サーキュレーション・アップ・トゥ・デート 7/1 2012年

出版社: メディカ出版
発行日: 2012-02-10
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18813585
雑誌名:
特集: ナトリウム利尿ペプチドとレプチン―基礎研究を臨床へ―
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

3,024 円(税込)

目次

  • サーキュレーション・アップ・トゥ・デート 7/1 2012年

    ―目次―

    特集 ナトリウム利尿ペプチドとレプチン―基礎研究を臨床へ―

    ■Current Review
    ●Ischemic Cardiac Disease
    ・総合的管理による二次予防のエビデンス
    ●Arrhythmia
    ・抗不整脈薬に未来はあるか? 新しい抗心房細動薬の開発
    ●Heart Failure
    ・心不全におけるβ遮断薬の必要量に関する議論
    ●Imaging&Therapy
    ・心エコーと拡張機能
    ●Art&Technique 【NEW!−これまでにない動画連動企画!】
    ・不整脈デバイス手術の基本手技(ペースメーカ・ICD)

    ■連載
    ●World Report
    ・ミラノ・ニューヨークに留学して
    ●Device & Drug
    ・バソプレシンV2 受容体拮抗薬開発の経緯
    ●Cardiologist
    ・プラダを着た悪魔
      〜日本のよさをキープしながら発展するためには?〜
    ●International Meeting Report
    ・21st European Meeting on Hypertension and
     Cardiovascular Prevention in Milan
    ●診断のテクニックが必ずアップする心エコー講座
    ・心筋疾患の診断
    ・心電図リテラシーQ&A RR 間隔が一定ではない不整脈には
      どのようなものがありますか?
    ・先輩エキスパートがコツを伝授 処方のポイント 発作性
     (持続性)心房細動,Brugada 症候群に対する塩酸ベプリジル錠
    ・研修医・レジデント日記 初めての成人先天性心疾患
    ●一流術者のココが知りたい
    心血管インターベンションのコツとピットフォール
    ・FFRを日常のPCIに活かす
    ・My Challenge 循環器内科 地域医療とともに,一歩ずつ前へ
    ・CIRCULATION GRAPHICUS 循環器専門医に必要な解剖学
     カテーテル治療のための解剖図・その5

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...