てんかんテキスト New Version

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2012-05-31
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784521734408
電子書籍版: 2012-05-31 (初版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

11,000 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

11,000 円(税込)

商品紹介

てんかんは中枢神経疾患のなかでも古くから知られる頻度の高い疾患で,理論に合致した治療が実践されている領域である。一方で症例ごとに病態の多様性があることが知られており,治療効果は診断の正しさに依存する。本書は,神経内科・精神科・脳神経外科・小児科・放射線科・神経病理・神経生理など多岐にわたる執筆陣により,この古くて新しい疾患が広く深く正しく理解できるよう解説されている。

目次

  • 表紙
  • 総編集 / 編集委員
  • シリーズ刊行にあたって
  • Contents
  • 執筆者一覧
  • 薬剤略号一覧
  • I. 総論
  • てんかんとは
  • てんかんとチャネル - 生理学的解析
  • Column 活動電位の発生機序からみたイオンチャネルと膜の興奮性
  • てんかんとチャネル - 遺伝子異常
  • てんかんの病理
  • Column FCDの病理組織学的とらえ方と用語の変遷
  • ディベート 皮質構築の異常の有無をどのように評価するか ?
  • Column FCDとTSC
  • てんかんとgap junction
  • Column gap junction ( GJ ) の構造
  • てんかんの動物での薬理
  • Column てんかん病態仮説の理解 - バランス破綻仮説とてんかん原性
  • てんかんの分類
  • II. 臨床診断のポイント
  • 病歴聴取のポイント
  • Column "That' s it" sign
  • 診断のアルゴリズム
  • Column てんかんと臨床診断したが脳波でてんかん放電がないとき
  • 脳神経外科からみたポイント
  • 小児科からみたポイント
  • Column てんかん性脳症
  • 高齢発症てんかん患者診察のポイント
  • 心因性発作の診断
  • てんかんの精神症状
  • III. 検査
  • 脳波検査
  • Column てんかん焦点など中枢神経系の機能異常をきたす疾患の病態検索法の歴史的発展
  • 硬膜下電極記録
  • Column 発作起始部のコンピュータ解析
  • 脳磁図
  • Column 電流源解析
  • PET, SPECT
  • Column 発作時SPECTで用いるトレーサ
  • MRI
  • Column 未髄鞘化の小児における撮像プロトコル
  • NIRS検査によるてんかん焦点の診断
  • 拡散テンソル画像 - tractographyを中心に
  • Column 交叉部での線維追跡の問題
  • IV. 治療
  • てんかん治療総論
  • Column 日本てんかん学会のてんかんガイドライン
  • 薬物治療
  • 成人の薬物療法 - 総論
  • Column 新規抗てんかん薬使用中に血中濃度を測定する必要があるか ?
  • 抗てんかん薬の特色と相互作用
  • 薬物動態と血中濃度モニター
  • 薬剤感受性と遺伝子多型
  • 従来の治療薬
  • ゾニサミド
  • Column ゾニサミドの化学構造
  • ディベート ゾニサミド ( ZNS ) のドパミン遊離増強は何を意味するのか ?
  • レベチラセタム
  • トピラマート
  • Column AMPA / カイニン酸型グルタミン酸受容体と神経保護作用
  • ラモトリギン
  • Column てんかん治療のガイドライン
  • 小児てんかんと治療
  • Column 小児難治性てんかんに対するケトン食療法 - "last resort" から "early option" へ
  • ディベート 脳波の治療は正当化されるか ?
  • 難治性てんかんの薬物療法
  • 重積状態の治療
  • てんかん薬物治療の終結
  • その他の治療のポイント
  • 外科治療
  • 迷走神経刺激療法
  • Column VNS脳梁離断術
  • Column VNSの作用機序
  • 磁気刺激の展望
  • Column TMSを施行する際に確認すべき点
  • てんかんと妊娠
  • てんかんと運転
  • 行政支援
  • Column 精神障害者保健福祉手帳, 障害者自立支援医療 ( 精神 ) , 障害基礎年金 ( 精神 ) の診断書記載の概要
  • Column 診断書の書き方
  • Case Study
  • CASE 1 易怒性と言葉の出にくさを主訴に来院した61歳男性
  • CASE 2 記憶障害と性格変化が約10年間持続したが, 治療により改善した53歳女性
  • CASE 3 月に数回, 数分から半日の間, 意識低下や記憶の部分的欠落を呈する52歳女性
  • CASE 4 意識消失発作と持続する左手のふるえを訴え, 多発脳病変がみられた33歳男性
  • CASE 5 フェニトイン内服中止後に連日の鼻出血と左膝関節内出血を来した65歳男性
  • CASE 6 三叉神経痛治療のため内服していたカルバマゼピン中止後に血尿と皮下出血を来した78歳女性
  • CASE 7 抗てんかん薬治療抵抗性の意識減損発作を繰り返す45歳男性
  • 付録
  • てんかんの病型分類
  • Column てんかんは紀元前7世紀には認知されていた
  • 薬物相互作用のまとめ
  • 抗てんかん薬治療アルゴリズム
  • てんかん, てんかん症候群治療に用いられる主な薬剤
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 総論

