足の創傷をいかに治すか

出版社: 克誠堂出版
著者:
発行日: 2009-03-01
分野: 臨床医学:外科  >  形成外科学
ISBN: 9784771903487
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

18,700 円(税込)

商品紹介

急増が予測される糖尿病性足病変をどう診るか?チーム医療体制をいかに作るか?第一線で活躍する執筆陣を迎えて制作しました。「予防」ではなく「治療」を主眼とした、外科的臨床分野はじめての書!

目次

  • 足の創傷をいかに治すか

    ―目次―

    第1章 総 論
     1.下肢潰瘍の総論・実態 
     2.足の治療に必要な正常解剖と機能 
     3.下肢潰瘍の診察・検査 

    第2章 虚肢の診断・治療
     1.PADの診断(バスキュラーラボ)、TASC IIおよび
       CLIと密接する実践的検査法
     2.PADの診断(画像診断):デュプレックス超音波検査、
       MRA,CTA,血管造影
     3.重症下肢虚血(CLI)に対するカテーテル治療
       (腸骨動脈/大腿動脈/膝下動脈)
     4.末梢血管バイパス手術 
     5.重傷下肢虚血(CLI)に対する血管新生療法 
    【コラム】整形外科には、多くの虚血肢が潜んでいる 

    第3章 糖尿病性足病変
     1.糖尿病性足病変の病態 
     2.感染、骨髄炎を伴う潰瘍 
     3.臨床所見から考える診断と治療 

    第4章 その他の下肢潰瘍
     1.静脈うっ滞性潰瘍 
     2.膠原病に伴う皮膚潰瘍 
     3.二分脊椎症による下肢潰瘍 
     4.Blue toe syndrome 

    第5章 下肢の創傷に対する治療
     1.Wound bed preparation 
     2.デブリードマン 
     3.感染に対する治療 
     【コラム】「消毒」について 
     4.足の部分切断 
     5.マゴット治療の実際 
     【コラム】医療用無菌ウジの購入 
     6.外用剤と創傷被覆材の使い方、陰圧閉鎖療法 
     7.高気圧酸素療法:Hyperbaric Oxygen Therapy(HBOT) 
     8.糖尿病性壊疽の再建手術 

    第6章 下肢の大切断
     1.適応と手術法 
     2.義肢、リハビリテーション 

    第7章 人工透析と下肢潰瘍
     1.本邦における人工透析医療の現状と未来 
     2.透析患者の周術期輸液管理 
     3.LDLアフェレーシス 

    第8章 潰瘍治療・予防のためのフットウェア

    第9章 下肢潰瘍治療・チーム医療のupdate
     1.総 論:本邦における創傷治療センターの役目 
     2.末梢血行再建と創傷治療の連携─虚血性潰瘍に対する
       循環器内科と形成外科によるチームアプローチの実際─ 
     3.創傷ケアセンター方式における院内連携 
     4.地域における病院連携 
     5.フットセンター外来の実際─京都医療センターにおける
       糖尿病足病変診療の実際─ 
     【コラム】対談:創傷外科医のめざす足の創傷治療、未来予想図 
    巻 末 Wound Healing Society 発行 ガイドライン 全訳

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...