骨粗鬆症治療 11/4 2012年12月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2012-12-07
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 1347572X
雑誌名:
特集: 骨粗鬆症におけるビタミンD
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

目次

  • 骨粗鬆症治療 11/4 2012年12月号

    ―目次―

    特集 骨粗鬆症におけるビタミンD

    □巻頭連載
      目で見るBone Biology 第32回
      Sclerostin

    ■特集:骨粗鬆症におけるビタミンD
     Overview
     ビタミンD摂取の現状        
     血中ビタミンD測定とその臨床応用  
     ビタミンDの作用─骨・カルシウム代謝のほか、
      細胞分化、筋肉や転倒との関連など   
     ビタミンD代謝
     新規活性型ビタミンD3製剤エルデカルシトールの特徴
     骨粗鬆症治療におけるビタミンD,SERM、
      ビスフォスフォネート製剤の位置付け        
     
    □連載

    ●EBM講座 第39回
      抗RANKL抗体デノスマブの骨転移に対する効果    

    ●画像診断教室 第34回
      応用編  症例呈示とQ&A(7)          
    ●最新用語解説 第41回
      基礎 ミニモデリング               
      臨床 ホモシステイン

    ●骨粗鬆症Q&A 第41回
     ・F RAXを用いて骨粗鬆症治療薬の骨折抑制効果を
       検討したエビデンスはありますか?
     ・PTHの週1回製剤と連日製剤の違いについて教えてください

    ●Bone Journal Club
     FGF21はPPARγによる分化制御の活性化を介して
      骨量を低下させる  
     ALK2の病的変異はiPS細胞のリプログラミングと維持を阻害する
     ヒト多形核好中球はRANKを発現し、そのリガンドである
      RANKLによって活性化される     

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...