P.8 掲載の参考文献
1) Murray CJL, et al (editors). Global Comparative Assessment in the Health Sector : Disease Burden, Expenditures, and Intervention Packages. Geneva : World Health Organization ; 1994.
3) 中田瑞穂. 癲癇 2000年-てんかんに関する史的雑記. 東京 : 社団法人日本てんかん協会, ぶどう社 ; 1984, pp.30-72.
4) 酒井シヅ. てんかんの歴史. 秋元波留夫ほか (編), てんかん学. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 1984. pp.17-28.
5) Critchley M, Critchley EA. John Hughlings Jackson : Father of English Neurology. New York, Oxford : Oxford University Press ; 1998, pp.61-71.
6) Proposal for revised clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. From the Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1981 ; 22 : 489-501.
7) Proposal for classification of epilepsies and epileptic syndromes. Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1985 ; 26 : 268-278.
8) Proposal for revised classification of epilepsies and epileptic syndromes. Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1989 ; 30 : 389-399.
15) 廣瀬源二郎, 川村哲朗. てんかん包括医療に関する新たな提言. 神経研究の進歩 2005 ; 49 (5) : 729-734.
P.17 掲載の参考文献
1) Wallace RH, et al. Febrile seizures and generalized epilepsy associated with a mutation in the Na+ -channel beta 1 subunit gene SCN1B. Nat Genet 1998 ; 19 : 366-370.
3) Lossin C, et al. Epilepsy-associated dysfunction in the voltage-gated neuronal sodium channel SCN1A. J Neurosci 2003 ; 23 : 11289-11295.
6) Sugiura Y, et al. Different degrees of loss of function between GEFS+ and SMEI Nav1.1 missense mutants at the same residue induced by rescuable folding defects. Epilepsia, in press.
P.23 掲載の参考文献
15) Minassian BA, et al. Mutations in a gene encoding a novel protein tyrosine phosphatase cause progressive myoclonus epilepsy. Nat Genet 1998 ; 20 : 171-174.
P.32 掲載の参考文献
4) 亀山茂樹, 柿田明美. 連載 てんかんの画像と病理. 1. 限局性皮質形成異常. 2. 内側側頭葉てんかん. 3. DNTと腫瘍性病変. 4. 結節性硬化症. 5. 海綿状血管腫と脳動静脈奇形. 脳神経外科 2007 ; 35 : 623-630, 719-729, 833-841, 1027-1035, 1199-1206.
10) 山田光則, 高橋均. ポリグルタミン病の神経病理. 脳と神経 2003 ; 55 : 921-930.
・ 柳下章, 新井信隆. 難治性てんかんの画像と病理. 東京 : 秀潤社 ; 2007.
・ Lahl R, et al (editors). Neuropathology of focal epilepsies : An atlas. United Kingdom : John Libbey & Co Ltd ; 2003.
・ Golden JA, Harding BN (editors). Pathology and Genetics : Developmental Neuropathology. Basel : ISN Neuropath Press ; 2004.
P.40 掲載の参考文献
5) 福田孝一. もうひとつの神経細胞ネットワーク-ギャップ結合による大脳皮質GABAニューロン間の直接的コミュニケーション. 福岡医学雑誌 2006 ; 97 : 160-174.
15) 小泉修一. 細胞外ヌクレオチドを介した中枢神経系の細胞間情報連絡. 山梨医科学誌 2007 ; 22 : 27-38.
19) Bedner P, et al. Functional redundancy and compensation among members of gap junction protein families- Biochim Biophys Acta 2011 ; doi : 10.1016/j.bbamem. 2011. 10. 016
P.47 掲載の参考文献
4) Rogawski MA, Porter RJ. Antiepileptic drugs : Pharmacological mechanisms and clinical efficacy with consideration of promising developmental stage compounds. Pharmacol Rev 1990 ; 42 : 223-286.
5) MacDonald R, Rogowski M. Cellular effects of antiepileptic drugs. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. Vol.2. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2007, pp.1433-1446.
8) Meldrum B. Molecular targets for novel antiepileptic drugs. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. Vol.2. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins, 2007, pp.1457-1468.
P.53 掲載の参考文献
1) WHO. Atlas : Epilepsy Care in the World. Geneva : World Health Organization ; 2005.
2) Commission on Classification and Terminology of the ILAE. Clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. Epilepsia 1970 ; 11 : 102-113.
4) Proposal for revised clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. From the Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1981 ; 22 : 489-501.
5) Proposal for revised classification of epilepsies and epileptic syndromes. Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1989 ; 30 : 389-399.
7) 日本てんかん学会分類委員会 (清野昌一ほか). てんかん発作の臨床・脳波分類 (1981). てんかん研究 1987 ; 5 : 62.
8) 日本てんかん学会分類用語委員会 (翻訳). てんかん発作およびてんかんを体系化するための用語と概念の改訂 : ILAE分類・用語委員会報告 (2005~2009年). てんかん研究 2011 ; 28 : 515-525.
9) 日本てんかん学会分類・用語委員会 (翻訳). 国際抗てんかん連盟 : てんかん発作とてんかんの診断大要案 : 分類・用語作業部会報告. てんかん研究 2003 ; 21 : 242-251.
10) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
11) 重藤寛史. てんかんの初期診療と最近のトピックス. 福岡医誌 2011 ; 102 : 195-202.
12) 重藤寛史, 飛松省三. てんかんの分類. Clinical Neuroscience 2008 ; 26 : 29-32.
13) 木下真幸子, 池田昭夫. てんかん分類の最新の話題-脳波と症状の基軸からの発展をめざして. 医学のあゆみ 2010 ; 232 : 1021-1030.

