) : 975-81.
9) 中根正人, 片田和廣 : 【病理所見に迫る画像診断】頭部頭部血管 : 3D-CTA, クリニシアン 2004 : 51 (3) : 279-86.
10) Marinkovic , S, Milisavljevic, M, Marinkovic, Z. Branches of the anterior communicating artery. Microsurgical anatomy. Acta Neurochir (Wien) 1990 ; 106 (1) : 78-85.
11) Rhoton , Fujii, K, Fradd, B. Microsurgical anatomy of the anterior choroidal artery. Surg Neurol 1979 ; 12 (2) : 171-87,
12) Jusuke ITO : Perforators of M1, Surgical Anatomy for Microneurosurgery V : 23-25, 1993.
13) Tooru INOUE, Haruo MATSUMOTO, Shinji NAGATA : Microsurgical Anatomy of the Posterior Perforated Substance and Posterior Perforating Arteries, Surgical Anatomy for Microneurosurgery V : 44-45, 1993.
14) 高橋明, 茅野伸吾 : 3D-CTAによる頭蓋内穿通枝診断 実験的検討から臨床応用へ. 映像情報Medical (1346-1354) 39巻7号Page78-83 (2007. 06)
15) 脳卒中合同ガイドライン委員会, 脳出血手術治療法の選択, 脳卒中合同ガイドライン委員会 : 脳卒中治療ガイドライン (2004), 協和企画東京, 114-118, 2004.
P.193 掲載の参考文献
1) 小林良充, 河野左宙, 長野純二 : CT像による成長期腰椎分離の分類とその有用性整災外 32 : 1625-1634, 1989.
2) 秋本毅 : 若年者における腰椎分離とその治療整形外科MOOK No.33 脊椎分離すべり症 (小野村敏信編), 金原出版 p. 259-270, 1984
3) 中井定明. 腰仙椎部における正常画像所見, 脊椎脊髄ジャーナル 10 : 287-292, 1997
4) 沖野和弘 : MDCTの実践, 秀潤社, p99-102, 2005

JART連載・ワークステーション最前線

P.199 掲載の参考文献
1) 山下好人, 西野裕二, 平川弘聖, 他 : 急性虫垂炎. 消化器外科, 23 (12), 1903-1910, (2000).
3) 松本拓也, 古森公浩, 杉町圭蔵 : 血栓症の臨床, 腸間膜動脈血栓症, 綜合臨床, 48 (10), 2350-2353, (1999).
P.205 掲載の参考文献
似鳥俊明編 : 心臓のMRIとCT 東京, 南江堂, 2005.
P.217 掲載の参考文献
栗林幸夫・ 佐久間肇 編:心臓血管疾患疾患のMDCTとMRI 医学書院,2005
P.221 掲載の参考文献
1) Arai Y, et al. : Development of Ortho Cubic Super High Resolution CT (Ortho-CT). Computer assisted Radiology and Surgery. Elsevier, Amsterdam, 780-785, 1999.
3) 岩井一男, 他 : 小照射野コーンビームCT撮影における実効線量. 歯科放射線 40, 251-259, 2000.
4) 三島章, 他 : 歯科用X線CT PSR9000の被曝線量の算定. 鶴見歯学, 29, 7-12, 2003.
5) 井川知子, 他 : 閉塞性睡眠時無呼吸症候群における上気道形態の画像検査. 日本歯科評論, 66, 166-168, 2006.
7) Ogawa T, et al : Evaluation of 3D airway imaging of obstructive sleep apnea with cone-beam computed tomography. Stud Health Technol inform, 111, 365-368, 2005.
P.225 掲載の参考文献
川村正, 渡辺俊明 : 腹腔鏡検査アトラス (手技と肝臓病診断) 国際医書出版 30-100, 1990.
P.227 掲載の参考文献
1) 最新整形外科学大系 (12) 胸腰椎・腰椎・仙椎 (16) 骨盤・股関節 (17) 膝関節・大腿. 株式会社中山書店
2) 整形外科手術プラクティス-玉造厚生年金病院の方法-. 金芳堂
3) 人工膝関節置換術-基礎と臨床-, 文光堂
4) 新 図説臨床整形外科講座 第1巻 整形外科の検査・診断法, 第4巻 胸腰椎. 腰椎・仙椎, 骨盤. メジカルビュー社
5) CT像による成長期腰椎分離の分類とその有用性. 整形災害外科, 32, 1625-1634, 1989.
6) 整形外科領域における3D-CTの有用性. 関節外科, vol. 24, No. 5, 2005.
7) 脊椎・脊髄 画像診断マニュアル. Monthly Book Orthopaedics, vol. 15, No. 9, 2002.
8) 骨折の画像診断. 画像診断, vol. 26, No. 6, 2006.
P.231 掲載の参考文献
1) VERSUS研究会監修 : 超実践マニュアルCT. 医療科学社, 39. 339, 2006.
2) 中村實監修 : 新編臨床医学概論. 医療科学社, 20. 151, 2004.
3) 中村實監修 : 最新X線CTの実践. 医療科学社, 199. 2006.
4) 井田義広 : CT検査の実際 : 心臓. MSCTの多列化が心臓領域にもたらしたもの. INNERVISION. 20 (12) : 65. 70, 2005.
P.235 掲載の参考文献
1) 折井正博 : 下肢静脈瘤とその治療のすべて. 東洋書店, 2003.
2) 岩井武尚・上山武史・折井正博・他 (編) : 下肢静脈瘤硬化療法の実際. 医学書院, 1997.

最近チェックした商品履歴

Loading...