集中治療医学講座 13 気管切開 ―最新の手技と管理― 改訂第2版

出版社: 医学図書出版
著者:
発行日: 2011-06-10
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784871513852
電子書籍版: 2011-06-10 (改訂第2版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

4,104 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,462 円(税込)

商品紹介

気管切開法の歴史・逸話、局所解剖から、定型的な標準的外科的気管切開法、経皮的気管切開法までを詳述し、その適応と禁忌にも言及。各手法のポイントとなるコツも付記する。気管切開患者管理の項目等を追加した改訂第2版。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 推薦のことば
  • 序文
  • 目次
  • I. 気管切開の歴史
  • 1. 外科的気管切開 ( tracheostomy )
  • 2. 経皮的気管穿刺法 ( percutaneous tracheostomy )
  • 3. 輪状甲状間膜切開 ( cricothyrotomy )
  • 4. 輪状甲状間膜穿刺 ( cricotomy )
  • II. 気管切開の解剖
  • 1. 頸部の発生
  • 2. 頸部の解剖
  • 3. 気管切開の際に注意すべき臨床解剖
  • III. 気管切開の適応と実施時期
  • 1. 適応
  • 2. 禁忌
  • 3. 実施時期
  • IV. 気管切開の禁忌
  • 1. 緊急気道確保, 気管挿管不能
  • 2. 小児
  • 3. 穿刺部の感染
  • 4. 甲状腺肥大, 腫瘍, 解剖学的ランドマークが確認できない
  • 5. 出血傾向
  • 6. 局所の手術歴
  • 7. 高いPEEP ( PEEP≧20cmH2O )
  • 8. 頸部不安定・頸部伸展困難
  • V. 気管切開の利点と欠点 - 経喉頭気管挿管との比較 -
  • 1. 利点
  • 2. 経口摂取
  • 3. 気管切開の欠点
  • VI. 気管切開チューブとその選択
  • 1. 気管切開チューブの形状と材質
  • 2. 気管切開チューブの種類
  • 3. 用途・形状別にみた製品の種類
  • VII. 気管切開の方法
  • 1. 定型的気管切開法
  • A. 外科的気管切開術
  • 私のコツ
  • B. 麻酔と術中管理
  • 2. 経皮的気管切開法
  • A. 総論
  • B. 経皮的気管切開法の基本手技と合併症
  • 1) Ciaglia法
  • 私のコツ : Blue Rhino ( COOK )
  • 私のコツ : Neoperc ( Tyco )
  • 私のコツ : Ultraperc ( Smith Medical )
  • 2) Griggs法による経皮的気管切開
  • 私のコツ : Forceps - based techniques
  • 参考) Fantoni法 : 経喉頭気管切開法 ( translaryngeal tracheostomy : TLT )
  • VIII. 気道緊急に対する気管確保法
  • 1. 超緊急気管切開
  • 2. 緊急輪状甲状間膜穿刺および切開
  • 3. 緊急輪状間膜切開キットによる方法
  • IX. 気管切開患者の管理
  • 1. 気管切開中の一般的管理
  • 2. 人工呼吸中の患者での管理
  • 3. 人工呼吸を必要としない患者での管理
  • 私のコツ : 意識障害患者での管理のコツ
  • X. 気管切開チューブ抜管後の管理
  • 1. 気管切開孔の管理
  • 2. 誤嚥
  • XI. 在宅気管切開の管理
  • 1. 前提条件
  • 2. 準備とチェックポイント
  • 3. 患者・介護者の教育
  • 4. 気切チューブ
  • 5. 加温・加湿
  • 6. 誤嚥と誤嚥性肺炎
  • 7. カフ圧管理
  • 8. 気管内吸引と口腔ケア
  • XII. 小児の気管切開
  • 1. 基本手技と適応
  • 2. 気管切開患児の管理と合併症
  • XIII. 気管切開に関わる事故防止対策
  • 1. 電気メスによる気管チューブ燃焼事故の予防と発生時の対応
  • 2. 医療訴訟から見た事故対策
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 気管切開の歴史