II. 臨床診断のポイント

P.60 掲載の参考文献
1) Panayiotopoulos CP. Differential diagnosis of paroxysmal events : Epileptic and nonepileptic seizures. In : Panayiotopoulos CP. The Epilepsies : Seizures, Syndromes and Management. Oxfordshire : Bladon Medical Publishing ; 2005, pp.2-7.
2) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010, pp.1-16.
3) Wyllie E. Epileptic seizures and syndromes. In : Wyllie's Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 5th edition. Philadelphia : Wolters Kluwer, Lippincott Williams & Wilkins ; 2011, pp.134-505.
P.65 掲載の参考文献
1) Panayiotopoulos CP. Differential diagnosis of paroxysmal events : Epileptic and nonepileptic seizures. In : Panayiotopoulos CP. The Epilepsies : Seizures, Syndromes and Management. Oxfordshire : Bladon Medical Publishing ; 2005, pp.2-7.
2) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010, pp.1-16.
3) Wyllie E. Epileptic seizures and syndromes, In : Wyllie's Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 5th edition. Philadelphia : Wolters Kluwer, Lippincott Wiliams & Wilkins ; 2011, pp.134-505.
P.72 掲載の参考文献
1) 三原忠紘ほか. てんかん外科の適応に関するガイドライン . てんかん研究 2008 ; 26 : 114-118.
4) 亀山茂樹, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 日本てんかん学会ガイドライン 作成委員会報告-新皮質てんかんの外科治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 167-170.
5) VNS資格認定委員会. 迷走神経刺激療法と刺激装置植込術に関するガイドライン. てんかん研究 2010 ; 28 : 2.
7) 渡辺英寿ほか. 内側側頭葉てんかんの診断と手術適応に関するガイドライン. てんかん研究 2010 ; 27 : 412-416.
8) 開道貴信ほか. 側頭葉外てんかんにおける切除手術例の発作予後. てんかん研究 2007 ; 25 : 49-57.
・ 大槻泰介ほか (編). 難治性てんかんの外科治療. 東京 : 診断と治療社 ; 2007.
・日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編), てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
P.79 掲載の参考文献
2) 高橋幸利 (編). 小児てんかん診療マニュアル. 東京 : 診断と治療社 ; 2006, pp.2-4.
4) 鍋倉淳一. 発達期における脳機能回路の再編成. 久保田雅也 (編), ここまでわかった小児の発達. 東京 : 中山書店 ; 2010, pp.15-19.
8) 大塚頌子ほか. フローチャートでわかる小児てんかん診療ガイド. 東京 : 診断と治療社 ; 2011, pp.10-16, pp.92-196.
9) 加藤光弘. 脳形成障害・てんかんのトピックス.年齢依存性てんかん性脳症と介在ニューロン病. 脳と発達 2010 ; 42 : 333-338.
P.86 掲載の参考文献
1) Hauser WA, Banerjee PN. Incidence and prevalence. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2008, pp.45-56.
3) 池田昭夫ほか.日本てんかん学会ガイドライン作成委員会報告. 高齢者のてんかんに対する診断・治療ガイドライン . てんかん研究 2011 ; 28 : 509-514.
5) World Health Organization, with International Bureau for Epilepsy and International League Against Epilepsy. Atlas : Epilepsy Care in the World 2005. Switzerland : WHO press ; 2005.
7) Hauser WA, Hesdorffer DC. Epilepsy : Frequency, Causes and Consequences. New York : Demos Publications ; 1990, pp.1-51.
8) So EL, et al. Population-based study of seizure disorders after cerebral infarction. Neurology 1996 ; 46 : 350-355.
9) Hesdorffer DC. Risk factors. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook, 2nd edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2008, pp.57-64.
15) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
16) 池田昭夫, 柴崎浩. 痙攣. 杉本恒明ほか (編). 内科鑑別診断学, 第2版. 東京 : 朝倉書店 ; 2003, pp.87-96.
30) Leppik IE, Cloyd JC. General principles, epilepsy in the elderly. In : Levy RH, et al (editors). Antiepileptic Drugs. 5th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2002, pp.153-158.
35) Leppik IE, Birnbaum AK. Drug treatment in the elderly. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2008, pp.1269-1277.
P.96 掲載の参考文献
3) 伊藤ますみほか. 成人てんかん治療におけるpseudoseizureの特徴と診断. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 (13 指-1), てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究, 平成15年度研究報告書. pp.61-66.
4) 兼本浩祐ほか. てんかん各症候群の寛解率-国際分類による症候群分けに基づいて. 精神医学 1995 ; 37 : 615-620.
7) 兼本浩祐ほか. 心因性非てんかん性発作 (いわゆる偽発作) に関する診断・治療ガイドライン. てんかん研究 2009 ; 26 : 478-482.
8) 松浦雅人ほか. 成人てんかんの精神医学的合併症に関する診断・治療ガイドライン. てんかん研究 2006 ; 24 (2) : 74-77.
9) World Health Organization. The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical Descriptions and Diagnostic Guidelines. Geneva : WHO ; 2004/融道男ほか (訳). ICD-10 精神および行動の障害-臨床的記述と診断ガイドライン, 新訂版. 東京 : 医学書院 ; 2005.
P.100 掲載の参考文献
1) 管るみ子ほか. てんかん患者における精神症状の発現率-実態調査を通して. てんかん研究 1994 ; 12 : 142-149.
3) FDA News. FDA Alerts Health Care Providers to Risk of Suicidal Thoughts and Behavior with Antiepileptic Medications. 1/31/2008
5) Wolf P. Acute behavioral symptomatology at disappearance of epileptiform EEG abnormality : Paradoxical or "forced" normalization. In : Smith D, et al (editors). Neurobehavioral Problems in Epilepsy : Advances in Neurology Vol.55. New York : Raven Press. Ltd ; 1991, pp.127-142.
6) 吉川順. 非けいれん性発作重積の精神症状. 「てんかんの精神症状と行動」研究会 (編), てんかん-その精神症状と行動. 東京 : 新興医学出版社 ; 1993, pp.99-108.
7) 兼本浩祐. 発作後精神病-再発見と今後の課題. 「てんかんの精神症状と行動」研究会 (編), てんかん-その精神症状と行動. 東京 : 新興医学出版社 ; 1993, pp.18-27.
9) World Health Organization. The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical Descriptions and Diagnostic Guidelines. Geneva : WHO ; 2005/融道男ほか (訳). ICD-10 精神および行動の障害-臨床的記述と診断ガイドライン , 新訂版. 東京 : 医学書院 ; 2009.
10) 松浦雅人. 成人てんかんの精神医学的合併症に関する診断・治療ガイドライン. てんかん研究2006 ; 24 : 74-77.
11) 兼本浩祐. 大島智弘. てんかんに伴う精神症状・行動障害の治療. Brain and Nerve 2011 ; 63 : 371-377.
・ Eadie MJ, Tyrer JH. Anticonvulsant Therapy : Pharmacological Basis and Practice. Edinburgh, New York : Churchill Livingstone ; 1980/清野昌一ほか (訳). 抗てんかん薬の血中濃度-薬物治療の基礎と臨床. 東京 : 東京医学社 ; 1996.

