小児・思春期糖尿病の対応マニュアル

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2012-08-31
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784521733814
電子書籍版: 2012-08-31 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,344 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

7,344 円(税込)

成人発症と異なり,小児・思春期糖尿病の診療では1型の患者比率が高いことや心身の発達が背景にあることを念頭におかねばならない。本書では合併症などの疫学を1型・2型にわけて丁寧に解説するほか,カーボカウントやCSII,CGMなどの実際,急変時の対応が具体的にまとめられている。患者・家族を温かくサポートするヒントが随所にちりばめられており,臨床の場で大いに参考となる。

目次

  • 表紙
  • 編集主幹 / 編集委員
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • Quick Index 小児・思春期糖尿病診療のステップ
  • 1章 小児・思春期糖尿病の問題点と対応
  • 小児・思春期糖尿病の問題点と対応
  • 2章 小児・思春期糖尿病の疫学
  • 1型糖尿病の疫学
  • [ COLUMN ] フィンランドにおける小児1型糖尿病発症率の変遷
  • 2型糖尿病の疫学
  • [ COLUMN ] 若年発症2型糖尿病の歴史的背景
  • 合併症の疫学 ( 網膜症・腎症 / 欧米との比較 ) - 1型
  • 合併症の疫学 ( 網膜症・腎症 / 欧米との比較 ) - 2型
  • 合併症の疫学 ( 神経障害 ) - 1型, 2型
  • [ COLUMN ] 糖尿病性多発神経障害の診断法と鑑別疾患
  • [ COLUMN ] 糖尿病性自律神経障害の診断法
  • 合併症の疫学 ( 動脈硬化 ) - 1型
  • 合併症の疫学 ( 動脈硬化 ) - 2型
  • 3章 小児・思春期糖尿病の成因と病態
  • 1型糖尿病 - 成人発症例との対比
  • 2型糖尿病 - 成人発症例との対比
  • 新生児糖尿病
  • [ COLUMN ] グルコース応答性インスリン分泌の機構
  • MODY
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 1型糖尿病の遺伝素因 - 小児と成人の違い
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 小児の肥満・メタボリックシンドローム
  • 4章 小児・思春期糖尿病の診断
  • 小児・思春期糖尿病の診断
  • 5章 小児・思春期糖尿病の治療
  • 治療の基本的な考え方 - 健全な成長と治療
  • 患者教育・家庭教育
  • 食事と運動 - 成長に合わせた対応
  • [ COLUMN ] 2型糖尿病に対するtraditional dietの1型糖尿病への指導の罪
  • [ COLUMN ] 「かかりつけ医, 園医, 校医」による幼少期からの介入による肥満予防
  • [ エビデンスの扉 ] コントロール目標 血糖と合併症抑制のエビデンス
  • 経口薬治療
  • [ COLUMN ] 日本小児内分泌学会による2003年全国調査の結果
  • インスリン治療 - 生活に合わせた治療
  • [ COLUMN ] 生活にインスリンを合わせる治療はQOLを高め, 血糖コントロールを改善し, 低血糖を減らす
  • インスリンポンプ療法 ( CSII )
  • [ COLUMN ] Paradigm ( R ) 722の新機能
  • 急性合併症の対応 - ケトアシドーシス
  • [ COLUMN ] 糖尿病ケトアシドーシスの症例
  • 急性合併症の対応 - 低血糖
  • [ COLUMN ] 無自覚低血糖
  • シックデイの対応
  • [ COLUMN ] 小児における一日インスリン投与量 ( total dairy dose : TOD )
  • 移植医療 - 膵臓移植・膵島移植
  • [ COLUMN ] 臓器移植法の改正
  • [ 知っておきたいTOPICS ] カーボカウント
  • [ COLUMN ] 小中学校の学校給食でのカーボカウント
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 小児1型糖尿病とインクレチン関連薬
  • [ 知っておきたいTOPICS ] CGM
  • [ COLUMN ] 暁現象
  • 6章 小児・思春期糖尿病への対応
  • 小児糖尿病サマーキャンプ
  • [ COLUMN ] 初参加の子どもが自ら変わったキャンプの意義を考える
  • 小児糖尿病の心理特性と支援
  • [ COLUMN ] 思春期発症の1型糖尿病患者の特徴
  • [ COLUMN ] 摂食障害
  • 小児科と内科の連携
  • [ COLUMN ] 総合病院での連携例
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

