胃癌

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2009-11-18
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784830622243
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

16,500 円(税込)

商品紹介

本書は,日本の胃癌病理診断における最新かつ標準的なガイドラインとして,日常診療でよく遭遇し,しかも鑑別診断に迷う病変,診断を誤ると治療方針に大きな影響を与える腫瘍について,多数のバリエーションが参照でき,分類を確認するためのアトラスである。

目次

  • 胃癌

    ―目次―

    第1部 検鏡前の確認事項
     I.胃癌取扱い規約のコンセプト:国際分類との相違
     II.病理標本の取り扱い方
     III.肉眼診断

    第2部 組織型と診断の実際
     I.良性腫瘍
     II.悪性腫瘍:一般型
     III.悪性腫瘍:特殊型
     IV.臨床的に特徴的な癌
     V.非上皮性腫瘍(間葉系腫瘍)
     VI.胃リンパ腫
     VII.転移性腫瘍
     VIII.腫瘍様病変
     IX.胃ポリープとポリポシース

    第3部 鑑別ポイント
     I.内視鏡切除検体の組織診断
     II.生検
     III.腹腔細胞診の判定

    第4部 臨床との連携
     I.薬物・放射線療法の組織学的判定
     II.臨床病理─胃癌の組織型と臨床像との関連─
     III.病理診断報告書の記載

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...