III. 検査

P.115 掲載の参考文献
2) 池田昭夫. ヒトの大脳機能局在概説-機能局在研究の大航海時代. Clinical Neuroscience 2010 ; 28 (10) : 1096-1103.
5) Najm IM, et al. Mesial temporal lobe sclerosis. In : Luders HO, et al (editors). Epilepsy Surgery. 2nd edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2001, pp.95-104.
8) 松本理器, 池田昭夫. 側頭葉・後頭葉てんかんの脳波. 斉藤延人 (編), ビジュアル脳神経外科 2, 側頭葉・後頭葉. 東京 : メジカルビュー社 ; 2010, pp.86-93.
10) 松本理器, 池田昭夫. 神経内科疾患と脳波 1. てんかん発作. 臨床脳波 2004 ; 46 (7) : 442-449.
・ 柳澤信夫, 柴崎浩. 臨床神経生理学. 東京 : 医学書院 ; 2008.
・日本臨床神経生理学会認定委員会 (編). モノグラフ 臨床脳波を基礎から学ぶ人のために. 東京 :日本臨床神経生理学会 ; 2008.
・ Schomer DL, Lopes da Silvia F (editors). Niedermeyer's Electroencephalography : Basic Principles, Clinical Applications, and Related Fields. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2011.
P.123 掲載の参考文献
1) Spencer SS, et al. Intracranial electrodes. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. Philadelphia : Lippincott-Raven ; 1997, pp.1719-1747.
2) Chatrian GE, Quesney LF. Intraoperative electrocorticography. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. Philadelphia : Lippincott-Raven ; 1997, pp.1749-1766.
3) 星田徹, 榊寿右. 硬膜下電極刺激による脳機能マッピング. 脳神経外科 2003 ; 31 : 811-819.
4) Luders HO, Awad I. Conceptual considerations. In : Luders HO (editor). Epilepsy Surgery. New York : Raven Press ; 1992, pp.51-62.
5) 金澤恭子ほか. てんかんに対する電気生理学的アプローチの新知見-検査と治療. Brain Nerve 2011 ; 63 : 355-364.
13) Sullivan LR, et al. Cortical dysplasia : Zones of epileptogenesis. Am J Electroneurodiagnostic Technol 2005 ; 45 : 49-60.
・ Luders HO (editor). Textbook of Epilepsy Surgery. UK : Informa Healthcare ; 2008. SECTION 6 : The Irritative Zone. pp.501-594. SECTION 7 : The Ictal Onset Zone. pp.595-708. SECTION 14 : Surgical Techniques for Placement of Intracranial Electrodes. pp.921-960.
P.133 掲載の参考文献
1) 日本臨床神経生理学会脳磁図ガイドライン 作成委員会. 臨床脳磁図検査解析指針. 臨床神経生理学 2005 ; 33 : 69-86.
4) Hamalainen MS, Ilmoniemi RJ. Interpreting magnetic fields of the brain : Minimum norm estimates. Med Biol Eng Comput 1994 ; 32 : 35-42.
5) 金子裕, 高倉公朋. MEG によるてんかんの検査. 脳と神経 1992 ; 44 : 307-321.
P.141 掲載の参考文献
7) O'Brien TJ, et al. Subtraction SPECT co-registered to MRI improves postictal SPECT localization of seizure foci. Neurology 1999 ; 52 : 137-146.
P.148 掲載の参考文献
1) 柳下章. 神経内科疾患の画像診断. 東京 : 秀潤社 ; 2011, p.526.
3) 中島康雄ほか. 諸外国における放射線科医の実態調査. JCR News 2007 ; 161 : 12-13.
4) 日本医学放射線学会ホームページ http://www.radiology.jp/modules/foryoung/index.php-id=6
5) 日本医学放射線学会. MRI設置病院における放射線科医の勤務状況に関する全国調査報告. 2003.
6) Barkovich AJ. Pediatric Neuroimaging. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2005.
・ 柳下章, 新井信隆. 難治性てんかんの画像と病理. 東京 : 秀潤社 ; 2007.
P.156 掲載の参考文献
1) 真柳佳昭. 側頭葉てんかんの手術-顕微鏡手術手技を用いた側頭葉切除術. 脳神経外科 1986 ; 14 (6) : 715-722.
4) 渡辺英寿ほか. てんかん外科における頭蓋内脳波記録-側頭葉深部電極による記憶機能の評価. 臨床脳波 2000 ; 42 : 701-704.
16) Watanabe E, Mayanagi Y. Ictal SPECT and MEG as preoperative examinations for epilepsy surgery. Koga Y, et al (editors). Brain Topography Today. Elsevier Science BV ; 1998, pp.463-470.
P.164 掲載の参考文献
3) 青木茂樹ほか. Tractography と大脳機能局在. Clinical Neuroscience 2010 ; 28 (10) : 1111-1114.
19) Taoka T, et al. Diffusion tensor imaging in cases with visual field defect after anterior temporal lobectomy. AJNR Am J Neuroradiol 2005 ; 26 (4) : 797-803.

