地域リハビリテーション論 Ver.5

出版社: 三輪書店
著者:
発行日: 2012-06-30
分野: 医療技術  >  リハビリ技術
ISBN: 9784895904162
電子書籍版: 2012-06-30 (Ver.5第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,640 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,640 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 序にかえて
  • 目次
  • 第I章 地域リハビリテーション活動の歴史
  • I. 第1期(個別活動期:~1983年頃まで)
  • 1. 保健師の訪問活動から始まる
  • 2. 社会的孤立への対応(閉じこもり予防)としての活動の芽生え
  • 3. ネットワーク化の動き
  • II. 第2期(全国展開期:1983年~1999年頃)
  • 1. 法制の後押し
  • 2. 諸活動
  • III. 第3期(再編期:2000年頃~現在)
  • 1. 介護保険にかかわるリハビリテーション
  • IV. 第4期(統合・完成期:~将来)
  • 第II章 地域リハビリテーションの考え方と定義
  • 1. 地域リハビリテーションの考え方
  • 2. 地域リハビリテーションの定義
  • 3. 活動指針
  • 第III章 地域リハビリテーションの諸サービス
  • I. 地域リハビリテーションとリハビリテーション医療
  • 1. 地域リハビリテーションと在宅リハビリテーション
  • 2. 地域リハビリテーションとリハビリテーション医療
  • II. 在宅リハビリテーション諸サービス
  • 1. 介護予防事業, サービス
  • 2. 通院・通所によるサービス
  • 3. 訪問サービス
  • 4. 入院・入所サービス
  • III. 地域リハビリテーション関連サービス
  • 1. 居宅介護支援事業(ケアマネジメントサービス)
  • 2. テクニカルエイドサービス(福祉用具貸与・購入費支給, 住宅改修費支給等)
  • 3. その他のサービス
  • IV. 各専門職の果たす役割
  • 1. 障害のとらえ方
  • 2. リハビリテーションの流れの中での考え方
  • 3. 地域リハビリテーションにおける各職種の役割
  • 4. 地域リハビリテーションにかかわる他の職種の役割
  • 第IV章 介護保険とリハビリテーション
  • I. 介護保険制度導入の背景
  • II. 諸外国の状況
  • III. 介護保険制度の概要
  • 1. 理念
  • 2. 介護保険の目的
  • 3. 介護保険法の基本理念
  • 4. 介護保険の仕組み
  • 5. 介護サービス利用の仕組み
  • 6. 介護サービスとサービス上限額, 自己負担率, サービス料
  • 7. 介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割
  • IV. 介護保険法改正(2005年)による制度見直しの具体的内容
  • 1. 基本的な視点
  • 2. 制度見直しの具体的内容
  • V. 「地域包括ケアシステム」の確立を目指して
  • VI. 2012年度介護保険法等の一部改正の具体的内容
  • VII. 介護保険制度の問題点と課題
  • VIII. 介護保険とリハビリテーション
  • 1. 介護予防
  • 2. リハビリテーションと介護保険制度
  • 3. 介護保険下で介護予防に働く力
  • IX. 地域リハビリテーションにおける介護保険の役割
  • 1. 介護保険サービスにおける理学療法士(PT)の役割
  • 2. 介護保険サービスにおける作業療法士(OT)の役割
  • 3. 介護保険サービスにおける言語聴覚士(ST)の役割
  • X. 介護保険とリハビリテーションにおける課題と展望
  • 1. 介護支援専門員に左右されるリハビリテーションサービス
  • 2. 自宅と施設で完結する制度
  • 3. 自立度向上を評価し, 公表するシステムと報償制度の欠如
  • 4. リハビリテーション・介護の効果を上げる質的向上の手法の開発を
  • 5. 機能訓練事業の利用制限の弊害と「地域支援事業」の結びつき
  • 6. 地域包括支援センターにおけるリハビリテーションの課題
  • XI. 障害福祉分野の「支援費」制度から「障害者自立支援法」へ
  • 第V章 地域リハビリテーションのシステム―連携とネットワークづくり
  • I. 地域リハビリテーションにおける連携
  • 1. 連携が期待される背景
  • 2. 地域における連携
  • II. 地域リハビリテーション支援体制づくり
  • 1. 地域リハビリテーションの支援体制
  • 2. 地域リハビリテーション支援体制整備推進事業とその経過
  • 3. これからの地域リハビリテーション支援体制と地域包括ケアシステム
  • III. 地域リハビリテーションシステムづくりの事例
  • 1. 私立病院の地域リハビリテーション活動
  • 2. 北九州市のネットワーク状況
  • 第VI章 事例を通してみる援助の実際
  • 〔症例1〕 90歳 女性 左大腿骨頚部骨折, クモ膜下出血
  • 〔症例2〕 82歳 女性 脳梗塞による左片麻痺
  • 〔症例3〕 61歳 男性 脳出血による両上下肢麻痺, 失語症, 構音障害
  • 〔症例4〕 61歳 女性 右被殻出血による右片麻痺, 失語症
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I章 地域リハビリテーション活動の歴史

