統合的方法としての認知療法

出版社: 岩崎学術出版社
著者:
発行日: 2012-11-12
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784753310531
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,080 円(税込)

商品紹介

心理臨床の主流となりつつある認知療法は,行動療法,さらにその他の学派の要素をも取り込んで発展する可能性を秘めている。本書では日本認知療法学会(2011年)の講演やシンポジウムを中心に,認知療法の現在と未来を考察する。研究から臨床まで,各分野の第一人者によって著された心理臨床家必読の書。

目次

  • 統合的方法としての認知療法

    ―目次―

    序 章 認知療法の発展に寄せて
     1.はじめに
     2.3 つのレベルのエビデンス
     3.おわりに

    第?部 総  論
     はじめに
    第1章 統合的方法としての認知療法
     1.心理療法の歴史的概観
     2.哲学から見た心理学,心理療法
     3.認知療法と他学派との関係
     4.心理療法の統合性
     5.認知療法の統合的理解
     6.まとめにかえて:統合的方法としての認知療法

    第II部 理論と研究
     はじめに
    第2章 認知療法の理論的展開
     1.歴史・哲学的淵源
     2.Beck の着眼
     3.サイコセラピーの基準
     4.理論・治療の科学的基礎
     5.作用機序
     6.受  容
     7.統合の観点
     8.治療者論
    第3章 パーソナリティ障害に対するスキーマ療法の進歩 
     1.スキーマ療法の定義
     2.中心的な前提と幼少期の中核的欲求,大まかな目標
     3.基本的なスキーマモデルの特徴
     4.より困難な事例と取り組むためのモードアプローチの開発
     5.スキーマモードの概念
     6.モードアプローチの適用とモード戦略
     7.モードに対するスキーマ療法の目標
     8.スキーマ療法の無作為化比較研究
     9.治療的再養育法
     10.例:懲罰的ペアレントモードに対する取り組み
     11.スーパーヴィジョンで扱うべきよくある治療者の
        落とし穴とスキーマ
    第4章 認知療法研究における質的研究の役割(岩壁茂)
     1.はじめに
     2.実証的に支持を得た心理治療
     3.ESTs の成功率
     4.効果の仕組み
     5.変わりゆくエビデンスの定義
     6.質的研究
     7.質的研究の目的
     8.質的研究とパラダイム
     9.質的研究のプロセスと方法
     10.量的研究と質的研究の「質」
     11.認知療法研究における質的研究の役割
     12.主観的体験とグラウンデッドセオリー法
     13.面接プロセスのモデル化と課題分析
     14.研究と実践を結ぶ系統的事例研究
     15.おわりに

    第III部 臨  床
     はじめに
    第5章 認知行動療法の臨床的発展
     1.はじめに:本章のコンセプト
     2.認知行動療法の歴史的起源
     3.認知行動療法の臨床的展開
     4.様々な場での認知行動療法の実践
     5.おわりに
    第6章 認知療法と治療関係
     1.はじめに
     2.治療関係と認知療法
     3.事  例
     4.総合考察
    第7章 感情調節困難の認知行動療法
         ―日本でのBPD などの支援の可能性
     1.はじめに
     2.弁証法的行動療法
     3.スキーマ療法
     4.討  論
    終 章 認知療法のこれから

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...