IV. 治療

P.176 掲載の参考文献
P.186 掲載の参考文献
1) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
13) Harden CJ, et al. Management issues for women with epilepsy-Focus on pregnancy (an evidence-based review) : II. Teratogenesis and perinatal outcomes : Report of the Quality Standards Subcommittee and Therapeutics and Technology Subcommittee of the American Academy of Neurology and the American Epilepsy Society. Epilepsia 2009 ; 50 : 1237-1246.
14) Harden CJ, et al. Management issues for women with epilepsy-Focus on pregnancy (an evidence-based review) : III. Vitamin K, folic acid, blood levels, and breast-feeding : Report of the Quality Standards Subcommittee and Therapeutics and Technology Subcommittee of the American Academy of Neurology and the American Epilepsy Society. Epilepsia 2009 ; 50 : 1247-1255.
18) 粟屋豊ほか. てんかん患者のquality of life (QOL) に関する大規模調査-患者と主治医の認識の差異. てんかん研究 2008 ; 25 : 414-424.
20) 池田昭夫. 神経・運動器疾患 ; 機能性疾患. 井村裕夫ほか (編), わかりやすい内科学, 第3版. 東京 : 文光堂 ; 2008, pp.826-837.
21) 佐藤岳史ほか. その他の症候と治療 ; てんかん. 橋本信夫 (編), 脳神経外科臨床指針. 東京 : 中外医学社 ; 2002, pp.20-33.
P.196 掲載の参考文献
P.205 掲載の参考文献
1) Bourgeois BFD. Pharmacokinetics and pharmacodynamics of antiepileptic drugs. In : Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006, pp.655-664.
2) 須貝研司. 薬物動態と血中濃度モニター. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 : 42-47.
3) Levy RH, et al (editors). Antiepileptic Drugs. 5th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2002.
4) Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006.
5) Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd edition. Vol 2. Philadelphia : Wolters Kluwer / Lippincott Williams & Wilkins ; 2008.
6) 須貝研司. 抗てんかん薬. 小児内科 2010 ; 42 : 139-146.
7) Johannessen SI, Patsalos PN. Laboratory monitoring of antiepileptic drugs. In : Levy RH, et al (editors). Antiepileptic Drugs, 5th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2002, pp.103-111.
8) Foldvary-Schaefer N. Treatment of epilepsy during pregnancy. In : Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006, pp.705-718.
9) Johannessen SI, et al. Therapeutic drug monitoring. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd edition. Philadelphia : Wolters Kluwer / Lippincott Williams & Wilkins ; 2008. pp.1171-1183.
P.212 掲載の参考文献
15) 猿渡淳二. 臨床薬理学的側面からみた新薬の特徴. 兼子直 (編), てんかんの薬物療法-新たな治療薬の導入後. 東京 : 新興医学出版 ; 2010, pp.20-31.
18) 吉田秀一ほか. 遺伝情報に基づいたてんかんの個別化医療. 医学のあゆみ 2010 ; 232 : 951-955.
P.217 掲載の参考文献
3) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
5) 井上有史ほか. 成人てんかんにおける薬物治療ガイドライン. てんかん研究2005 ; 23 (3) : 249-253.
8) Oleson OV, Dam M. The metabolic conversion of primidone (Mysoline) to phenobarbitone in patients under long-term treatment. An attempt to estimate the independent effect of primidone. Acta Neurol Scand 1967 ; 43 : 348-356.
P.223 掲載の参考文献
4) Seino M, Leppik I. Zonisamide. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. Vol.2. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2007, pp. 1695-1701.
5) Macdonald R. Zonisamide, Mechanisms of action. In : Levy RH, et al (editors). Antiepileptic Drugs. 5th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2002, pp.867-872.
16) Bos M, Bauer J. [Anticonvulsant treatment with zonisamide added to topiramate. A preliminary treatment analysis in 19 patients]. Nervenarzt 2007 ; 78 : 1425-1429.
P.230 掲載の参考文献
2) 笹征史. レベチラセタム. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 : 104-106.
3) 笹征史. Levetiracetam の薬理作用-そしててんかん原性抑制への期待. 臨床精神薬理 2010 ; 13 : 1671-1683.
12) Setterborm S, et al. N145 試験 (腎機能低下者における単回/反復投与時の薬物動態). UCB社内資料, 1998.
13) Baltes E, et al. N152 (血液透析を受けている末期腎機能障害者における単回投与時の薬物動態). UCB社内資料, 1998.
