目の不自由な人の“こころのケア”

出版社: 考古堂書店
著者:
発行日: 2012-03-02
分野: 医療技術  >  リハビリ技術
ISBN: 9784874997833
電子書籍版: 2012-03-02
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,980 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,980 円(税込)

商品紹介

目の不自由な人には、白杖歩行や点字の技術を身につける前に、こころのケアが必要です。自殺の予防、援助する側が気をつけること、ストレスの解消法などを解説するとともに、視覚障害リハビリテーションについて紹介します。

目次

  • 表紙
  • 目次
  • はじめに
  • 序章 視覚障害リハビリテーション外来開設までの経緯
  • 第1章 視覚障害者と自殺
  • 第2章 死ぬほどつらくても
  • 第3章 自殺の予防
  • 第4章 人生の半ばで視覚を失った人のこころの軌跡
  • 第5章 視覚障害の発症時期や原因疾患で異なるこころのケア
  • 第6章 白杖、障害者手帳、点字のなかで、障害者であることを最も意識するもの
  • 第7章 すいみん障害
  • 第8章 うつ病、うつ状態
  • 第9章 その他のこころに関連した病期―不安障害、パニック障害、過換気症候群―
  • 第10章 援助する側が気をつけること
  • 第11章 傾聴、共感、受容
  • 第12章 障害者の能力・意欲を引き出す―「やってやる」から「見守る」に―
  • 第13章 医療関係者に望まれること
  • 第14章 障害者を抱えた家族の方へ
  • 第15章 ストレスの解消法
  • 第16章 視覚障害リハビリテーション
  • 第17章 入院中や外来で試みてほしいこと
  • 第18章 私たちの行っている"視覚障害リハビリテーション"―リハビリテーション外来とパソコン教室を軸にして―
  • 終章 希望
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

はじめに

P.7 掲載の参考文献
1) 曽野綾子: 『贈られた眼の記録』 朝日出版社, 東京, 1982.
2) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「中途視覚障害者のリハビリテーション」 (第6報)視覚障害者の心理・社会的問題, とくに白杖, 点字, 障害者手帳, 自殺意識について. 眼紀 52: 24-29, 2001.

序章 視覚障害リハビリテーション外来開設までの経緯

P.11 掲載の参考文献
1) 城山三郎: 『わしの眼は十年先が見える大原孫三郎の生涯』 飛鳥新社, 1994.
2) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「糖尿病網膜症による失明患者の医療機関への要望とリハビリテーション外来」 眼紀 46: 950-953, 1995.

第1章 視覚障害者と自殺

P.17 掲載の参考文献
1) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「糖尿病網膜症による失明患者の医療機関への要望とリハビリテーション外来」 眼紀 46: 950-953, 1995.
2) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「中途視覚障害者のリハビリテーション」 第6報-視覚障害者の心理・社会的問題, とくに白杖, 点字, 障害者手帳, 自殺意識について. 眼紀 52: 24-29, 2001.
3) 赤松恒彦, 中島章, ほか: 「眼科リハビリテーションクリニック10年間の経験より」 臨床眼科 29(2): 177-186, 1975.

第2章 死ぬほどつらくても

P.19 掲載の参考文献
1) トーマス・J・キャロル(松本征二監訳, 樋口正純訳): 『失明』 日本盲人福祉委員会, 1977.

第4章 人生の半ばで視覚を失った人のこころの軌跡

P.25 掲載の参考文献
1) キュブラー・ロス(川口正吉訳): 『死の瞬間』 読売新聞社, 1971.

第5章 視覚障害の発症時期や原因疾患で異なるこころのケア

P.31 掲載の参考文献
1) 簗島謙次: 「ロービジョンクリニック」 コンパクト眼科18, ロービジョンケア, 47-64, 金原出版, 東京, 2004.
2) 高橋 広: 「ロービジョンとは」 樋田哲夫編, 眼科プラクテス14 ロービジョンケアガイド, 6-10, 文光堂, 東京, 2007.
3) 守本典子, ほか: 「ロービジョンの定義確立に向けての提言」 眼紀 51: 1115-1120, 2000.
4) 高橋 広: 『視覚障害者とQOL』 高橋広編, ロービジョンケアの実際-視覚障害者のQOL向上のために(第2版), 9-33, 医学書院, 東京, 2006.

第6章 白杖、障害者手帳、点字のなかで、障害者であることを最も意識するもの

P.34 掲載の参考文献
1) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「中途視覚障害者のリハビリテーション」 (第6報) 視覚障害者の心理・社会的問題, とくに白杖, 点字, 障害者手帳, 自殺意識について. 眼紀 52: 24-29, 2001.

