救急・ERノート 3 症例から学ぶERの輸液

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2011-11-01
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784758113434
シリーズ: 救急・ERノート
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,060 円(税込)

商品紹介

刻々と変化する病態に合わせた輸液療法のポイントを,臨場感溢れるケーススタディーを交えて解説。いつ,何を,どのくらいの速度で行うべきかがわかる救急医のための実践書!経験豊富な執筆陣によるTIPSも満載!

目次

  • 救急・ERノート 3 症例から学ぶERの輸液

    ―目次―

    総論 いまさら聞けない輸液のキホン
     1 いまさら聞けない輸液療法の基礎知識 
     2 初期研修医のための基礎知識(1)〜水バランス・Na・Kの調節 
     3 初期研修医のための基礎知識(2)〜酸塩基平衡と血液ガスの解釈 
     4 後期研修医のための“Tips”水と電解質

    第1章 ケースから学ぶ主要症候への輸液と治療
     1 ショック 
     2 意識障害 
     3 呼吸不全 
     4 高体温 真夏に来院した,寒さを訴える高体温の高齢者 
     5 致死的胸痛疾患 特に急性冠症候群と急性大動脈解離について
     6 腹痛・下痢・嘔吐 
     7 外 傷 
     8 アナフィラキシー 
     9 めまい

    第2章 主要疾患の輸液管理の実際
     1 脱水症,低栄養状態に対する輸液 
     2 急性心不全・心原性ショック 
     3 高血糖と低血糖 
     4 脳血管障害 
     5 腎不全(急性&慢性) 
     6 重症感染症(→重症敗血症→敗血症性ショック)の輸液療法 
     7 熱傷の輸液療法 
     8 心肺停止蘇生後脳症(脳低温療法)

    第3章 【Advanced】小児・高齢者への輸液
     1 小児の輸液の実際と注意点 
     2 高齢者の輸液の実際と注意点

    第4章 【Expertise】周術期の栄養・輸液管理
     1 重症疾患の栄養療法 
     2 周術期(外科)
     3 術中輸液

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...