15) 八木和一ほか. 成人難治部分てんかんに対するレベチラセタム併用療法の有効性と安全性-多施設共同プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験. てんかん研究 2010 ; 28 : 3-16.
16) Ben-Menachem E, et al. Evidence for sustained efficacy of levetiracetam as ad-on epilepsy therapy. Epilepsy Res 2003 ; 53 : 57-64.
P.236 掲載の参考文献
1) 八木和一. 新規抗てんかん薬トピラマート. 新薬と臨牀 2007 ; 56 : 1373-1384.
2) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
3) 岡田元宏. トピラマート. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 : 107-109.
4) 岡田元宏, 山村哲史. Topiramateの薬理作用. 臨床精神薬理 2009 ; 12 : 455-462.
7) 兼本浩祐. 海外データに基づくtopiramateの基礎と臨床. 臨床精神薬理 2007 ; 10 : 1923-1935.
8) Topamax(R) (topiramate tablets and sprinkle capsules) : US prescribing information, Titusville (NJ) : (Janssen Pharmaceuticals, Inc.) : Physicians' Desk Reference in USA. 2009 (revised July 2011).
9) 小出泰道ほか. トピラマートの有効性と安全性についての多施設共同研究. てんかん研究 2011 ; 29 : 3-13.
12) 山内俊雄. Topiramateの副作用と投与方法について. 臨床精神薬理 2009 ; 12 : 491-498.
13) Biton V, et al. Topiramate TPS-TR Study Group. Topiramate titration and tolerability. Ann Pharmacother 2001 ; 35 : 173-179.
16) 坪井貴嗣ほか. Topiramate のてんかん以外への応用. 臨床精神薬理 2009 ; 12 : 479-489.
P.241 掲載の参考文献
5) 村崎光邦ほか. Lamotrigineの成人難治てんかんにおける後期第II相臨床治験-多施設間共同研究による用量比較試験. 臨床精神薬理 2008 ; 11 : 99-115.
6) 大田原俊輔ほか. ラモトリギンの難治性てんかんに対する単盲検比較試験-ゾニサミドを対象とした小児第III相比較試験. てんかん研究 2008 ; 25 : 425-440.
7) The National Institute for Health and Clinical Excellence. The epilepsies : The diagnosis and management of the epilepsies in adults and children in primary and secondary care. NICE website. (http://www.nice.org.uk/CG020NICEguideline)
8) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
12) グラクソ・スミスクライン株式会社. ラミクタール錠添付文書. 2008.
13) 兼子直ほか. てんかん患者を対象としたラモトリギン錠の使用成績調査-中間解析結果. 新薬と臨牀 2010 ; 60 : 431-457.
・ French JA, et al. Efficacy and tolerability of the new antiepileptic drugs I : Treatment of new onset epilepsy : Report of the Therapeutics and Technology Assessment Subcommittee and Quality Standards Subcommittee of the American Academy of Neurology and the American Epilepsy Society. Neurology 2004 ; 62 : 1252-1260.
P.249 掲載の参考文献
1) 満留昭久ほか. 小児てんかんの包括的治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 244-248.
10) 伊藤正利ほか. ウエスト症候群の診断・治療ガイドライン. てんかん研究 2006 ; 24 : 68-73.
11) 平野嘉子ほか. Panayiotopoulos症候群106例の臨床・脳波学的検討.日児誌 2009 ; 113 : 522-527.
14) 小国弘量ほか. 小児てんかんの治療- Expert Consensus研究結果の日米欧比較. 脳と発達 2010 ; 42 : 262-266.
17) 伊藤進, 小国弘量. 小児難治性てんかんに対するケトン食療法-「最後の選択肢」から「早期からの選択肢」へ. Brain and Nerve 2011 ; 63 : 393-400.
・ Roger J, et al (editors). Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood and Adolescence. 4th edition. Montrouge : John Libbey Eurotext ; 2005 /井上有史 (監訳). てんかん症候群-乳幼児・小児・青年期のてんかん学. 東京 : 中山書店 ; 2007.
P.255 掲載の参考文献
2) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010, pp.49-61.
3) 三原忠紘ほか. てんかん外科の適応に関するガイドライン. てんかん研究 2008 ; 26 (1) : 114-118.
7) Sillanpaa M, Schmidt D. Predicting antiepileptic drug response in children with epilepsy. Expert Rev Neurother 2011 ; 11 (6) : 877-885 ; quiz 886.
P.262 掲載の参考文献
6) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010, pp.72-85.
8) 日浅厚則ほか. ダントロレンの有用性が示唆されたけいれん重積発作の1例. 臨床神経 2011 ; 51 : 777-780.
P.268 掲載の参考文献
1) 日吉俊雄ほか. 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会報告. 成人てんかんの薬物治療終結のガイドライン. てんかん研究 2010 ; 27 : 417-422.
2) 須貝研司ほか. 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会報告. 小児てんかんの薬物治療終結のガイドライン. てんかん研究 2010 ; 28 : 40-47.
3) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
6) Randomised study of antiepileptic drug withdrawal in patients in remission. Medical Research Council Antiepileptic Drug Withdrawal Study Group. Lancet 1991 ; 337 : 1175-1180.