P.6 掲載の参考文献
1) Paw HGW, Bodenham AR : History of Tracheostomy. In Percutaneous Tracheostomy : A Practical Handbook. Greenwich Medical Media Ltd, UK, 2004, pp1-9
3) Pahor AL : Ear, nose and throat in Ancient Egypt. J Laryngol Otol 106 : 773-779, 1992
9) 吉矢生人, 森隆比呂 (訳) : 生理学の夜明け. 真興交易医書出版部, 1989, pp276-283
10) 1938年にNegus
12) Melick C, Rosen P : Cricothyrotomy and Tracheotomy. In The Airway : Emergency Management (ed. Dalley RH, et al) Mosby Year Book, 1992, pp177-191
13) Hulsey S : Cricotomes. In The Airway : Emergency Management (ed. Dalley RH, et al) Mosby Year Book, 1992, pp193-198

II. 気管切開の解剖

P.15 掲載の参考文献
1) 村上泰, 他 : 21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床16 気管・食道・頸部, 中山書店, 2001, p233-239
2) 佐藤達夫, 他 : 日本人のからだ-解剖学的変異の考察-脈管系1動脈系. 東京大学出版会, 2000, p218-219
3) 内野哲哉, 他 : 気管切開の適応と方法. 人工呼吸 26 (2) : 50-61, 2009
4) 木村昭夫 : 気管切開. 救急医学 24 : 1134-1139, 2000
5) 堀口正治, 他 : 気管切開の際に留意すべき腕頭動脈と総頸動脈の走行. 臨床解剖研究会記録 2 : 14-15, 2002
6) 篠崎泰久, 他 : 腕頭動脈の走行異常を伴った口腔癌の一例. 歯科放射線 50 (1) : 8-9, 2010

III. 気管切開の適応と実施時期

P.23 掲載の参考文献
13) Durbin CG, Perkins MP, Moores LK : Should tracheostomy be performed as early as 72 hours in patients requiring prolonged mechanical ventilation? Respir Care 55 : 76-83, 2010

IV. 気管切開の禁忌

P.28 掲載の参考文献
1) 福家伸男, 高田真二 : ICUマニュアル第3版. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2003
3) パーキュティニアス・トラキオストミー・キット添付文書. 2009年7月30日 (第2版), スミスメディカル・ジャパン株式会社
4) ネオパーク添付文書. 2010年1月1日改訂 (第9版), コヴィディエンジャパン株式会社
5) Ambesh SP, et al : Laryngeal mask airway vs endotracheal tube to facilitate bedside percutaneous tracheostomy in critically ill patients : a prospective comparative study. J postgrad Med 48 (1) : 11-15, 2002
8) Practice guidelines for management of the difficult airway : an updated report by the American Society of Anesthesiologists Task Force on Management of the Difficult Airway. Anesthesiology 98 (5) : 1269-1277, 2003
12) Suzuki H, Aoyagi M : Percutaneous tracheostomy for the management of the patient with a difficult airway. Masui 57 (2) : 147-151, 2008
20) Aoyagi M, Suzuki H : Percutaneous tracheostomy to the patient with coagulopathy. Masui 54 (2) : 153-155, 2005

V. 気管切開の利点と欠点 - 経喉頭気管挿管との比較 -

P.34 掲載の参考文献
2) Pierson DJ : Tracheostomy and weaning. Respir Care 50 : 526-533, 2005
3) Engels PT, Bagshaw SM, Meier M, et al : Tracheostomy : from insertion to decannulation. Can J Surg 52 : 427-433, 2009
6) Rodgers ML, Nickalls RW, Brackenburry ET, et al : Airway fire during tracheostomy : prevention strategies for surgeon and anaesthetist. Ann R Coll Surg Engl 82 : 376-380, 2001