P.8 掲載の参考文献
1) 澤村誠志 (監修・編集):地域リハビリテーション白書 '93. 三輪書店, 1993
2) 澤村誠志 (監修・編集):地域リハビリテーション白書 2. 三輪書店, 1998
3) 大田仁史:地域リハビリテーション原論 Ver.5. 医歯薬出版, 2010
4) 大田仁史:からだを通して心にふれる~地域リハビリテーションのあゆみ. 医歯薬出版, 2002

第II章 地域リハビリテーションの考え方と定義

P.15 掲載の参考文献
1) 澤村誠志 (監修・編集):地域リハビリテーション白書 2. 三輪書店, 1998
2) 大田仁史:地域リハビリテーション原論Ver.4. 医歯薬出版, 2006
3) 大田仁史:終末期リハビリテーション. 荘道社, 2002
4) 澤村誠志 (監修):これからのリハビリテーションのあり方. 青海社, 2-6, 2004
5) 大田仁史:介護期リハビリテーションのすすめ. 青海社, 2010

第III章 地域リハビリテーションの諸サービス

P.46 掲載の参考文献
1) 澤村誠志, 他:地域リハビリテーションシステムの構築について. 日本リハビリテーション病院協会報 10:7-9, 1991
2) 浜村明徳:地域リハビリテーションと在宅医療, 『明日の在宅医療』, 高齢者ケアと在宅医療. pp235-255, 中央法規出版, 2008
3) 日本リハビリテーション病院・施設協会編:高齢者リハビリテーション医療のグランドデザイン. 青海社, 2007
4) 全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会:回復期リハビリテーション病棟の現状と課題に関する調査報告書. 2012
5) 石川 誠:日本リハビリテーション病院・施設協会 平成23年度 第2回リハビリテーション研修会, 「診療報酬改定とリハビリテーションについて」講演資料より
6) 維持期におけるリハのあり方に関する検討委員会:平成9年度,維持期におけるリハのあり方に関する検討委員会報告書. 日本公衆衛生協会, 1998
7) 高齢者リハビリテーション研究会編:高齢者リハビリテーションのあるべき方向. 厚生労働省, 2004
8) 日本リハビリテーション病院・施設協会, 全国訪問リハビリテーション研究会:介護保険における PT・OT・STによる訪問サービスの現状分析と提言. 2008
9) 浜村明徳編著:地域リハビリテーションプラクシス, くらしを支える地域リハビリテーション. 医療文化社, 2004
10) 浜村明徳監修:これからの脳卒中リハビリテーション. 青海社, 2004
11) 厚生統計協会:国民の福祉の動向. 厚生の指標 51 (12), 2004
12) 澤村誠志監修:これからのリハビリテーションのあり方. 青海社, 2004
13) 澤村誠志監修・編集:地域リハビリテーション白書 '98. 三輸書店, 1998
14) 厚生省老人保健福祉局監修:老人の保健医療と福祉. 財団法人長寿社会開発センター, 1993
15) 厚生省高齢者介護対策本部事務局監修:高齢者介護保険制度の創設について. ぎょうせい, 1996
16) 日本リハビリテーション病院協会編:リハビリテーション医療のあり方 (その2). 1996
17) 老人の専門医療を考える会編:老人施設ケアの現状と課題
18) 厚生省長寿科学総合研究:高齢障害者の地域リハビリテーションサービスの見直し. 1997
19) 厚生省社会援護局・児童家庭局監修:社会福祉用語辞典. 中央法規出版
20) 福祉士養成講座編集委員会編集:老人福祉論. 中央法規出版
21) 浜村明徳, 井上崇:介護保険と通所リハビリテーション. 日本リハビリテーション病院・施設協会:介護保険とリハビリテーションII, 実践報告集. pp10-12, 2000
22) 石川誠:介護保険の仕組み. 日本リハビリテーション病院・施設協会:介護保険とリハビリテーション. pp14-25, 1999
23) 浜村明徳:在宅と施設サービスの課題. 総合リハ 28:65-73, 2000
24) 澤村誠志:障害者・高齢者の医療と福祉. 医歯薬出版, 1993