8) 山谷美和ほか. てんかん治療中止における再発特徴-年齢因子の関与について. 脳と発達 2000 ; 32 : 15-20.
11) 大塚頌子. 小児てんかんにおける断薬過程に関する研究. てんかん研究 1984 ; 2 : 122-133.
18) 日本てんかん学会法的問題検討委員会. てんかんをもつ人における運転適性の判定指針 (2001年). てんかん研究 2001 ; 19 : 140-141.
P.276 掲載の参考文献
1) Luders HO, et al. General principles. In : Engel J Jr (editor). Surgical Treatment of the Epilepsies. 2nd edition. New York : Raven Press ; 1993, pp.137-153.
3) 三原忠紘, 日本てんかん学会ガイドライン 作成委員会. てんかん外科の適応に関するガイドライン. てんかん研究 2008 ; 26 : 114-118.
4) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010, pp.86-97.
5) 井上有史, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 成人てんかんにおける薬物治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 249-253.
8) 森岡隆人ほか. 側頭葉てんかんの外科治療. 神経治療 2008 ; 25 : 131-138.
9) 森岡隆人ほか. 側頭葉てんかんの病態と外科的治療. 脳の科学 2001 ; 23 : 983-991.
15) 森岡隆人ほか. 侵襲的脳波記録法. 臨床神経生理学 2007 ; 35 : 154-161.
17) 亀山茂樹,日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 新皮質てんかんの外科治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 167-170.
・ 森岡隆人ほか. 外科治療. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 (1) : 71-75.
・ 大槻泰介ほか (編). 難治性てんかんの外科治療-プラクティカルガイドブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2007.
・ 三原忠紘, 松田一己. 外科てんかん学入門-脳の働きをうかがい知る. 東京 : 社会福祉法人新樹会創造出版 ; 2008.
P.282 掲載の参考文献
1) Tellez-Zenteno JF, et al. Surgical outcomes in lesional and non-lesional epilepsy : A systematic reveiw and meta-analysis. Epilepsy Res 2010 ; 89 : 310-318.
8) A randomized controlled trial of chronic vagus nerve stimulation for treatment of medically intractable seizures. The Vagus Nerve Stimulation Study Group. Neurology 1995 ; 45 : 224-230.
11) Ben-Menachem E. Vagus-nerve stimulation for the treatment of epilepsy. Lancet Neurol 2002 ; 1 : 477-482.
・ 川合謙介. てんかんに対する迷走神経刺激療法. Brain and Nerve 2011 ; 63 : 331-346.
P.288 掲載の参考文献
12) Pascual-Leone A, et al. Safety of rapid-rate transcranial magnetic stimulation in normal volunteers. Electroencephalogr Clin Neurophysiol 1993 ; 89 : 120-130.
・ 眞野行生, 辻貞俊 (編). 磁気刺激法の基礎と応用. 東京 : 医歯薬出版 ; 2005.
・ 水澤英洋ほか (編). Neuroplasticity -脳は実は柔らかい. Clinical Neuroscience 2011 ; 29.
P.296 掲載の参考文献
2) Winterbottom JB, et al. Preconception counselling for women with epilepsy to reduce adverse pregnancy outcome. Cochrane Database Syst Rev 2008 ; 16 : CD006645.
3) 兼子直ほか. てんかんを持つ妊娠可能年齢の女性に関する治療ガイドライン. てんかん研究 2008 ; 25 : 27-31.
4) Meadora K, et al. Pregnancy outcomes in women with epilepsy : A systematic review and meta-analysis of published pregnancy registries and cohorts. Epilepsy Res 2008 ; 81 : 1-13.
8) 厚生省保健医療局地域保健・健康増進栄養課生活習慣病対策室長. 神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について. http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html
11) 兼子直, 和田一丸. てんかんと妊娠. 精神科治療学 2003 ; 18 : 123-128.
15) 兼子浩祐, 熊谷幸代. 妊娠時のてんかんの治療. 神経内科 2004 ; 61 : 40-43.
16) EURAP Study Group. Seizure control and treatment in pregnancy : Observations from the EURAP epilepsy pregnancy registry. Neurology 2006 ; 66 : 354-360.
18) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
P.301 掲載の参考文献
1) 日本てんかん学会法的問題検討委員会. 道路交通法改正にともなう運転適性の判定について. てんかん研究 2002 ; 20 : 135-138.
P.308 掲載の参考文献
1) 精神障害者保健福祉手帳の障害等級判定基準の運用に当たって留意すべき事項について. 健医精発第46号, 平成7年9月12日.
2) 自立支援医療 (精神通院医療) について. http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsu/dl/03.pdf
3) 国民年金・厚生年金保険診断書 (精神の障害用) の作成医について. 庁文発第1022001号, 平成21年10月22日.
4) 国民年金・厚生年金保険障害認定基準の一部改正について. 年発1013 第1号, 平成22年10月13日. (日本てんかん学会法的問題検討委員会. 国民年金・厚生年金保険障害認定基準の改定. てんかん研究 2011 ; 28 : 530-533.)
5) 坂本洋一. 図説よくわかる障害者自立支援法. 東京 : 中央法規出版 ; 2006, p.156.
6) 寺田一郎ほか. 障害者自立支援法. 精神保健福祉白書編集委員会 (編), 精神保健福祉白書 2008年度版. 東京 : 中央法規出版 ; 2007, pp.35-53.