2章 小児・思春期糖尿病の疫学

P.13 掲載の参考文献
P.19 掲載の参考文献
P.30 掲載の参考文献
8) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group. The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 1993 ; 329 : 977-86.
12) Warram JH, et al. Effect of duration of type I diabetes on the prevalence of stages of diabetic nephropathy defined by urinary albumin/creatinine ratio. J Am Soc Nephrol 1996 ; 7 : 930-7.
16) Microalbuminuria Collaborative Study Group, United Kingdom. Risk factors for development of microalbuminuria in insulin dependent diabetic patients : A cohort study. BMJ 1993 ; 306 : 1235-9.
23) Sano H, et al. Relationship between advanced microangiopathy and macroangiopathy among patients with type 1 diabetes in Japan. Diabetes 2005 ; 54 (Suppl 1) : A576.
25) Gallego PH, et al. Role of blood pressure in development of early retinopathy in adolescents with type 1 diabetes : Prospective cohort study. BMJ 2008 ; 337 : 497-500.
P.38 掲載の参考文献
P.45 掲載の参考文献
1) 日本臨床内科医会調査研究グループ. 糖尿病性神経障害に関する調査研究. 日本臨床内科医会会誌 2001 ; 16 : 167-95.
3) 川越千恵美ほか. インスリン依存型糖尿病における神経障害の進展-血糖コントロールおよびIDDM発症時期との関係. 糖尿病 1998 ; 41 : 807-15.
4) James WA, et al. Effect of prior intensive insulin treatment during the diabetes control and complications trial (DCCT) on peripheral neuropathy in type 1 diabetes during the epidemiology of diabetes interventions and complications (EDIC) study. Diabetes Care 2010 ; 33 : 1090-6.
P.51 掲載の参考文献
P.59 掲載の参考文献
1) Berenson GS, et al. Association between multiple cardiovascular risk factors and atherosclerosis in children and young adults : The Bogalusa Heart Study. N Engl J Med 1998 ; 338 : 1650-6.

3章 小児・思春期糖尿病の成因と病態

P.67 掲載の参考文献
1) 清野裕ほか. 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告. 糖尿病 2010 ; 53 : 450-67.
P.73 掲載の参考文献
P.79 掲載の参考文献
P.87 掲載の参考文献
1) Yamagata K, et al. Mutations in the hepatocyte nuclear factor-1α gene in maturity-onset diabetes of the young (MODY3). Nature 1996 ; 384 : 455-8.
2) Yamagata K, et al. Mutations in the hepatocyte nuclear factor-4α gene in maturity-onset diabetes of the young (MODY1). Nature 1996 ; 384 : 458-60.
3) Horikawa Y, et al. Mutation in hepatocyte nuclear factor-1β gene (TCF2) associated with maturity-onset diabetes of the young. Nat Genet 1997 ; 17 : 384-5.
4) Yoshiuchi I, et al. Analysis of a non-functional HNF-1α mutation in Japanese subjects with familial type 1 diabetes. Hum Mutat 2001 ; 18 : 345-51.
5) Yoshiuchi I, et al. Three new mutations in the hepatocyte nuclear factor-1α gene in Japanese subjects with diabetes mellitus : Clinical features and functional characterization. Diabetologia 1999 ; 42 : 621-6.
6) Yamagata K, et al. Overexpression of dominant-negative mutant HNF-1α in pancreatic β-cells causes abnormal islet architecture with decreased expression of E-cadherin, reduced β-cell proliferation and diabetes. Diabetes 2002 ; 51 : 114-23.
8) Miura A, et al. Hepatocyte nuclear factor-4α is essential for glucose-stimulated insulin secretion by pancreatic β-cells. J Biol Chem 2006 ; 281 : 5246-57.
P.93 掲載の参考文献
7) Sugihara S, et al. Association of HLA-DR, DQ genotype with different β-cell function at IDDM diagnosis in Japanese children. Diabetes 1997 ; 46 : 1893-7.
10) Fujisawa T, et al. Class I HLA is associated with age-at-onset of IDDM, while class II HLA confers susceptibility to IDDM. Diabetologia 1995 ; 38 : 1493-5.
P.98 掲載の参考文献
4) Ohzeki T, Nakagawa Y. Abdominal adiposity in obese children and adolescents. In : Ashizawa K, Cameron N (eds). Human Growth in a Changing Lifestyle. Smith-Gordon ; 2009. pp.121-5.
5) 大関武彦. 小児のメタボリックシンドローム. 少年写真新聞社 ; 2011.
6) 五十嵐隆, 大関武彦 (編). 小児メタボリックシンドローム. 小児科臨床ピクシス 6. 中山書店 ; 2009.
9) 松下理恵ほか. 母子健康手帳の記録による小児メタボリックシンドロームのリスク因子の評価. 日児誌 2011 ; 115 : 44-9.
10) 高谷竜三ほか. 小児期の血流依存性血管拡張反応に関する測定方法の標準化と基準値の検討. 肥満研究 2011 ; 17 : 49-53.

