遺伝子操作時代の権利と自由

出版社: 緑風出版
著者:
発行日: 2012-11-15
分野: 医学一般  >  医学一般
ISBN: 9784846112172
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

商品紹介

本書は、私たち人間の権利と人格的完全性と地球の生物学的完全性を保護するために、遺伝子革命の社会的・生物的な意味を評価し、その応用を民主的に制御するために、遺伝子権利章典を提案する。

目次

  • 遺伝子操作時代の権利と自由
     
    ―目次―

    第1部 生物多様性
     第1章 遺伝学、「自然権」および生物多様性の保護
     第2章 生物多様性を保護する権利
          ─国際法と国際的理解に基づく概念

    第2部 生命特許
     第3章 生命特許と民主主義的な諸価値
     第4章 新しい囲い込み運動
         ─なぜ市民社会と政府は生命特許の先を見据えるべきか
     第5章 生命特許は技術と科学的アイデアの自由な交換を妨げる

    第3部 遺伝子組み換え食品
     第6章 遺伝子操作されていない食品
         ─それは人々にとり権利以上のもの
     第7章 非遺伝子組み換え食品に対する権利
         ─トウモロコシの汚染例
     第8章 安全な食品に対する公衆の権利を確保すること

    第4部 先住民族
     第9章 自己決定と自己防衛の行動
         ─生物植民地主義に対する先住民族の対応
     第10章 世界貿易と知的財産
          ─先住民族の遺伝子資源に対する脅威
     第11章 先住民族と伝統的な資源を守る権利

    第5部 環境中の遺伝毒性物質
     第12章 遺伝子の完全性に対する権利を擁護する
     第13章 化学的に誘発された突然変異による人間への健康影響の
          解明に向けて再びゲノム学に注目する

    第6部 優生学
     第15章 生殖の自律vs国家の優生学的・経済的関心
     第16章 障害者の権利から見た優生学

    第7部 遺伝的プライバシー
     第17章 医療制度における遺伝的プライバシー
     第18章 個人のプライバシーに対するバイオテクノロジーの挑戦

    第8部 遺伝子差別
     第19章 遺伝子差別禁止法を超えて
     第20章 職場での遺伝子差別を分析する
     第21章 障害者の権利と遺伝子差別

    第9部 無実を証明するDNAの証拠
     第22章 有罪判決後にDNA鑑定を受ける基本的な権利
     第23章 犯罪科学上の証拠としてのDNA
          ─独立の専門家の補助を受ける刑事被告人の権利

    第10部 出生前の遺伝子改変
     第24章 人間の発生が修正される危険
     第25章 ポスト・ヒューマンの未来における人間の権利
     第26章 胎児と胚の権利ですって?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...