• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:内科
  •  > 
  • 心臓
  •  >  新・心臓病診療プラクティス 14 心血管イベントのリスクファクターとその管理

新・心臓病診療プラクティス 14 心血管イベントのリスクファクターとその管理

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2009-09-17
分野: 臨床医学:内科  >  心臓
ISBN: 9784830616938
シリーズ: 新・心臓病診療プラクティス
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

16,500 円(税込)

商品紹介

心血管イベントのリスクファクターの意義も時代とともに変わりつつある。本書では、近年重要性が増したメタボリック症候群、糖尿病、高血圧や喫煙などの心血管イベントのリスクファクターを理解し、疫学データからエビデンスに基づいた管理・治療を説く。図版212点、表組62点、写真48点。

目次

  • 新・心臓病診療プラクティス 14 
    心血管イベントのリスクファクターとその管理

    ―目次―

    I.リスクファクターを識る
     1.リスクファクターとは
     2.心血管イベントの一次予防を学ぶ
     3.心血管イベントの二次予防を学ぶ

    II.リスクファクターを疫学から識る
     1.心血管イベントの変遷─久山町研究から─
     2.日本人のリスクファクターの特徴
     3.リスクファクターと長期予後─NIPPON DATA80を中心に─
     4.メタボリック症候群を中心とした疫学─端野・壮瞥町研究─
     5.糖尿病を中心とした疫学
       ─Japan Diabetes Complications Study(JDCS)─
     6.脂質異常症の疫学

    III.リスクファクターと病態との関連を探る
     1.病理からみたリスクファクター
     2.高血圧と心血管疾患
     3.糖尿病と心血管疾患
     4.脂質異常症と心血管疾患
     5.内臓肥満と心血管疾患
     6.メタボリック症候群と心血管疾患
     7.喫煙と心血管疾患
     8.性差とリスクファクター
     9.慢性腎臓病と心血管疾患
     10.睡眠時無呼吸症候群と心血管疾患
     11.高尿酸血症と心血管疾患

    IV.リスクファクターから疾患へ─その早期の評価─
     1.問診と身体所見からリスクファクターを識る
     2.ABI,脈波伝搬速度
     3.頸動脈超音波
     4.心臓超音波,ドプラ
     5.MDCT

    V.リスクファクターをバイオマーカーで診る
     1.CRP
     2.高LDL血症
     3.低HDL血症
     4.高中性脂肪血症
     5.Lp(a)
     6.フィブリノーゲン
     7.血小板凝集
     8.アディポサイトカイン
     9.HbA1c
     10.BNP,proBNP
     11.IL-6

    VI.生活習慣のリスクファクター管理
     1.禁煙指導
     2.食餌療法
     3.運動療法
     4.肥満指導
     5.ライフスタイルへの介入

    VII.リスクファクターの薬物治療
     1.高血圧症
     2.脂質異常症
     3.糖尿病
     4.抗血栓薬の使い方
     5.エイコサペンタエン酸

    VIII.国内外におけるリスクファクターに対する介入研究
     1.ACCORD
     2.JPAD
     3.JIKEI HEART Study
     4.JELIS

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...