第IV章 介護保険とリハビリテーション

P.101 掲載の参考文献
1) 三菱UFJリサーチ&コンサルティング:平成21年度老人保健健康増進事業における「地域包括ケア研究会報告書」. http:/www.murc.jp, 2010
2) 厚生省高齢者ケアサービス体制整備検討委員会 (監修):介護支援専門員標準テキスト第1巻. 長寿社会開発センター, pp15-194, 1998
3) 大田仁史:介護予防. 荘道社, 2000
4) 澤村誠志, 大田仁史 (監修):B型機能訓練事業支援推進ガイドブック. 兵庫県理学療法士協会兵庫県作業療法士協会, 2000
5) 厚生省老人保健福祉局老人保健課 (監修):老人保健ハンドブック'97. 第一法規, 1998
6) 月刊福祉編集部:資料 21世紀福祉ビジョン-少子・高齢社会に向けて-平成6年3月高齢者社会福祉ビジョン懇談会. 月刊福祉 SEP 94:96-114, 1994
7) 京極高宣:介護革命. ベネッセ, 1996
8) 日本リハビリテーション病院・施設協会 (編), 石川誠:介護保険とリハビリテーション, 介護保険の仕組み. 三輪書店, pp14-25, 1999
9) 厚生労働省老健局総務課:介護保険事業状況報告. 2005, 2008
10) 内閣府:平成23年度高齢社会白書 第1章高齢化の状況. 2011
11) 里見賢治, 二木立, 伊東敬文:公的介護保険に異議あり. ミネルヴァ書房, 1996
12) (社)日本作業療法士協会:医療保険・介護保険の手引き 2005, 2012. 日本作業療法士協会, 2005, 2012
13) 厚生省高齢者ケアサービス体制整備検討委員会 (監修):介護支援専門員標準テキスト第1巻. 長寿社会開発センター, 15-194, 1998
14) 長谷憲明:介護保険制度入門. 瀬谷出版, pp123-144, 2004
15) 藤井賢一郎 (監修):介護保険制度とは…, 改訂第8版. 東京都社会福祉協議会, 2005
16) 厚生労働省:全国介護保険介護保険・老人保健事業担当課長会議資料. 2005
17) 厚生労働省:平成22年介護給付費実態調査の概況;福祉用具貸与種目別にみた件数・単位数. http://www.mhlw.go.jp/, 2010
18) 厚生労働省:平成22年度介護給付費実態調査の概況;サービス種類別にみた受給者数. 2010
19) 厚生労働省:平成20年介護サービス施設・事業所調査結果の概況;職種別常勤換算従事者数. 2008
20) 厚生労働省:社会保障改革に関する集中検討会議 (第七回) 医療と介護に関する資料. 2011
21) 厚生労働省老健局:平成23年度地域包括ケア推進指導者養成研修 (ブロック研修) 資料「介護保険制度改正の概要及び地域包括ケアの理念」. 2011
22) 厚生労働省:第88回社会保険審査会 介護給付費分科会資料 平成24年度介護報酬改定について. 2012
23) 澤村誠志:これからのリハビリテーションのあり方. 青海社, p11, 2004
24) 大田仁史:地域リハビリテーション原論 Ver. 5. 医歯薬出版, pp6-63, 2010
25) 大田仁史:介護期リハビリテーションのすすめ. 青海社, pp130-134, 2010
26) 大田仁史:大田仁史のリハビリ備忘録, 「ハビリス」を考える. 三輪書店, 2011
27) 大田仁史:老人介護 全国民にヘルパー資格を. 朝日新聞, 2003.1.27
28) 伊藤隆夫:訪問看護とリハビリテーション-理学療法士・作業療法士の立場から. 総合リハ 27:223-227, 1999
29) 日本リハビリテーション病院・施設協会 (編), 松田修:リハビリテーションの新展開 21世紀への60の提言, 脳血管障害者とリハビリテーション-介護老人福祉施設の立場から-. 三輪書店, pp149-151, 2001
30) 山田剛:介護老人保健施設におけるボバースアプローチの応用. ボバースジャーナル 24:27-29, 2001
31)澤俊二, 大田仁史, 他:老人保健法にもとづく第2回機能訓練事業全国実態調査報告-介護保険制度開始直後調査 (平成12年7月) . 公衆衛生 65:389-392, 2001
32) 厚生労働省:障害者自立支援法案の概要. http://www.mhlw.go.jp/, 2005
33) 東京都社会福祉協議会:障害者自立支援法とは… 改訂版. 東京都社会福祉協議会, 2006
34) 厚生労働省:障害者自立支援法等の一部を改正する法律. 2010

