癌診療指針のための病理診断プラクティス 大腸癌

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2012-10-03
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784521733364
シリーズ: 癌診療指針のための病理診断プラクティス
電子書籍版: 2012-10-03 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

19,800 円(税込)

商品紹介

病理医,臨床医が互いに理解を深められるよう,病理診断の基本を解説.鑑別診断の章ではフローチャート・診断のポイントを用意し,鑑別すべき病理像も豊富に掲載している.病理医だけでなく,臨床医にも活用しやすいよう,肉眼像,内視鏡像も掲載.最新のトピックも充実し,実用のための書籍となっている.

目次

  • 癌診療指針のための病理診断プラクティス 大腸癌

    ―目次―

    1章 病理診断の流れ
     大腸上皮性腫瘍の診断

    2章 診断のための基本知識
     大腸上皮性腫瘍および腫瘍様病変の分類とその意義
     免疫組織化学の診断・治療への応用
     分子生物学的解析法の診断・治療への応用
     内視鏡診断の基礎から応用まで―拡大観察を中心に
     大腸癌の病期分類と治療法選択基準
     治療と病理診断
      上皮性病変の内視鏡治療における病理診断の有用性
      外科治療における病理診断の有用性
      化学療法,放射線療法における病理診断の有用性
      バイオマーカーと分子標的治療
      微小リンパ節転移の臨床的意義

    3章 病理診断の実際
     大腸癌病理診断の基本
      大腸SM癌の深達度の評価法
      大腸癌の壁外深達度の評価法と臨床的意義
      大腸癌の脈管侵襲の評価法
      大腸癌の簇出の評価法
      大腸癌のdesmoplastic reaction の評価法
      腸管壁外のリンパ節構造のない癌巣とその意義
     鋸歯状病変
     平坦・陥凹型病変
     内分泌腫瘍
     虫垂のいわゆる“goblet cell carcinoid”
     虫垂粘液性腫瘍,腹膜偽粘液腫
     肛門管の悪性腫瘍
     潰瘍性大腸炎関連dysplasia
     癌と鑑別が必要な疾患
      大腸悪性リンパ腫
      非上皮性腫瘍
      非腫瘍性ポリープ/ポリポーシス
      悪性と鑑別を要する良性病変

    4章 病理検体の取り扱い

    5章 症例の実際
     症例1 adenocarcinoma with osseous metaplasia
     症例2 inflammatory myofibrobblastic tumor