4章 小児・思春期糖尿病の診断

P.108 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会. 診断基準. 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会 (編). 小児・思春期糖尿病管理の手びき-コンセンサス・ガイドライン, 改訂第3版. 南江堂 ; 2011. pp.10-5.
2) 清野裕ほか. 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告. 糖尿病 2010 ; 53 : 450-67.
3) 浦上達彦. 1型糖尿病. 小児内科 2008 ; 40 : 1827-35.
4) 浦上達彦. 小児期発症IDDMにおけるICA, IA-2抗体, GAD抗体, GAD65抗体の臨床的意義. ホルモンと臨床 1999 ; 47 : 165-9.
5) 花房俊昭ほか. 劇症1型糖尿病調査研究委員会報告-疫学調査の解析と診断基準の策定. 糖尿病 2005 ; 48 (Suppl 1) : A1-13.
6) 浦上達彦, 北川照男. 緩徐進行型1型糖尿病. 小児内科 2007 ; 39 : 515-20.
7) 浦上達彦. 若年2型糖尿病の疫学動向. 日本臨牀 2008 ; 66 : 21-5.

5章 小児・思春期糖尿病の治療

P.114 掲載の参考文献
P.117 掲載の参考文献
2) Diabetes UK and Department of Health Structured patient education in diabetes. Report from the patient education working group. 2005. http://www.dh.gov.uk/publications
3) National Institute for Clinical Excellence UK. Guidance on the use of patient education models. 2003. http://nice.org.uk/page.aspx?o=TA060guidance
4) 日本小児内分泌学会糖尿病委員会 (訳). 国際小児思春期糖尿病学会臨床診療コンセンサスガイドライン 2006-2008. 日本小児科学会雑誌 2008 ; 112 : 803-20.
7) Diabetes Control and Complications Research Group. Effects of intensive diabetes treatment on the development and progression of long-term complications in adolescents with insulin-dependent diabetes mellitus. J Pediatr 1994 ; 125 : 177-88.
8) 内潟安子. 糖尿病診療のクリニカルパス. II. 糖尿病外来診療. 1型糖尿病思春期例. 金澤康徳 (編). ホルモンと臨床53巻2005秋季増刊号. 医学の世界社 ; 2005. pp.57-61.
9) Swift PGF (ed). ISPAD Consensus Guidelines for The Management of Type 1 Diabetes Mellitus in Children and Adolescents. Medforum ; 2000.
P.127 掲載の参考文献
2) 内潟安子. 小児ヤング糖尿病-のびのびしっかりサポート. シービーアール ; 2005.
3) Anderson BJ, Rubin RR (eds). Practical Psychology for Diabetes Clinicians : How to Deal with Key Behavioral Issues Faced by Patients & Health Care Teams. American Diabetes Association ; 1996.
4) 小川洋平, 内潟安子. 1型糖尿病の食事療法はカーボカウントだけなのか? 内科 2011 ; 107 (6) : 1192-8.
5) 岡田泰助. 小児糖尿病に対する最新の考え方. PRACTICE 2002 ; 19 : 638-42.
6) 岡田泰助. 新時代の糖尿病学 (3) -病因・診断・治療研究の進歩. 1型糖尿病患者における運動療法. 日本臨牀 2008 ; 66 : 225-9.
7) International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes. ISPAD Clinical Practice Consensus Guideline 2006-2008 : Exercise management in childhood and adolescent diabetes. Pediatr Diabetes 2007.
9) 岡田泰助ほか. 学校検尿と治療中断が18歳未満発見2型糖尿病者の合併症に及ぼす影響. 糖尿病 2000 ; 43 (2) : 131-7.
10) 古川弘子, 岡田泰助. どうしたらやせられる? 名人の示す実例集 II. 夏休み! 親子でスリムキャンプ. 糖尿病診療マスター 2011 ; 9 : 81-4.
・ 青木省三. 思春期の心の臨床-面接の基本とすすめ方. 金原出版 ; 2001.