第V章 地域リハビリテーションのシステム―連携とネットワークづくり

P.116 掲載の参考文献
1) 浜村明徳:地域リハビリテーションと在宅医療, 『明日の在宅医療』, 第4巻高齢者ケアと在宅医療. 中央法規出版, pp235-255, 2008
2) 日本リハビリテーション病院・施設協会編:高齢者リハビリテーション医療のグランドデザイン. 青海社, 2007
3) 栗原正紀:脳卒中の地域医療連携パスについて. 平成19年度第2回リハビリテーション研修会資料, 日本リハビリテーション病院・施設協会, pp72-102, 2008
4) 浜村明徳, 他:地域におけるリハビリテーションの実態とリハビリテーション手法・評価方法及び提供体制に関する検討報告書. 平成16年度厚生労働省老人保健事業推進費等補助金 (老人保健健康増進等事業分), 日本公衆衛生協会, 2005
5) 澤村誠志, 他:地域リハビリテーション支援活動マニュアル. 地域リハビリテーション支援活動マニュアル作成に関する研究班, 1999
6) 地域包括ケア研究会:「地域包括ケア研究会報告書」. 平成21年度老人保健健康増進等事業, 2010
7) 浜村明徳:地域リハビリテーションのモデル, 私立病院を中心とした活動. 総合リハ 35:937-939, 2007
8) 浜村明徳:地域リハ諸活動の実際, 地域リハビリテーション白書'93. 三輪書店, pp34-59, 1993
9) 日本リハビリテーション病院・施設協会:地域リハビリテーション支援活動実態調査報告書 (概要) pp3-11, 2000
10) 浜村明徳編著:地域リハビリテーションプラクシス, くらしを支える地域リハビリテーション. 医療文化社, 2004
11) 澤村誠志監修:これからのリハビリテーションのあり方. 青海社, 2004
12) 浜村明徳, 他:地域リハビリテーションコーディネーター活動マニュアル. 地域リハビリテーション活動評価マニュアル作成研究班, 1996
13) 柳尚夫, 他:地域リハビリテーションとネットワーク作り. 公衆衛生 56:42-45, 1992
14) 浜村明徳:社会資源の活用とネットワークづくり. 臨床リハ別冊:219-226, 1997
15) 澤村誠志:地域リハビリテーション総論. 総合リハ 20:291-294, 1992
16) 澤村誠志, 他:地域リハビリテーション協議会の経験. 総合リハ 14:49-55, 1986
17) 浜村明徳:地域リハビリテーションとは何か. 公衆衛生 53:276-281, 1989
18) 浜村明徳, 他:老人を中心とした地域リハビリテーション. 総合リハ 19:17-22, 1991
19) 宮岡秀子, 他:長崎県における地域リハビリテーションの現状. 公衆衛生 55:491-497, 1991
20) 長崎県機能訓練システム研究班編:機能訓練事業の推進方策とその指針-地域リハビリテーションの展開<理論編>. 長崎県リハビリテーション協議会, 1985

最近チェックした商品履歴

Loading...