インフォームドコンセントのための図説シリーズ 抗悪性腫瘍薬 肺がん 改訂版

出版社: 医薬ジャーナル社
著者:
発行日: 2011-11-20
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784753225248
シリーズ: インフォームドコンセントのための図説シリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,280 円(税込)

商品紹介

肺がん薬物療法の基礎知識と治療方針を、組織分類・病期別に解説。抗がん薬・分子標的治療薬の効果と副作用、治療の流れ、薬剤投与スケジュールは、見やすい図解方式で! 初版より3年。最近の主な臨床試験結果と新たなエビデンスを盛り込み刷新。 患者への病状・治療の説明に最適。同シリーズ「肺がん 改訂4版」とセットで活用したい1冊!

目次

  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ 
    抗悪性腫瘍薬 肺がん 改訂版

    ―目次―

    I.肺がん治療で使用する薬剤
     1.殺細胞性抗悪性腫瘍薬(抗がん薬)
     2.分子標的治療薬

    II.非小細胞肺がん
     1.非小細胞肺がんの病期分類と治療選択
     2.進行肺がんの化学療法
        (ファーストライン化学療法)
     3.局所進行肺がんの化学放射線療法
     4.術前・術後の化学療法
     5.高齢者非小細胞肺がんの化学療法
     6.セカンドライン、サードライン化学療法の定義
     7.維持化学療法
     8.beyond PDとは  

    III.小細胞肺がん
     1.小細胞肺がんの病期分類と治療選択
     2.進展型小細胞肺がんの標準的治療
        (ファーストライン)
     3.限局型小細胞肺がんの標準的治療
     4.術前・術後の化学療法
     5.予防的全脳照射
     6.高齢者や高リスク小細胞肺がんの化学療法
     7.再発小細胞肺がんの治療戦略

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...