日本医事新報 No.4515 2010年11月6日号

出版社: 日本医事新報社
発行日: 2010-11-06
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 3859215
雑誌名:
特集: 政府・与党が社会保障改革検討本部を設置
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

799 円(税込)

目次

  • 日本医事新報 No.4515 2010年11月6日号

    ―目次―

    特集 政府・与党が社会保障改革検討本部を設置

    【 プラタナス 】
    日本の予防接種を考える 

    【 NEWS 】
    ■社会保障改革で政府・与党が検討本部を設置
     ─サービスの水準・内容や財源を一体的に議論化

    ■【 詳報】 第123回日医臨時代議員会
      ブロック代表・個人質疑要旨
       ─指導・監査の強化方針に異論相次ぐ

    ■内閣官房に社会保障改革担当室を設置─室長には中村秀一氏
     
    ■日医が看護業務の調査結果を公表(チーム医療推進会議)

    ■高額療養費制度の見直しで新試算
    ─「高額長期疾病の特例」の扱いも議題に(社保審医療保険部会)

    ・利用者負担増に反対相次ぐ─厚労省が給付と負担で論点を提示
    (社保審介護保険部会)

    ・補正予算案─地域医療再生基金の拡充に2,100億円、
     3種類のワクチンで財政支援も

    ・一部の配合剤、処方日数制限から除外へ(中医協総会)

    ・コストの報酬反映は「外来包括が前提」─鈴木医療課長

    ・経口配合剤の承認は単剤承認から1年後に
     ─薬食審部会が承認条件を整理

    ・公知申請の適応外薬9成分が保険適用へ
     ─追加効能が禁忌の成分、保険適用時期は未定に

    ・新薬情報─新しい麻しん風しん混合ワクチンが承認へ

    ・高度医療─糖尿病患者への膵島移植など2件承認

    ・第63回日医設立記念医学大会が開催
     ─16氏2団体に最高優功賞、山中伸弥氏らに医学賞

    ・文化功労者に医界などから2氏─山中伸弥、松尾壽之両氏に

    <NEWSダイジェスト>
      ・海外研修に行く高2を麻しん定期接種対象に
      ・提言取りまとめに向け議論開始─予防接種部会
      ・大学病院の比率、過去最低に─マッチング結果
      ・23年度からのレセ情報提供「試行的」実施に
      ・複数科受診再診料の影響額373〜446億円

    ・【感染症発生動向調査】 2010年第41週(10月11〜17日)

    ■お茶の水だより  介護重視の姿勢鮮明にした官邸人事

    ・今週のキーワード   「高額長期疾病の特例」

    【 人 】
    丸山征郎(鹿児島大院システム血栓制御学特任教授)

    【MEET─MEDICAL EXPERTS TALK】
    がん・生活習慣病予防の新展開─最新の疫学研究の成果を活かす
     富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)
     津金昌一郎(国立がん研究センター予防研究部長)

    ほか

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...