プレホスピタルMOOK9 DMAT

出版社: 永井書店
著者:
発行日: 2009-08-20
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784815918477
電子書籍版: 2009-08-20 (第1版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,270 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,135 円(税込)

商品紹介

本企画では、消防隊・救助隊・救急隊とDMATとの連携がいかにあるべきか、それぞれ理解を深めて頂くことを目的としている。

目次

  • プレホスピタルMOOK9 DMAT

    ―目次―

    1 DMAT(災害派遣医療チーム)とは

    2 わが国のDMAT運用
     1.近隣事故災害対応
     2.遠隔地災害対応
     3.広域医療搬送
     4.DMAT本部機能
     5.広域災害救急医療情報システム(EMIS)
     6.日本DMAT退院養成研修

    3 DMATと消防の連携
     1.出動要請
     2.救助救出
     3.近隣事故現場指揮本部
     4.広域災害における域内搬送
     5.広域医療搬送における域外(搬送)拠点空港での
       日本DMAT活動
     6.緊急消防援助隊との連携
     7.災害時における消防と医療の連携に関する検討会

    4 DMAT運用上の諸課題
     1.DMAT活動におけるドクターヘリの活用
     2.DMATの資格、費用支弁、補償
     3.ロジスティックス

    5 各都道府県の取り組み状況
     1.地域防災計画とDMAT
     2.東京DMAT 
     3.神奈川DMAT
     4.千葉DMAT
     5.埼玉DMAT 
     6.山形DMAT
     7・岐阜DMAT
     8.大坂DMAT
     9.愛知DMAT
     10.高知DMAT
     11.DMAT東北方面隊
     12.DMAT四国方面隊

    6 具体的活動事例
     1.新潟県中越沖地震
     2.八甲田山雪崩災害
     3.岩手・宮城内陸地震

    7 参考資料

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...