Case Study

P.313 掲載の参考文献
P.317 掲載の参考文献
1) 緑川晶ほか. てんかん性健忘. 高次脳機能研究 2000 ; 24 : 139-146.
2) Kapur N, et al. Can epilepsy-related phenomena unlock some of the secrets of long-term memory-In : Yamadori A, et al (editors). Frontiers of Human Memory. Sendai : Tohoku University Press ; 2002, pp.137-150.
4) Benson DF. The Geschwind syndrome. In : Smith DB, et al (editors). Neurobehavioral Problems in Epilepsy. Advances in Neurology. Vol.55. New York : Raven Press ; 1991, pp. 411-421.
6) 永山正雄. Q50 非痙攣性てんかん重積状態とは何ですか. 高次脳機能障害を呈するのですか. 河村満 (編). 高次脳機能障害Q&A. 基礎編. 東京 : 新興医学出版社 ; 2011, pp.190-192.
P.322 掲載の参考文献
9) 川合謙介. 9. MRIによる脳機能マッピング. 大槻泰介ほか (編). 難治性てんかんの外科治療-プラクティカル・ガイドブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2007, pp.145-149.
P.326 掲載の参考文献
P.329 掲載の参考文献
1) 青木正彦ほか (監修). Warfarin 適正使用情報 第3版. エーザイ株式会社, 2006.
2) 家入一郎. 薬物代謝における遺伝多型と薬物療法. CYP2C9. 医薬ジャーナル 2001 ; 37 (10) : 2902-2909.
3) 南畝晋平, 東純一. 医薬品開発におけるチトクロムP450遺伝子多型. 日薬理誌 2009 ; 134 : 212-215.
4) 堀正二ほか. 循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関するガイドライン (2009年改訂版). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_hori_d.pdf
P.331 掲載の参考文献
1) 青木正彦ほか (監修). Warfarin適正使用情報 第3版. エーザイ株式会社, 2006.
3) 矢坂正弘. 抗凝固, 抗血小板療法症例の血圧管理と出血後の対応. The 28th meeing of the Mt. Fuji workshop on CVD. 2009. pp.77-81.
5) 篠原幸人ほか, 脳卒中合同ガイドライン委員会 (編). 抗凝固・抗血小板・血栓溶解療法に伴う脳出血 (急性期). 脳卒中治療ガイドライン 2009 : 174-177.
6) 田中一郎. 血液製剤の適応と使用法-活性型プロトロンビン複合体製剤. 血栓止血誌 2010 ; 21 : 506-508.

付録

P.346 掲載の参考文献
1) Proposal for revised clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. From the Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1981 ; 22 : 489-501.
2) Proposal for revised classification of epilepsies and epileptic syndromes. Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Epilepsia 1989 ; 30 : 389-399.
4) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
5) 重藤寛史, 飛松省三. てんかんの分類. Clinical Neuroscience 2008 ; 26 : 29-32.
6) 日本てんかん学会分類委員会 (清野昌一ほか). てんかん発作の臨床・脳波分類 (1981). てんかん研究 1987 ; 5 : 62.
7) 日本てんかん学会分類・用語委員会 (翻訳). 国際抗てんかん連盟 : てんかん発作とてんかんの診断大要案 : 分類・用語作業部会報告. てんかん研究 2003 ; 21 : 242-251.
8) 兼子直 (監修). てんかんテキスト~はじめの一歩. 大日本住友製薬 HP https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/tenkan/
10) 清野昌一. てんかん発作・症候群. 国際分類その後. 大日本製薬 (株) ; 2005.
11) 依藤史郎.症候群別の治療ガイド. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 : 29-32.
12) 奥村彰久ほか. 小児のてんかん. Clinical Neuroscience 2008 ; 26 : 36-39.
13) 杉浦嘉泰, 宇川義一. チャネルとてんかん生理. Clinical Neuroscience 2008 ; 26 : 16-20.
14) 花島律子. ミオクローヌスてんかん. Clinical Neuroscience 2008 ; 26 : 40-43.
P.351 掲載の参考文献
1) Levy RH, et al (editors). Antiepileptic Drugs. 5th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2002.
2) Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006.
3) Bourgeois BFD. Pharmacokinetics and pharmacodynamics of antiepileptic drugs. In : Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006, pp.655-664.
5) 須貝研司. 抗てんかん薬. 小児内科 2010 ; 42 : 139-146.
6) Levy BH, et al. Drug-drug interactions. In : Engel J Jr, et al (editors). Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd edition. Philadelphia : Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins ; 2008. pp.1235-1248.
7) Kyllonen KC, Gupta A. Selected drug interactions between antiepileptic drugs and other type of medications. In : Wyllie E, et al (editors). The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006, pp.665-669.
8) 日本医薬品集フォーラム (監修).日本医薬品集医療薬 2011年版. 東京 : じほう ; 2010.
P.356 掲載の参考文献
2) 下竹昭寛ほか. 難治てんかんの薬物療法. Clinical Neuroscience 2011 ; 29 : 53-57.
3) 日本神経学会 (監修), 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会 (編). てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
4) 佐藤岳史ほか. その他の症候と治療-てんかん. 橋本信夫 (編). 脳神経外科臨床指針. 東京 : 中外医学社 ; 2002, pp.20-33.

最近チェックした商品履歴

Loading...