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

2章 診断のための基本知識

P.10 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
Hamilton SR, et al. Carcinoma of the colon and rectum. In : Bosman FT, et al. eds. WHO Classification of Tumours. Pathology and Genetics of Tumours of the Digestive System, 4th ed. Lyon : IARC ; 2010. p.131-82.
和田了. 管状腺腫・管状絨毛腺腫・絨毛腺腫. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.30.
新井冨生ほか. 髄様型大腸低分化腺癌の病理学的特徴. 胃と腸. 2010 ; 45 : 1837-46.
諸橋聡子ほか. 腫瘍関連病変. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.112-25.
八尾隆史, 恒吉正澄. 消化管全般にわたる疾患. 消化管ポリポーシス. 中村眞一編. 消化管病理標本の読み方. 改訂第2版. 東京 : 日本メディカルセンター ; 2008. p.203-12.
P.22 掲載の参考文献
厚生省特定疾患難治性炎症性腸管障害調査研究班. 潰瘍性大腸炎に出現する異型上皮の病理組織学的判定基準 (案) -Surveillance colonoscopyへの応用を目的とした判定基準の提案. 日本大腸肛門病学会誌. 1994 ; 47 : 547-51.
味岡洋一ほか. Colitic cancer/dysplasiaの病理組織学的特徴. 胃と腸. 2002 ; 37 (7) : 956-70.
Walsh SV, et al. p53 and β catenin expression in chronic ulcerative colitis- associated polypoid dysplasia and sporadic adenomas. Am J Surg Pathol. 1999 ; 23 : 963-9.
Bosman FT, et al. WHO Classification of Tumours of the Digestive System, 4th ed. Lyon : IARC ; 2010. p.13-4.
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
菊池昌弘, 森茂郎編. 最新・悪性リンパ腫アトラス. 東京 : 文光堂 ; 1996.
岩渕三哉. カルチノイド腫瘍と内分泌細胞癌. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス. 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.91-102.
二村聡, 岩下明徳. 小腸・大腸のリンパ腫. 病理と臨床. 2011 ; 29 (10) : 1114-21.
落合淳志, 長村義之. セツキシマブ治療における EGFR 検査の現状とポイント. 大腸癌FRONTIER. 2009 ; 2 (1) : 79-83.
伊藤智雄. 悪性リンパ腫の免疫組織化学. 病理と臨床. 2010 ; 28 (7) : 706-13.
広瀬隆則. 消化管のその他の間葉系腫瘍, 腫瘍様病変. 病理と臨床. 2002 ; 20 (2) : 166-71.
Hasegawa T, et al. Gastrointestinal stromal tumor : consistent CD117 immunostaining for diagnosis and prognostic classification based on tumor size and MIB-1 grade.
P.32 掲載の参考文献
Andreyev HJN, et al. Kirsten ras mutations in patients with colorectal cancer : the 'RASCAL II' study. Br J Cancer. 2001 ; 85 : 692-6.
Snover DC, et al. Serrated polyps of the colon and rectum and serrated polyposis. In : Bosman FT, et al. eds. WHO Classification of Tumours of the Digestive System, 4th ed. Lyon : IARC ; 2010.
P.43 掲載の参考文献
大庭さやかほか. 早期大腸癌の精密画像診断~画像強調・拡大観察-NBI. 胃と腸. 2010 ; 45 : 829-40.
田中信治, 岡志郎. 大腸腫瘍のpit pattern分類. 田中信治編. 基本からわかる大腸疾患の精密内視鏡診断. 東京 : 中山書店 ; 2003. p.35-9.
工藤進英ほか. 大腸の新しいpit pattern分類-箱根合意に基づいた VI, VN型pit pattern. 早期大腸癌. 2005 ; 9 : 135-40.
山野泰穂ほか. 大腸癌の存在診断 (3) 蛍光内視鏡 (AFI). b. 自家蛍光内視鏡を用いた大腸腫瘍性病変の存在診断. INTESTINE. 2009 ; 13 : 141-7.
田中信治ほか. 大腸腫瘍性病変に対するNarrow Band Imaging (NBI) の有用性. 胃と腸. 2008 ; 43 : 881-91.
P.58 掲載の参考文献
Sadahiro S, et al. Recurrence patterns after curative resection of colorectal cancer in patients followed for a minimum of ten years. Hepatogastroenterology. 2003 ; 50 : 1362-66.
P.66 掲載の参考文献
河野弘志ほか. 通常内視鏡診断の現状-色素内視鏡も含めて (1) 内視鏡診断の基本. INTESTINE. 2009 ; 13 : 105-11.
大腸癌研究会編. 大腸癌治療ガイドライン医師用 2010年版. 東京 : 金原出版 ; 2010.
鶴田修ほか. 早期大腸癌深達度診断における拡大内視鏡と超音波内視鏡の役割. 胃と腸. 2001 ; 36 : 791-9.
長谷川申ほか. 拡大内視鏡検査-pit pattern診断-. 大腸癌FRONTIER. 2009 ; 2 : 328-33.
工藤進英ほか. 大腸の新しいpit pattern分類-箱根合意に基づいた VI, VN型pit pattern. 早期大腸癌. 2005 ; 9 : 135-40.
唐原健ほか. 拡大内視鏡による癌の深達度診断. 早期大腸癌. 2005 ; 9 : 151-9.
上堂文也ほか. 自家蛍光電子内視鏡装置の原理と診断能. INTESTINE. 2009 ; 2 : 135-40.
P.80 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版. 東京 : 金原出版 ; 2006. p.30-1.
窪澤仁. 病理診断Rectal Cancer. 病理と臨. 2005 ; 23 : 538-42.
大矢雅敏ほか. 直腸癌に対する術前化学放射線療法. 臨放線. 2006 ; 51 : 1719-26.
山本智理子, 加藤洋. 胃癌・大腸癌の組織学的治療効果判定の歴史と実際. 病理と臨. 2008 ; 26 : 447-53.
Greco P, Magro G. Pathologic examination and staging of rectal carcinoma : a critical review. Pathologica. 2010 ; 102 : 12-27.
野澤慶次郎, 渡邉聡明. 大腸癌における分子標的治療 b) 抗EGFR抗体とKras変異. 外科. 2011 ; 73 : 252-6.
P.86 掲載の参考文献
P.91 掲載の参考文献