第7章 すいみん障害

P.44 掲載の参考文献
2) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「中途視覚障害者のリハビリテーション」 (第9報) 視覚障害者にみられる睡眠障害とうつ病の頻度, 特徴. 眼紀 55: 192-196, 2004.

第8章 うつ病、うつ状態

P.53 掲載の参考文献
1) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「中途視覚障害者のリハビリテーション」 (第9報) 視覚障害者にみられる睡眠障害とうつ病の頻度, 特徴. 眼紀 55: 192-196, 2004.

第12章 障害者の能力・意欲を引き出す―「やってやる」から「見守る」に―

P.64 掲載の参考文献
1) 渡邊一雄: 『体験的フィランスロピー』 創流出版, 東京, 1994.

第13章 医療関係者に望まれること

P.69 掲載の参考文献
1) トーマス・J・キャロル(松本征二監訳, 樋口正純訳): 『新しい生活を得させるための失明者に対する援助』 失明. 65-70, 日本盲人福祉委員会, 1977.
2) 佐渡一成: 『病歴の重要性』 新井三樹 編, ロービジョンケア・ハンドブック 残存視覚の有効利用と患者のケア, 16-18, メジカルビュー社, 東京, 2000.
3) 若倉雅登: 『失明の告知』 河野友信・若倉雅登編, 中途視覚障害者のストレスと心理臨床, 71-74, 銀海舎, 東京, 2003.

第14章 障害者を抱えた家族の方へ

P.75 掲載の参考文献
1) 米国糖尿病学会(中尾一和, 石井 均監訳): ヘルスケアプロバイダーの燃えつきに対する理解と対応. 『糖尿病診療のための臨床心理ガイド』 193-203, メディカルビュー社, 東京, 1997.

第15章 ストレスの解消法

P.80 掲載の参考文献
1) 松尾 通: 『女の運は「笑顔」でひらける』 主婦と生活社, 東京, 1992.
2) 斎藤茂太: 『人生を変えた感謝の名言』 日本文芸社, 東京, 2006.
3) 外村民彦: 『静坐六十余年-柳田誠二郎氏』 願いを生きる行動する「こころ」の人々, 26-30, 地湧社, 東京, 1984.
4) 村木 弘昌: 『健心・健体・呼吸法』 祥伝社, 東京, 1987.
5) 昇 幹夫: 『笑いは心と脳の処方箋』 リヨン社, 東京, 2006.

第16章 視覚障害リハビリテーション

P.83 掲載の参考文献
1) トーマス・J・キャロル(松本征二監訳, 樋口正純訳): 『失明』 日本盲人福祉委員会, 1977.
2) 上田敏: 『リハビリテーションの思想-人間復権の思想を求めて』 医学書院, 東京, 1987.
3) 山田幸男: 『視覚障害者とリハビリテーション』 山田幸男・小野賢治編, 視覚障害者のリハビリテーション-とくに中途障害者の日常生活のために, 29-42, 日本メディカルセンター, 東京, 1989.

第17章 入院中や外来で試みてほしいこと

P.89 掲載の参考文献
1) 工藤良子, 荒川和子: 『看護・介護で必要な援助とくふう』 高橋広編, ロービジョンケアの実際-視覚障害者のQOLのために(第2版), 285-305, 医学書院, 東京, 2006.
2) 山田幸男: 歩行訓練. 山田幸男・小野賢治編, 『視覚障害者のリハビリテーション-とくに中途障害者の日常生活のために』 43-64, 日本メディカルセンター, 東京, 1989.

第18章 私たちの行っている"視覚障害リハビリテーション"―リハビリテーション外来とパソコン教室を軸にして―

P.100 掲載の参考文献
1) 山田幸男, 大石正夫, ほか: 「糖尿病網膜症による失明患者の医療機関への要望とリハビリテーション外来」 眼紀 46: 950-953, 1995.
2) 山田幸男, 大石正夫, 霜鳥弘道: 手や腕を使った屋内の一人歩き-防御の姿勢, 伝い歩き, 方向の取り方. 『白杖歩行サポートハンドブック』 39-44, 読書工房, 東京, 2010.
3) 簗島謙次: 「ロービジョンの定義』 新井三樹編, ロービジョンケア・ハンドブック 残存視覚の有効利用と患者のケア, 10-11, メジカルビュー社, 東京, 2000.

最近チェックした商品履歴

Loading...