VII. 気管切開の方法

P.58 掲載の参考文献
1) 村上泰 : 気管切開術図説標準外科手術 (総論・一般外科). 1987, 28-29
3) 小林薫 : 外科局所解剖. 内分泌外科標準手術アトラス改訂版. 2003, p34-41
4) 松田直之 : 気管切開. 麻酔科診療プラクティス11巻気道確保のすべて. 2003, p126-133
5) 北野博也 : 総説気管切開術. 日本気管食道科学会会報 58 (5) : 433-439, 2007
6) 工藤典代 : 小児における気管切開. 日本気管食道科学会会報 58 (5) : 440-447, 2007
7) 十倉正朗 : 気管切開術の工夫 (時間を短く侵襲を少なくする工夫). 手術 61 (11) : 1641-1645, 2007
8) 太田凡 : 気管切開法とその後の管理. Medicina 45 (13) : 180-185, 2008
9) 富岡利文 : 気管切開孔の経過追跡. 耳鼻臨床 101 (11) : 871-876, 2008
10) 加藤央 : 当科における気管切開術と気管開窓術の比較. 日本気管食道科学会会報 60 (6) : 470-475, 2009
11) 内野哲哉 : 気管切開の適応と方法. 人工呼吸 26 (2) : 50-61, 2009
P.61 掲載の参考文献
1) 川嶋隆久 : 気管切開, 救急医 30 : 1161-1166, 2006
2) 八木橋厳 : 気管切開, 外科 70 (12) : 1429-1433, 2008
P.67 掲載の参考文献
1) Donion JV Jr, Feldman M : Anesthesia and eye, Ear, Nose, and Throat Surgery. In Miller RD (ed) : Miller's Anesthesia, ed 6, Elsevier, Philadelphia, 2005, p2546-2547
3) 今川憲太郎, 伊藤雅行, 辰巳真一, 他 : 気管切開時に気管チューブに引火した一症例. 日本臨床麻酔学会誌 27 : S201, 2007
4) 吉澤佐也, 湯本正人, 棚橋順治, 他 : 口腔内手術中に電気メスによって燃焼事故を起こした症例. 日本臨床麻酔学会誌 27 : 77-79, 2007
5) Bradley D, Karen I, Nataria L, et al : A Meta-analysis of Prospective Trials Comparing Percutaneous and Surgical Traceostomy in Critically Ill Patients. Chest 118 : 1412-1418, 2000
6) Anthony D, Sean M, Marek N : Percutaneous dilatational tracheostomy versus surgical tracheostomy in critically ill patients : a systematic review and meta-analysis. Crit Care 10 : R55, 2006
7) 松木悠佳, 田畑麻里, 清水久美, 他 : 気管軟化症の気管切開術施行中に気胸になった一例. 日本小児麻酔学会誌 13 : 95, 2007
8) 松浦康荘, 中西拓郎, 永川保, 他 : 経皮的気管切開術後に著明な全身皮下気腫を発症した1症例. 麻酔 57 : 474-478, 2008
9) Ali A ES, Wafaa J : A comparative study of the complications of surgical tracheostomy in morbidly obese critically ill patients. Crit Care 11 : R3, 2007
10) Snow N, Richardson JD, Flint LM : Management of necrotizing tracheostomy infections. J Thorac Cardiothorac Surg 82 : 341, 1981
11) Grillo HC : Surgery of the trachea and bronchi, Hamilton, London, 2004, p301-340
12) Paul DL, Lieven B, Marion D, et al : Tracheotomy : clinical review and guidelines. Eur J Cardiothorac Surg 32 : 412-421, 2007
13) Grillo HC : Surgery of the trachea and bronchi, Hamilton, London, 2004, p341-362
P.72 掲載の参考文献
2) Toye FJ, Weinstein JD : A percutaneous tracheostomy device. Surgery 65 : 384-389, 1969
3) Cialia P, Firsching R, Syniec C : Elective percutaneous dilatational tracheostomy. A new simple bedside procedure ; preliminary report. Chest 87 : 715-719, 1985
7) Paw HG, Bodenham AR : Percutaneous Tracheostomy A Practical Handbook. Greenwich Medical Media Ltd, UK, 2004
8) Griggs WM, Worthley LI, Gilligan JE, et al : A simple percutaneous tracheostomy technique. Surg Gynecol Obstet 170 : 543-545, 1990
P.82 掲載の参考文献
1) Peris A, Linden M, Pellegrini G, et a1 : Percutaneous dilatational tracheostomy : aself-drive control technique with fiberoptic bronchoscopy reduces perioperative complications. Minerva Anesthesiol 75 : 21-25, 2009
3) 青柳光生, 鈴木洋人 : 凝固異常症例に対する経皮的気管切開術. 麻酔 54 : 153-155, 2005
4) 佐藤達夫, 坂本裕和 : 頭頸外科に必要な局所解剖 (II), 甲状腺 (1). 耳喉頭頸 65 : 66-74, 1994
6) Trottiel SJ, Hazard PB, Sakabu SA, et al : Posterior tracheal wall pperforaation during Percutaneous dilatation tracheostomy : An investigation into its mechanism and prevention. Chest 115 : 1383-1389, 1999
P.86 掲載の参考文献
2) 伊藤浩司, 矢作直樹, 野口隆之 : Ciaglia法 : COOKブルーライノ経皮的気管切開チューブ用ダイレータセット. Lisa 11 : 876-879, 2004
P.92 掲載の参考文献
1) Mori M, Kira S, Noguchi T : Tracheal tube position during percutaneous tracheostomy. Anaesth Intensive Care 36 : 911, 2008
2) 森正和, 野口隆之 : 経皮的気管切開と輪状甲状膜切開 : その手技と問題点. 日集中医誌 14 : 289-297, 2007
P.97 掲載の参考文献
P.105 掲載の参考文献
P.112 掲載の参考文献
1) Fantoni A : Translaryngeal tracheostomy. In Gullo A (ed) APICE Trieste, 1993, p459-465
2) Fantoni A, Ripamonti D : A breakthrough in tracheostomy technique : translaryngeal tracheostomy. In Roussos C (ed) Proceeding of 8th Eropean congress of Intensive care medicine. Athens, p1031-1034

