薬物トランスポーター 活用ライブラリー

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2009-12-10
分野: 薬学  >  薬学一般
ISBN: 9784758120098
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,700 円(税込)

商品紹介

創薬・がん研究の分野で重要なトランスポーターを網羅!それぞれのトランスポーターごとに機能や薬理作用に関わる特性を収録し,辞書形式で活用できます。また,臨床研究における最新知見も解説。

目次

  • 薬物トランスポーター 活用ライブラリー

    ―目次―

    概 説
     薬物トランスポーターの重要性と研究の歴史 
     トランスポーター遺伝子のヒト,マウス,ラットの染色体地図 

    第1章 SLCトランスポーター
     概論 SLCトランスポーターとは? 
     1.SLC5:The sodium glucose cotransporter family
     2.SLC7/SLC3:The cationic amino acid  
     3.SLC10:The sodium bile salt cotransport family
     4.SLC15:The proton oligopeptide cotransporter family
     5.SLC16:The monocarboxylate transporter family
     6.SLC19:The folate/thiamine transporter family
     7.SLC21/SLCO:The organic anion transporting
             polypeptide family(OATP)
     8.SLC22:The organic cation/anion/zwitterion
          transporter family(OAT/OCTN/OCT)
     9.SLC28:The Na+-coupled nucleoside transport family
     10.SLC29:The facilitative nucleoside transporter family
     11.SLC31:The copper transporter family
     12.SLC46:The folate transporter family
     13.SLC47:The multidrug and toxin extrusion
           (MATE)family

    第2章 ABCトランスポーター
     概論 ABCタンパク質の機能と輸送メカニズム 
     1.MDR/TAP(ABCB)
     2.CFTR/MRP(ABCC)
     3.White(ABCG)

    第3章 トランスポーター研究の臨床応用
     1)創薬スクリーニングと臨床応用【石川智久】
     2)薬物相互作用
     3)遺伝子多型と個別化薬剤投与(疾病罹患との関連,副作用発
     4)がん化学療法とトランスポーター

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...