すぐに使える 小児輸液実践ハンドブック

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2012-09-01
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784498145221
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,160 円(税込)

商品紹介

多くの研修医,若手医師が苦手とする小児輸液について,現場ですぐに使えるよう平易かつ実践的に解説した。臨床編・基礎編の順番で学ぶことで,無理なく基本が身に付く一冊である。

目次

  • すぐに使える 小児輸液実践ハンドブック

    ―目次―

    I 臨床編
     A. 特殊な病態における輸液
      1.新生児・未熟児における輸液
      2.小児外科手術の周術期の輸液
      3.電解質異常に対する輸液:ナトリウム濃度の異常
      4.電解質異常に対する輸液:
        カリウム、カルシウム、マグネシウムの異常
      5.化学療法の際の輸液
      6.敗血症ショックに対する輸液
     B.小児疾患における輸液療法
      1.乳幼児の急性胃腸炎に対する輸液療法
      2.尿崩症
      3.肥厚性幽門狭窄症に対する輸液療法
      4.小児気管支喘息に対する輸液療法
      5.急性膵炎に対する輸液療法
      6.熱傷―小児熱傷患者に対する初期輸液
      7.糖尿病ケトアシドーシス
      8.急性肝不全
      9.急性腎炎、急性腎不全
      10.ネフローゼ症候群
      11.心不全における輸液障害
      12.急性脳炎・脳症の輸液療法
     
    II 基礎編
     1.小児の輸液療法に関する基本的な考え方
     2.小児の輸液療法において必要な体液・電解質調節の基礎知識
     3.小児の輸液療法において必要な酸塩基平衡異常の基礎知識
     4.小児の輸液ベーシックガイド
       小児の輸液療法において必要な検査とその解釈
     5.誤った輸液療法を行わないための注意

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...