がん治療レクチャー 3/1 2012年 がん薬物療法のマネジメント

出版社: 総合医学社
発行日: 2012-02-08
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 21855684
雑誌名:
特集: がん薬物療法のマネジメント
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,160 円(税込)

目次

  • がん治療レクチャー 3/1 2012年 がん薬物療法のマネジメント

    ―目次―

    特集 がん薬物療法のマネジメント

    I. 院内化学療法のマネジメント
     Q1. がん薬物療法のマネジメントはなぜ必要か
     Q2. 都道府県がん診療連携拠点病院の指定要件にみる
        標準的ながん薬物療法(化学療法)の意義
     Q3. がん診療連携拠点病院における腫瘍センターの役割
     Q4. レジメン審査委員会と治療の標準化
     Q5. 外来化学療法室の役割と組織運営
     ほか

    II. 副作用のマネジメント(副作用と支持療法)
     Q13. 副作用のアセスメント
     Q14. 発熱性好中球減少症とG-CSFの適応
     Q15. 感染症対策
     Q16. 血小板減少症と血小板輸血
     Q17. 貧血と輸血
     Q18. 悪心・嘔吐・食欲不振
     ほか

    III. ガイドラインとクリニカルパス
     Q33. 支持療法のガイドライン(内外のガイドライン紹介)
     Q34. がん化学療法とクリニカルパス

    IV.患者教育と患者相談
     Q35. がん薬物療法に関する患者教育
     Q36. がん患者相談窓口からみた化学療法マネジメントの課題

    V. がん薬物療法マネジメントにおける専門医療者の役割
     Q37. がん薬物療法専門医の役割
     Q38. がん専門薬剤師の役割
     Q39. がん化学療法看護認定看護師の役割

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...