遠隔画像診断ネットワークの構築と運用

出版社: 日本放射線技師会出版会
著者:
発行日: 2008-11-28
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784861570292
電子書籍版: 2008-11-28 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,968 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,968 円(税込)

商品紹介

「三重遠隔画像診断ネットワーク」での実際の構築・運用例を土台に、遠隔画像診断ネットワークを医療現場ですぐに活用できる具体的な構築や運用のノウハウを分かりやすく解説しました。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • CONTENTS
  • 第1章 遠隔画像診断の現状
  • 1.1 はじめに
  • 1.2 深刻な放射線科医不足
  • 1.3 大学病院の放射線科を取り巻く環境
  • 1.4 遠隔画像診断の発展
  • 1.5 遠隔画像診断のメリットとデメリット
  • 1.6 遠隔画像診断の多様な実施形態
  • 第2章 ネットワークの利用方法
  • 2.1 はじめに
  • 2.2 ネットワーク機器
  • 2.3 IPアドレス
  • 2.4 コマンド プロンプトの操作
  • 2.5 ネットワークコマンド
  • 2.6 Windows ファイアウォールの設定
  • 第3章 ユーティリティソフトウェアの利用
  • 3.1 VNCソフトウェア
  • 3.2 リモートデスクトップ接続
  • 3.3 仮想化ソフト
  • 3.4 バックアップソフトウェア
  • 3.5 ディスクデフラグソフトウェア
  • 3.6 コンピュータウイルス対策ソフトウェア
  • 第4章 画像ネットワークで使用するソフトウェア
  • 4.1 DICOMについて
  • 4.2 DICOM関連ソフトウェアの概略
  • 4.3 DICOM関連のソフトウェア
  • 4.4 K - PACS フリーDICOM - Workstation
  • 4.5 Conquest DICOM サーバ
  • 4.6 eFilm
  • 4.7 OsiriX
  • 第5章 外部とのネットワーク接続方法
  • 5.1 通信回線
  • 5.2 ルータ
  • 5.3 ルータの接続方法
  • 5.4 光プレミアム回線の設定方法
  • 第6章 VPN接続とソフトウェアVPNの利用方法
  • 6.1 VPN接続について
  • 6.2 仮想HUBによるVPN接続について
  • 6.3 旧来のVPNソリューションの制限事項
  • 6.4 PacketiX VPNソフトウェアの特徴
  • 6.5 PacketiX VPN Server
  • 6.6 PacketiX VPN Client
  • 6.7 VPN Serverへの接続方法
  • 6.8 Tiny VPN
  • 第7章 読影ビューアとレポートシステム
  • 7.1 読影端末
  • 7.2 レポートシステム
  • 第8章 遠隔画像診断の構築例・運用事例
  • 8.1 はじめに
  • 8.2 依頼と読影
  • 8.3 システム構成例実録
  • 第9章 遠隔読影システム
  • 9.1 はじめに
  • 9.2 センター画像サーバを使用しないシステム ( 初期のシステム )
  • 9.3 DICOMサーバとレポートサーバをセンター側に設置したシステム
  • 9.4 依頼病院側のオーダシステムと連携したシステム
  • 9.5 海外での遠隔読影システム
  • 第10章 遠隔画像診断システムの運用
  • 10.1 NPOの設立と運営
  • 10.2 遠隔画像診断ネットワークの運用
  • 10.3 障害への対応
  • 10.4 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン ( 第3版 ) ( 平成20年3月 )
  • 第11章 三重乳がん検診ネットワーク
  • 11.1 はじめに
  • 11.2 乳がん検診結果情報ネットワークシステムの構築
  • 11.3 設計の要点
  • 11.4 実際の運用
  • 11.5 マンモグラフィ遠隔画像転送 / 診断ネットワークシステムの構築
  • 第12章 遠隔画像診断の今後の展望と課題
  • 12.1 遠隔画像診断の地域医療における役割
  • 12.2 遠隔画像システムの課題
  • 12.3 遠隔画像診断の問題点
  • 12.4 遠隔画像診断のグローバル化
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第3章 ユーティリティソフトウェアの利用

P.40 掲載の参考文献
2) vnclp-4_1_2-x86_win32.exe
P.43 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
5) マイクロソフト : リモートデスクトップの紹介. http://www.mlcrosoft.com/japan/wlndowsxp/pro/business/feature/remote/remotedesktop.mspx
P.56 掲載の参考文献
6) VMware : サーバ仮想化を始めるための無料版ソフト http://www.vmware.com/jp/products/server/
P.58 掲載の参考文献
P.62 掲載の参考文献
P.63 掲載の参考文献
P.65 掲載の参考文献
P.66 掲載の参考文献

第4章 画像ネットワークで使用するソフトウェア

P.69 掲載の参考文献
P.70 掲載の参考文献
P.71 掲載の参考文献
P.72 掲載の参考文献
P.73 掲載の参考文献
P.74 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献
8) 株式会社ケイ・ジー・ティー : http://richmedia.kgt.co.jp/html/realia_regist_rf.html
P.76 掲載の参考文献
P.78 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
P.117 掲載の参考文献
P.118 掲載の参考文献
13) Intel multi-core processors highly recommended for 3D
P.119 掲載の参考文献
P.125 掲載の参考文献