VIII. 気道緊急に対する気管確保法

P.117 掲載の参考文献
1) 鈴木昭広 : ブラード型喉頭鏡の上手な使い方. 日本臨床麻酔学会雑誌 26 (6) : S159, 2006
2) 野村岳志 : 輪状甲状膜穿刺・切開と経気管ジェット換気. Anesthesia 21 Century 9 (3) : 1751, 2007
P.121 掲載の参考文献
1) Brofeldet BT, Panacek EA, Richards JR : An easy cricothyrotomy approach : The rapid four-step technique. Acad Emerg Med 3 : 1060-1063, 1996
2) Vissers RJ, Bair AE : Surgical airway techniques. In : Walls RM, Murphy MF, Luten RC. Manual of emergency airway management, Third Edition, Lippincott Williams&Wilkins ; Philadelphia, 2008, p192-220
3) Chong CF, Wang TL, Chang H : Percutaneous transtracheal ventilator without a jet ventilator. Am J Emerg Med 21 : 507-508, 2006
P.127 掲載の参考文献

IX. 気管切開患者の管理

P.132 掲載の参考文献

X. 気管切開チューブ抜管後の管理

P.142 掲載の参考文献
1) 吉田誉, 江川善康, 川人智久 : 気管切開術後の気管腕頭動脈痩の2救命例 : 予防, 止血, 術式についての検討. 日本心臓血管外科学会雑誌 36 (5) : 265-268, 2007
2) Buoza E, Perez MJ, Munoz P, et al : Continuous aspiration of subglottic secretions in the prevention of ventilator-associated pneumonia in the postoperative period of major heart surgery. Chest 134 (5) : 938-946, 2008

