心臓血管画像MOOK5 CARDIAC IMAGING

出版社: 産業開発機構
著者:
発行日: 2012-03-15
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784903940724
シリーズ: 心臓血管画像MOOK
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

5,500 円(税込)

商品紹介

大好評を得た「心臓血管画像MOOK」の第5弾登場。診断的心臓カテーテル検査に置き換わる方法として日常臨床の中に根づくようになったMDCT。時機を得た本書は、まさに医療の現場必携の1冊。

目次

  • 心臓血管画像MOOK5 CARDIAC IMAGING

    ―目次―

    ◆第1章 心臓MDCTの最前線
    ● 320列CTと64列CTとの比較
    ● 2管球CTはメリットをもたらしたか
    ● デュアルエナジーをDiscovery CT750HD(HDCT)で活かす
    ● MDCTとCAG
    ● 冠動脈を見るCTvs.IVUS
    ● MDCTとOCT
    ● 血管内視鏡と心臓CTを用いたストラテジー
    ● 血管内視鏡とOCT:血栓の検出頻度の違い
    ● MDCTをPCIに活かす
    ● PCIにおけるslow flowの予測因子とは?
    ● 造影剤の投与法を考える
    ● 心臓CT低侵襲の展望〜sub-mSvの心臓CT
    ● X線被ばく量軽減について
    ● 心臓CTにおける逐次近似再構成法
    ● 当施設における心臓CTでの乳腺被ばく低減の工夫

    ◆第2章 循環器疾患に対する複合的アプローチ
    ● 3D画像診断に生かせる他分野の理論:「形の数理」
    ● 不安定プラークのバイオマーカ:sLOX-1
    ● 早期冠動脈プラークの予測指標としての
      血清シスタチンCの有用性
    ● DESと血管内視鏡
    ● ACSと血管内視鏡
    ● 血管内視鏡とOCT
    ● 内視鏡が診断に不可欠であった症例
    ● 慢性冠動脈疾患患者のアウトカム改善に向けた
      心筋血流SPECTのエビデンスの構築
    ● 心房細動アブレーションの展望
    ● 医療情報の展望
    ● 心不全の新しい分類を臨床にどのように活用するか
    ● 拡張期心不全の問題点
    ● 造影剤腎症をどのように評価するか

    ◆第3章 心臓CTのコツとピットフォール
    ● 心臓CTの染まりとプラークのCT値
    ● 安定した画質を得るための心臓CT撮影のコツ(1)
    ● 安定した画質を得るための心臓CT撮影のコツ(2)
    ● この画像にだまされるな〜MDCTピットフォール集(1)
    ● この画像にだまされるな〜MDCTピットフォール集(2)

    ◆第4章 学会情報など
    ● 世事評論
    ● 第6回SCCT学会記
    ● SCCT研究会学会記
    ● 第110回日本シネアンジオ研究会 開催報告

最近チェックした商品履歴

Loading...