免疫学Update

出版社: 南山堂
著者:
発行日: 2012-12-10
分野: 基礎医学  >  免疫/血清
ISBN: 9784525167714
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,160 円(税込)

商品紹介

自然免疫系,獲得免疫系の基礎研究を主軸とし,免疫疾患の病態の解明から臨床応用への展開,さらに骨免疫学や神経免疫学,慢性炎症など学際的研究まで多面的展開を示す免疫学は多くの者を魅きつけ,これまでも抗体医薬や分子標的薬の形で臨床の場にも革命的な成果をもたらした。次世代を担う研究者や医学者へ,必読かつ待望の新レビュー集第1弾。

目次

  • 免疫学Update

    ―目次―

    第?部 自然免疫研究の展開
     第1章 パターン認識受容体(PRR)の展開 
     第2章 ウイルス感染における細胞内センシング機構 
     第3章 RNAと自然免疫 
     第4章 NK細胞 
     第5章 ナチュラルキラーT細胞 
     第6章 免疫系における好塩基球の重要性 
     第7章 自然リンパ球のサブセットとThサブセット 

    第II部 獲得免疫研究の展開
     第8章 T細胞の活性化・抑制シグナルとその制御機構 
     第9章 Th1,Th2,Th17─その発見から最新の知見まで─  
     第10章 制御性T細胞  
     第11章 T細胞の免疫記憶   
     第13章 粘膜免疫   
     第15章 B細胞活性化機構とB細胞エフェクター機能  

    第III部 免疫病態の解明と疾患治療の展開
     第16章 ケモカインと免疫応答・免疫病態 
     第17章 アレルギー疾患研究最前線 
     第18章 免疫系ヒト化マウスを用いたヒト免疫と疾患の理解 
     第19章 ライブイメージングによる免疫動態の解明 
     第20章 自己免疫疾患研究
          ─T細胞を中心とした新しい治療法と今後の展望─
     第21章 抗体医薬  
     第22章 がん免疫療法の進歩と今後の展開
          ─がんワクチン治療と補助シグナル制御を中心に─
     第23章 ワクチン開発研究の展開 

    第IV部 学際的免疫研究の展開
     第24章 疾患生物学  
     第25章 ゲノム研究と免疫疾患  
     第26章 骨免疫学の新展開  
     第27章 神経免疫学の展 開
          ─視神経脊髄炎(NMO)の免疫病態と治療─  
     第28章 セマフォリン分子群と免疫疾患 
     第29章 慢性炎症を分子レベルで理解する
          ─がん,肥満,代謝性疾患との関係─

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...