3章 病理診断の実際

P.96 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
工藤進英ほか. 大腸sm癌のsm浸潤度の分析と治療方針-sm浸潤度分類について. 胃と腸. 1984 ; 19 : 1349-56.
岡部聡. 大腸sm癌の転移のリスクファクターに関する検討. 日本大腸肛門病会誌. 1994 ; 47 : 564-75.
小林清典ほか. 大腸sm癌-新しいsm浸潤度分類の提唱と臨床的有用性-. 日本大腸肛門病会誌. 2001 ; 54 : 24-35.
田中信治, 木村敏久. 大きいポリープはどこまで治療できるか. 深達度からの限界-sm細分類からみた適応と限界 : 浸潤先進部の組織学的分化度の重要性. 多田正大ほか編. 大腸ポリペクトミーはどこまで必要か. 東京 : 日本メディカルセンター ; 1997. p.89-93.
大腸癌研究会編. 大腸癌治療ガイドライン 医師用. 2005年版. 東京 : 金原出版 ; 2005.
大倉康男ほか. 大腸SM癌浸潤距離計測の実際. 胃と腸. 2009 ; 44 : 1263-78.
P.101 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
Sobin LH, et al. TNM classification of Malignant Tumors. 7th ed. New York : Wiley-Blackwell ; 2009.
Akagi Y, et al. Predicting oncologic outcomes by stratifying mesorectal extension in patients with pT3 rectal cancer : a Japanese multi-institutional study. Int J Cancer. 2011 Oct 25. doi : 10.1002/ijc.27315. [Epub ahead of print]
溝部智亮ほか. 大腸癌の病理組織診断の記載, その基準 1). 大腸癌Frontier. 2009 ; 2 (2) : 118-24.
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第6版. 東京 : 金原出版 ; 1998.
P.107 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
下田忠和. 第74回大腸癌研究会プロジェクト研究「転移・予後因子としてのリンパ管・静脈侵襲程度の再評価」. 2011年1月. 大腸癌研究会HP http://www.jsccr.jp/
三富弘之ほか. 大腸の脈管構造と大腸癌の脈管侵襲の判定方法-特殊染色の有用性も含めて. 早期大腸癌. 2001 ; 5 : 441-7.
Mitomi H, et al. Venous invasion and down regulation of p21WAF1/CIP1 are associated with metastasis in colorectal carcinomas. Hepato-gastroenterology. 2005 ; 52 : 1421-6.
三富弘之ほか. lyやvを4段階でなく, 2段階にすることの是非は? 大腸癌FRONTIER. 2009 ; 2 : 45-7.
林大久生ほか. そこが知りたい消化管腫瘍病理. 脈管 (リンパ管, 静脈) 侵襲について. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 626-34.
大腸癌研究会編. 大腸癌治療ガイドライン 医師用. 2010年版. 東京 : 金原出版 ; 2010.
岩下明徳ほか. 直腸カルチノイド腫瘍の臨床病理学的検索-転移例と非転移例の比較を中心に. 胃と腸. 2005 ; 40 : 151-62.
山永成美ほか. リンパ節転移を来した腫瘍径4mmの直腸カルチノイドの1例. 日消外会誌. 2009 ; 42 : 696-701.
P.115 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌治療ガイドライン 医師用. 2010年版. 東京 : 金原出版 ; 2010.
今井環. 人体癌腫発育状況の形態学的考察. 福岡医誌. 1954 ; 45 : 72-102.
河内洋ほか. SM癌治療における簇出の意義. 武藤徹一郎監, 杉原健一ほか編. 大腸疾患NOW 2009. 東京 : 日本メディカルセンター ; 2009. p. 127-32.
P.118 掲載の参考文献
P.123 掲載の参考文献
P.129 掲載の参考文献
菅井 有ほか. 大腸鋸歯状病変の臨床病理学的特徴と分子病理学的意義. 胃と腸. 2011 ; 46 : 373-83.
三富弘之ほか. 癌併存大腸広基性鋸歯状腺腫/ポリープの臨床病理学的特徴. 胃と腸. 2011 ; 46 : 384-93.
P.136 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京: 金原出版; 2009.
工藤進英. 早期大腸癌-平坦陥凹型へのアプローチ. 東京: 医学書院; 1993.
工藤進英ほか. いわゆる側方発育型大腸腫瘍の定義の歴史. 胃と腸. 2005 ; 40 : 1721-5.
早期胃癌研究会編. 大腸のいわゆる結節集簇様病変とは. 胃と腸. 1992 ; 27 : 387-438.
二村聡ほか. 側方発育型大腸腫瘍の病理診断. 病理と臨. 2007 ; 25 : 653-63.
工藤進英, 塩飽洋生. 大腸IIc型, LST-NG pseudo-depressed type, 陥凹型由来と思われるIIa+IIcおよびIs+IIcの背景因子-アンケート調査から. 早期大腸癌. 2008 ; 12 : 591-7.
P.143 掲載の参考文献
P.154 掲載の参考文献
Oberndorfer S. Karzinoide Tumoren des Dunndarms. Frankfurt Z Path. 1907 ; 1 : 426-32.
大和哲郎, 武藤賢二. 虫垂Carcinoidの1例. 外科診療. 1967 ; 9 : 861-5.
岩下明徳ほか. 虫垂の杯細胞カルチノイド (goblet cell carcinoid). 癌の臨床. 1981 ; 27 : 268-75.
岩下明徳ほか. 虫垂の杯細胞カルチノイド (goblet-cell carcinoid). 杯細胞カルチノイドは本当にカルチノイド腫瘍の1 variantか? 胃と腸. 1989 ; 24 : 939-47.
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
