児童生活臨床と社会的養護

出版社: 金剛出版
著者:
発行日: 2012-08-20
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784772412612
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,080 円(税込)

商品紹介

人の育ちという終わりなき刻のなかで、子どもたちと共に生活に留まり、生活と対峙し、生活から護られること。生活の力を知る実践家たちの言葉、石原登の「情性教育」、青木延春の「児童とともにある精神(withの精神)」、そしてブルーノ・ベッテルハイムの「生活環境重点型の情緒障害児治療教育」を導きの糸に、精神医学、心理臨床、児童福祉など複数の視点から見えてきた児童自立支援施設の現状を実践的課題として検証する。

目次

  • 児童生活臨床と社会的養護

    ―目次―

    はじめに 児童自立支援施設に足を踏み入れて

    第1章 児童自立支援施設の現状と課題 
    第2章 生活臨床の実践 
    第3章 児童自立支援施設の生活から見える
        子どもの変化と職員の変化  
    第4章 医師の立場から児童自立支援施設の生活を考える 
    第5章 児童養護施設での経験から生活を考える 
    第6章 自立援助ホームでの実践を通して生活を考える  
    第7章 「生活を考える」から「生活が支える」へ 
    第8章 心理的支援と「生活」  

    オピニオン

    あとがき 共に学びあうこと 

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...