傷寒論を読もう

出版社: 東洋学術出版社
著者:
発行日: 2008-05-06
分野: 臨床医学:一般  >  東洋医学
ISBN: 9784904224007
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,400 円(税込)

商品紹介

2005年日本東洋医学会奨励章を受賞した著者が、これまでの臨床・著作・講演のエッセンスを凝集させた一冊。漢方を学ぶ医療関係者にとっての必読書でありながらも、読みこなすことが難しい『傷寒論』を、著者が条文ごとにやさしい語り口で解説している。初級者にも中級者にも最適。40種の患者イラスト入り「重要処方図解」付きで、臨床にも大いに参考になる。

目次

  • 傷寒論を読もう

    ―目次―

    『傷寒論』について

    傷寒卒病論集(序文)

    弁太陽病脈証并治 上
      太陽病上篇の構成
      太陽病上篇の総括
     
    弁太陽病脈証并治 中
      太陽病中篇の構成
      太陽病中篇の総括
     
    弁太陽病脈証并治 下
      太陽病下篇の構成  
      太陽病下篇の総括
     
    弁陽明病脈証并治
      陽明病篇の構成  
      陽明病篇の総括

    弁少陽病脈証并治
      少陽病篇の構成
      少陽病篇の総括

    弁太陰病脈証并治
      太陰病篇の構成  
      太陰病篇の総括
     
    弁少陰病脈証并治
      少陰病篇の構成
      少陰病篇の総括
     
    弁厥陰病脈証并治
      厥陰病篇の構成  
      厥陰病篇の総括
     
    弁霍乱病脈証并治
      霍乱病篇の構成  
      霍乱病篇の総括
     
    弁陰陽易差後労復病脈証并治
      陰陽易差後労復病篇の構成  
      陰陽易差後労復病篇の総括

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...