統合失調症だけど大丈夫

出版社: 永井書店
著者:
発行日: 2012-11-30
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784815919061
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,650 円(税込)

商品紹介

「統合失調症だけど大丈夫」,この言葉は著者が患者とその家族にかけている言葉である。統合失調症は必ず“良くなる”病気だと理解してもらうとともに,著者の治療法に対する強い信念が込められている。本書では,著者の診療姿勢・方針とともに.著者の治療を受け,ライトに(前向きに,軽やかに)生きようとする方々の症例も多数掲載している。

目次

  • 統合失調症だけど大丈夫

    ―目次―

    第1章 統合失調症治療の切り札は病識である
     1.治療を始めるにあたって大切なこと
     2.どう治療するか
        ― からだの病気であり,こころの病気である
     3.薬が効く素地 ― 薬物療法と患者心理教育との関係
     4.薬の効果とレジリエンス
     5.統合失調症治療の切り札としての病識

    第2章 病名告知とは,患者と家族に対して
         説明・教育することである
     1.統合失調症をどう告知するか
     2.病識と患者心理教育 ― 自分だけじゃない
     3.病識を維持するには
     4.教育?対処?相談モデルと回復
     5.病名告知と,クライエント・パスとリカバリー・パス

    第3章 統合失調症は,高血圧症や糖尿病の治療と
         同じように考え,治療すると良い
     1.高血圧症をたとえにして統合失調症治療を説明する
     2.糖尿病をたとえにして統合失調症治療を説明する
     3.高血圧症や糖尿病のように治療するための大事な指導

    第4章 適切な統合失調症治療
     1.統合失調症治療の基本的考え
     2.統合失調症の薬物療法
     3.統合失調症の心理社会的療法

    第5章 統合失調症だけど大丈夫
     1.「統合失調症だ」と「統合失調症だけど大丈夫」
     2.「統合失調症だけど大丈夫」と思えるようになった患者の例

    第6章 統合失調症だけど大丈夫だと自信を持ち,あるいは
         持とうとして,病からの回復に向けて治療を
         続けている患者たち
     1.病気とうまく付き合い,再入院を避けることができている例
     2.SDM(情報共有下の医師と患者による治療法の選択)で
        薬物選択し安定している例
     3.引きこもりから脱出できた例
     4.社会復帰に向けて作業所に通えている例
     5.社会復帰に向けてボランティアをしている例
     6.社会復帰に向けて仕事に就いている例
     7.ご家族の患者さんへの接し方の変化が,
        患者さんの病状の安定化をもたらした例
     8.短期教育入院により,レジリエンスの増大が見られた例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...