P.135 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会小児糖尿病委員会/日本小児内分泌学会糖尿病委員会の編集委員会. コントロール目標. 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会 (編). 小児・思春期糖尿病管理の手びき-コンセンサス・ガイドライン. 改訂第3版. 南江堂 ; 2011. pp.131-8.
2) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group. The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 1993 ; 329 : 977-86.
6) Diabetes Control and Complications Trial (DCCT) /Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications (EDIC) Research Group. Beneficial effects of intensive therapy of diabetes during adolescence : Outcomes after the conclusion of the Diabetes Control and Complications Trial (DCCT). J Pediatr 2001 ; 139 : 804-12.
P.142 掲載の参考文献
2) Sugihara S, et al, on behalf of the Committee for the Medical Treatment of Childhood-Onset Type 2 Diabetes Mellitus, The Japanese Society for Pediatric Endocrinology. Analysis of weight at birth and at diagnosis of childhood-onset type 2 diabetes mellitus in Japan. Pediatr Diabetes 2008 ; 9 : 285-90.
5) 松浦信夫ほか. 小児2型糖尿病に対するメトホルミン単独療法. 糖尿病 2008 ; 51 : 427-34.
8) 岡田泰助ほか. 学校検尿と治療中断が18歳未満発見2型糖尿病の合併症に与える影響. 糖尿病 2000 ; 43 : 131-7.
・ 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会 (編). 小児・思春期糖尿病管理の手びき, 改訂第3版-コンセンサス・ガイドライン, 南江堂 ; 2011.
・ Rosenbloom AL, et al. Type 2 diabetes mellitus in the child and adolescent. ISPAD Clinical Practice Consensus Guidelines 2009 Compendium. Pediatr Diabetes 2009 ; 10 (Suppl 12) : 17-32.
・ 日本小児内分泌学会糖尿病委員会訳. 国際小児思春期糖尿病学会臨床診療コンセンサスガイドライン 2006~2008. 第3章小児・思春期2型糖尿病. 日本小児科学会雑誌 2008 ; 112 : 1733-47.
P.150 掲載の参考文献
1) 丸山太郎, 丸山千寿子 (編著). 1型糖尿病の治療マニュアル. 南江堂 ; 2010.
2) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 文光堂 ; 2012.
4) Kelly DB, et al (eds). Medical Management of Type 1 Diabetes, 3rd edition. American Diabetes Association ; 1998.
5) 丸山太郎. Editorial, 1型糖尿病の治療を考える~患者の涙を伴わない治療を~. Online DITN, 367号. 2008年10月5日発行.
6) Samann A, et al. Glycemic control and severe hypoglycaemia following training in flexible, intensive insulin therapy to enable dietary freedom in people with type 1 diabetes : A prospective implementation study. Diabetologia 2005 ; 48 : 1965-70.
8) 南雲千夏子ほか. インスリン注射部位の重要性. 先進インスリン研究会誌 2008 ; 4 : 4-5.
P.160 掲載の参考文献
2) 難波光義ほか. 携帯型微量注入ポンプを使用した長期間持続皮下インスリン注入療法の試み-特に糖尿病妊娠例と外来通院症例の治療経過を中心として. 糖尿病 1981 ; 24 : 417-25.
3) 鴨井久司. どんな症例がインスリンポンプ療法に適するか. 小林哲郎, 難波光義 (編). インスリンポンプ療法マニュアル-CSII療法導入・管理のための手引き. 南江堂 ; 2009. pp.11-5.
4) 川村智行. インスリンポンプ療法の普及. 先進インスリン療研究誌 2008 ; 4 : 13-5.