第5章 外部とのネットワーク接続方法

P.129 掲載の参考文献
1) 総務省 : 情報通信白書
P.130 掲載の参考文献
P.132 掲載の参考文献
P.133 掲載の参考文献

第6章 VPN接続とソフトウェアVPNの利用方法

P.195 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献

第10章 遠隔画像診断システムの運用

P.262 掲載の参考文献

第11章 三重乳がん検診ネットワーク

P.296 掲載の参考文献
1) 竹田寛, 永澤直樹, 小林茂樹・他 : NPO法人三重乳がん検診ネットワークの活動状況, マンモグラフィ検診ファイル共有のためのネットワークシステムの開発, 日本乳癌検診学会誌 16 (1), pp4-10, 2007
2) 永澤直樹, 高田孝広, 眞田景子, 小林茂樹, 竹田寛 : 三重県におけるマンモグラフィ乳がん検診結果共有システムの構築, 第26回日本医療情報学連合大会論文集, 2006.
3) 愛知県健康福祉部健康対策課 : 部位別性別年齢調整罹患率の年次推移.愛知県のがん登録, 2005
4) 厚生労働省がん研究助成金「地域がん登録」研究班 : 日本のがん罹患率と推移 (大島明, 黒石哲生, 田島和雄・編) がん・統計白書. 罹患/死亡/予後, 1版, 篠原出版新社, pp97-160, 2004
P.297 掲載の参考文献
5) 黒石哲生. 日本におけるがん死亡 (1950-2000), (大島明, 黒石哲生, 田島和雄・編) がん・統計白書-罹患/死亡/予後-1版. 篠原出版新社, pp1-95, 2004.
7) 厚生労働省老健局老人保健課長 : 「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」の一部改定について, 老健第65号通達, 2000.
8) NPO法人J : POSH, 2002 ; http://www.jposh.com/
9) 遠藤登喜子・編 : 見て・視て・診るマンモグラフィ画像読影ハンドブック-乳がん検診における読影技術の向上を目指して. 永井書店, pp3-6, 2006.
10) 厚生労働省大臣官房統計情報部 : 地域保健・老人保健事業報告 平成14年度 (老人保健編) 厚生統計協会, 2004,
P.298 掲載の参考文献
11) 竹田寛 : 乳がんマンモグラフィ検診のセカンドステージ 検診現場の現状-これからの事例三重県の取り組み, INNERVISION 20 (1), pp22-26, 2005.
12) 日本医学放射線学会, 日本放射線技術学会, マンモグラフィガイドライン委員会, 乳房撮影委員会・編 : マンモグラフィガイドライン第2版. 医学書院, pp47-51, 2004.
P.303 掲載の参考文献
13) 伊藤幸夫, 紫藤政義, 野口修 : 最新VPNハンドブック. 秀和システム, 2003
14) 徳丸浩, 園田健太郎, 田畑拓, 三好雅貴 : Webアプリケーションのセキュリティ完全対策, 日経BP社, 2004
15) Korean Society of PACS Technology, Korean Society of Medical Imaging Technology : 佐藤二郎訳 : 医用画像PACS, 日本放射線技師会出版会, 2006.
16) 日刊NETWORK WORLD特別編集 : ネットワークの教科書 2006年版. IDGジャパン, 2006
17) 飯島弘文, 鹿島博 : ブロードバンドVPN構築入門. 翔泳社, 2004.
18) 村永文学, 宇都由美子, 宇宿功市郎, 熊本一朗 : VPNを利用した遠隔医療システムの開発, 医療情報学 20 (2), pp99-101, 2000,
19) 春木康男, 大櫛陽一 : 地域医療ネットワークのための暗号化パスワード・暗号化通信・リアルタイム暗号データベース. 医療情報学 25 (2), pp75-80, 2005.
20) 奥村幸光, 今井摩弥仁, 松浦豊・他 : 名古屋地域におけるローコストを目指した医療連携システムの構築と強化, 医療情報学 24 (1), pp203-210, 2004.
21) 高田孝広 : 医療情報の共有化とセキュリティ確保, 新医療 359, pp44-47, 2004,
P.307 掲載の参考文献
22) 角田博子 : デジタルマンモグラフィの現状-動向, 技術, 検診, 診療, メリット, デメリット. モニタの問題点-フルデジタルマンモグラフィのモニタ診断, 乳癌の臨床 21 (3), pp263-269, 2006.
23) 広利浩一, 難波清, 渡辺良二, 古澤秀実, 松永忠東, 難波滋子 : マンモグラフィ, 超音波併用乳癌検診の有用性の検討. 日本がん検診・診断学会誌 11 (2), pp131-135, 2004.
P.310 掲載の参考文献
24) 厚生労働省 : 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第2版 (平成19年3月) http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/s0301-12.html
P.311 掲載の参考文献
25) 寺田央 : マンモグラフィの黎明から現在, そして未来への動向-画像技術の深化をめざして-, 日本乳癌検診学会誌 14 (2), pp107-112, 2005.
26) 堀田勝平 : デジタル画像を含む新画質基準の技術的対応, 日本乳癌検診学会誌 14 (3), pp227-235, 2005.
P.312 掲載の参考文献
27) 高田孝広, 佐久間肇, 小林茂樹, 竹田寛 : 大学とNPOによる遠隔画像ネットワークの構築と管理の実際. Rad Fan 5 (1), pp20-22 2007.
P.314 掲載の参考文献
28) 近藤博史, 大上享, 小川英敏・他衛星利用在宅医療 (モバイルホスピタル) の実証実験. 第26回日本医療情報学連合大会論文集, 2002.
29) 超高速インターネット衛星「きずな (WINDS) 」http://www.jaxa.jp/projects/sat/winds/index_j.html
30) i-Space Webサイト http://i-space.jaxa.jp/index01.html

最近チェックした商品履歴

Loading...