XI. 在宅気管切開の管理

P.148 掲載の参考文献
4) 石原英樹, 坂谷光則, 井上義一, 他 : 在宅呼吸ケアの現状と課題-平成19年度全国アンケート調査報告-. 労働科学研究費補助金難治性疾患克服事業呼吸不全に関する調査研究班平成19年度研究報告書 : 60-62, 2007
5) 坪井知正, 大井元晴, 陳和夫, 他 : 鼻マスク陽圧換気法を長期人工呼吸療法として導入した慢性呼吸不全41症例の検討. 日胸疾会誌 34 : 959-967, 1996
6) 石原英樹, 木村謙太郎 : 当院における在宅人工呼吸療法の現状. 厚生省特定疾患呼吸不全調査研究班平成12年度研究報告書, 2000
7) Pierson, DJ : Controversies in home respiratorycare ; conference summary Resp Care 39 : 294, 1994

XIII. 気管切開に関わる事故防止対策

P.166 掲載の参考文献
1) 松戸市立病院事例 : 毎日新聞 2008. 10. 10 http://mainichijp/select/jiken/news/20081011ddmO41040146000c.html
2) 大阪市大病院事例 : 産経ニュース 2009. 10. 28 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091027/crmO910271937030-n1.htm
3) 日本救急医学会HP : 電気メスを用いた気管切開について. http://www.jaam.jp/html/info/info-20081024P2.htm
4) AReport by the American Society of Anesthesiologists Task Force on Operating Room Fires : Practice Advisory for the Prevention and Management of Operating Room Fires. Anesthesiology 108 : 786-801, 2008
7) 中筋正人, 辻村茂久, 中落琢哉, 他 : 気管切開術中に電気メスで気管内チューブが燃焼した1症例の検討. 麻酔 44 (10) : 1381-1383, 1995
8) 内山睦, 都木秀美, 多胡雅夫, 他 : 手術中に電気メスによって燃焼事故を起こした2症例. 日臨麻会誌 23 : S302, 2003
9) 佐藤浩三 : 集中治療室で気管切開術中に気管挿管チューブに電気メスにより引火した一例. 日本麻酔科学会第53回学術集会 2006
10) 吉澤佐也, 湯本正人, 棚橋順治, 他 : 口腔内手術中に電気メスによって燃焼事故を起こした症例. 日臨麻会誌 27 (7) : 77-79, 2007
11) 小泉健, 平石舞, 小川充, 他 : 麻酔中に気管切開孔から気管チューブ燃焼により火炎の上がった1症例. 第65回新潟麻酔懇話会/第44回新潟ショックと蘇生・集中治療研究会 2007
12) 姜卓義 伊藤健二, 安藤亜希, 他 : 高濃度吸入酸素下において電気メスの使用により気管チューブが燃焼した一例. 日臨麻会誌 28 : S250, 2008
13) 大上研二, 杉本良介, 酒井昭博, 他 : 気管切開中, 電気メスにより気管チューブに引火した一症例. 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方会 第148回耳鼻咽喉科, 頭頸部外科学術講演会 2009
14) Rogers ML, Nickalls RWD, Brackenbury ET, et al : Airway fire during tracheostomy : prevention strategies for surgeons and anaesthetists. Ann R Coll Surg Engl 83 : 376-380, 2001
16) 土田真奈美, 佐久間一弘, 丸山正則, 他 : アデノイド, 扁桃摘出の麻酔管理中, 口腔内に火炎を生じた1症例. 麻酔 46 : 959-961, 1997
P.170 掲載の参考文献
1) 木内淳子, 阪上学, 安部剛志, 他 : 救急医療と医療訴訟. 蘇生 23 : 8-13, 2004
2) 牧野裕美, 木内淳子, 松村陽子, 他 : 判例にみる術後呼吸管理における事故の状況. 日臨麻会誌 28 : 986-991, 2008
3) 判例タイムズ 1242 : 245-253, 2007. 8. 15
4) 判例タイムズ 1243 : 224-234, 2007. 9. 1
5) 阿部龍一, 井上聡己 : DAMとアルゴリズム. 臨床麻酔レジデントマニュアル. 医学書院, 2008, p58-60
6) 阿部龍一, 井上聡己 : ラリンジアルマスク. 臨床麻酔レジデントマニュアル. 医学書院, 2008, p64-66

最近チェックした商品履歴

Loading...