Bosman FT, et al. WHO Classification of Tumours of the Digestive System. Lyon : IARC ; 2010.
遠城寺宗知, 渡辺英伸. 消化管カルチノイドの病理組織学. 胃と腸. 1975 ; 10 : 615-24.
岩渕三哉ほか. 消化管内分泌細胞腫瘍の概念・分類・病理診断. 臨消内科. 2006 ; 21 ; 1361-76.
岩渕三哉. カルチノイド腫瘍と内分泌細胞癌. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.75-90.
Berardi RS, Chen H. Goblet cell carcinoid of the appendix. Int Surg. 1989 ; 74 : 109-10.
Varisco B, et al. Adenocarcinoid of the appendix : Is right hemicolectomy necessary? : meta-analysis of retrospective chart reviews. Am Sur. 2004 ; 70 : 593-3.
P.163 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
東原宣之ほか. 腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した虫垂粘液嚢胞腺癌の一例. 日臨外科会誌. 2005 ; 60 : 1099-104.
Hamilton SR, Aaltonen LA. WHO Classification of Tumours. Pathology and Genetics of Tumours of the Digestive System. Lyon : IARC ; 2000.
石黒成治ほか. 虫垂粘液嚢胞腺腫. 消化管症候群 (第2版) その他の消化管疾患を含めて. 日本臨牀別冊消化管症候群 (下). 2009. p.633-5.
梶原由規ほか. 虫垂粘液嚢胞腺癌. 消化管症候群 (第2版) その他の消化管疾患を含めて. 日本臨牀別冊消化管症候群 (下). 2009. p.642-4.
Costa MJ. Pseudomyxoma peritonei. Histologic predictors of patient survival. Arch Pathol Lab Med. 1994 ; 118 : 1215-19.
中泉昭彦ほか. 腹水の臨床所見と画像診断. 病理と臨. 2010 ; 28 : 1161-6.
林大久生ほか. 虫垂腫瘍. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.156-64.
P.169 掲載の参考文献
大腸癌研究会編. 大腸癌取扱い規約. 第7版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2009.
稲次直樹. 日本における肛門管悪性腫瘍性病変の現状. 日本大腸肛門病会誌. 2008 ; 61 : 967-70.
八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.165-71.
Fenoglio-Preiser CM, ed. Gastrointestinal Pathology. An Atlas and Text. 3rd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2008. p.1037-79.
Welton ML, et al. Tumors of the Anal Canal. In : Bosman FT, et al, eds. WHO Classification of Tumors of the Digestive System. Lyon : IARC ; 2010. p.183-94.
P.177 掲載の参考文献
平井孝ほか. 炎症性腸疾患と大腸癌-第55回大腸癌研究会アンケート結果. 胃と腸. 2002 ; 37 : 887-93.
武藤徹一郎ほか. 潰瘍性大腸炎に出現する異型上皮の病理組織学的判定基準. 日本大腸肛門病会誌. 1994 ; 47 : 547-51.
味岡洋一ほか. Colitic cancer/dysplasiaの病理組織学的特徴. 胃と腸. 2002 ; 37 : 956-70.
田中正則. 通常腺腫とcolitic cancer/dyslasiaの鑑別. 胃と腸. 2002 ; 37 : 971-9.
松田圭二, 渡邉聡明. IBD cancer. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.255-60.
P.208 掲載の参考文献
P.219 掲載の参考文献
八尾隆史ほか. 大腸SSA/Pの病理組織学的特徴と診断基準-大腸癌プロジェクト研究から. 胃と腸. 2011 ; 46 : 442-8.
Mccoll I, et al. Juvenile polyposis coli. Proc R Soc Med. 1964 ; 57 : 896-7.
近藤富雄ほか. 小児におけるPeutz-Jeghers症候群について. 小児臨. 1986 ; 8 : 1949-54.
八重樫寛治, 宇都宮譲二. Peutz-Jeghers症候群のNatural historyとその治療. 最新医学. 1981 ; 36 : 134-42.
上野直嗣ほか. 前胸部, 背部に多発性の角化性丘疹を認めたCowden病の1例. 胃と腸. 2000 ; 35 : 461-7.
Helwig EB, Ranier B. Inflammatory fibroid polyp of stomach. Surg Gynecol Obstet. 1953 ; 96 : 355-67.
P.230 掲載の参考文献
八尾隆史, 恒吉正澄. 悪性と誤りやすい良性疾患, 良性と誤りやすい悪性腫瘍 組織診編 大腸. 病理と臨床. 2006 ; 24巻臨増 : 87-93.
諸橋聡子ほか. 腫瘍関連性病変. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.112-25.
中島安孝ほか. 食道血管腫の1例. Prog Dig Endosc (消化器内視鏡の進歩). 1992 ; 40 : 241-4.
五十嵐誠治, 固武健二郎. 腹腔細胞診の判定と臨床的意義. 八尾隆史, 藤盛孝博編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.218-24.

