コンパス薬理学

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2011-05-10
分野: 薬学  >  薬理学
ISBN: 9784524402687
シリーズ: コンパスシリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,060 円(税込)

商品紹介

わかりやすくミニマムエッセンスがコンセプトの薬理学のテキスト。薬学生が知っておくべき医薬品について,薬理作用・機序,適応,副作用・禁忌の項目を設け,化学構造式を示しながらやさしく解説.知識の整理にも役立つ。

目次

  • コンパス薬理学

    ―目次―

    I 薬の作用と生体内運命
     1章 薬の作用
     2章 薬の運命
     3章 薬効の変化と副作用
     
    II 薬の効き方
     4章 中枢神経系に作用する薬
     5章 自律神経系に作用する薬
     6章 知覚神経系・運動神経系に作用する薬
     7章 循環器系に作用する薬
     8章 呼吸器系に作用する薬
     9章 ホルモンと薬
     10章 消化器系に作用する薬
     11章 腎に作用する薬
     12章 血液・造血器系に作用する薬
     13章 代謝系に作用する薬
     14章 抗炎症・アレルギーと薬
     15章 抗菌薬
     16章 抗真菌薬
     17章 抗ウイルス薬
     18章 抗原虫・寄生虫薬
     19章 抗悪性腫瘍薬

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...