5) 広瀬正和. 小児におけるインスリンポンプ療法 (CSII療法) の実際と注意点. 小林哲郎, 難波光義 (編). インスリンポンプ療法マニュアル-CSII療法導入・管理のための手引き. 南江堂 ; 2009. pp.133-48.
7) Walsh J, et al. Pumping Insulin, 4th edition. Torrey Pine Press ; 2006. p.130.
P.166 掲載の参考文献
P.174 掲載の参考文献
2) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病専門医研修ガイドブック, 改訂第4版. 診断と治療社 ; 2009.
3) 日本小児内分泌学会糖尿病委員会 (編). こどもの1型糖尿病ガイドブック-患児とその家族のために. 文光堂 ; 2007.
5) Tsalikian E, et al ; Diabetes Research in Children Network (Direcnet) Study Group. Impact of exercise on overnight glycemic control in children with type 1 diabetes. J Pediatr 2005 ; 147 : 528-34.
P.180 掲載の参考文献
1) シックデイ. 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会 (編). 小児・思春期糖尿病管理の手びき-コンセンサス・ガイドライン, 改訂第3版. 南江堂 ; 2011. pp.146-54.
4) Betts P, et al. ISPAD Clinical Practice Consensus Guidelines 2005-2007 : Management of children with diabetes requiring surgery. Pediatr Diabetes 2007 ; 8 : 242-7.
P.188 掲載の参考文献
1) 膵・膵島移植研究会膵臓移植班. 本邦膵移植症例登録報告 (2008). 移植 2008 ; 43 : 477-81.
6) 膵・膵島移植研究会膵島移植班. 本邦膵島移植症例登録報告 (2008). 移植 2008 ; 43 : 482-5.
10) Fioretto P, et al. Reversal of lesions of diabetic nephropathy after pancreas transplantation. N Engl J Med 1996 ; 339 : 69-75.
P.192 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病食事療法のための食品交換表, 第6版. 文光堂 ; 2002.
3) 山口美輪ほか. 学校給食の副食糖質含有量の検討. 第49回日本糖尿病学会中国四国地方会総会. 小児糖尿病シンポジウム S07 ; 2011.
5) 黒田暁生ほか. 食品交換表に基づく新たなカーボカウント指導法. 糖尿病 2010 ; 53 (6) : 391-5.
P.199 掲載の参考文献
2) Suarez-Pinzon WL, et al. Combination therapy with a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor and a proton pump inhibitor restores normoglycaemia in non-obese diabetic mice. Diabetologia 2009 ; 52 : 1680-2.
・ 田中昌一郎ほか ; 日本糖尿病学会I型糖尿病調査研究委員会. 緩徐進行1型糖尿病 (slowly progressive insulin-dependent diabetes mellitus : SPIDDM) の臨床的特徴. 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会緩徐進行1型糖尿病分科会報告 (第一報). 糖尿病 2011 ; 54 : 65-75.
・ 粟田卓也. インクレチン関連薬の可能性. 月刊糖尿病 2011 ; 3 (12) : 113-21.
P.206 掲載の参考文献

6章 小児・思春期糖尿病への対応

P.214 掲載の参考文献
2) 日本糖尿病学会/日本小児内分泌学会編. 小児・思春期糖尿病管理の手びきコンセンサス・ガイドライン. 改訂第3版. 糖尿病キャンプ. 南江堂 ; 2011. pp249-53.
P.220 掲載の参考文献
1) 内潟安子. 患者・家族への教育 (家族問題). 松浦信夫 (編). 今日の治療 小児糖尿病の臨床. 永井書店 ; 2000. pp.157-62.
2) 瀧井正人. 患児, 家族への支援/心理的支援. 日本糖尿病学会 (編). 小児・思春期糖尿病管理の手びき. 南江堂 ; 2001. pp.165-74.
3) 心理的な問題. 日本小児内分泌学会糖尿病委員会 (編). こどもの1型糖尿病ガイドブック-患児とその家族のために. 文光堂 ; 2007. pp.86-91.
6) 瀧井正人ほか. "むちゃ喰い" を繰り返すインスリン依存型糖尿病患者の心理的身体的特徴. 糖尿病 1999 ; 42 : 135-41.

最近チェックした商品履歴

Loading...