5章 症例の実際

P.254 掲載の参考文献
Hasegawa T. Zur Kenntinis der Stromaverknocherung in Karzinomen des Digestionstraktes. Wien Klin Wochenschr. 1923 ; 36 : 653-6.
Dukes CE. Ossification in rectal cancer. Proc R Soc Med. 1939 ; 32 : 1489-94.
佐々木攻ほか. 骨化生を合併した原発性S状結腸硬性癌の1例. 胃と腸. 1982 ; 17 : 427-34.
Groisman GM, et al. Osseous metaplasia in benign colorectal polyps. Arch Pathol Lab Med. 1994 ; 118 : 64-5.
山田良宏ほか. 骨形成を認めた大腸未分化癌の1例. 日消外会誌. 1998 ; 31 : 114-8.
P.256 掲載の参考文献
Coffin CM, et al. Extrapulmonary inflammatory myofibroblastic tumor : a clinical and pathological survey. Sem Diag Pathol. 1998 ; 15 : 85-101.
Coffin CM, Fletcher JA. Inflammatory myofibroblastic tumor. WHO Classification of Tumours. Pathology and Genetics of Tumours of Soft Tissue and Bone : Fletcher CDM, Unni KK, eds. Lyon : IARC ; 2002. p.91-3.
山元英崇. 炎症性筋線維芽細胞腫瘍. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 軟部腫瘍. 長谷川匡, 小田義直編. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.26-31.

最近チェックした商品履歴

Loading...