「統合失調症」からの回復を早める本

出版社: 法研
著者:
発行日: 2013-02-14
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784879549471
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,760 円(税込)

商品紹介

統合失調症は「100人に1人が発症する可能がある」といわれるほど、私たちにとって身近な病気です。症状は幻覚や妄想、興奮、昏迷などさまざまな様相を呈しますが、統合失調症は発症から治療開始までの未治療期間が長くなるほど経過が悪くなる傾向にあります。逆に、できるだけ早く病気を発見し、治療に結び付けば(早期介入)、その後の経過は順調に推移するわけであり、この早期介入から早期治療に至る流れをどうスムーズに展開させるかが、現在の統合失調症治療のテーマとなっています。本書は統合失調症の基本的な情報はもとより、この早期介入・早期治療を実現させるための知識を網羅。病気から速やかに回復するための方法をわかりやすく解説します。

目次

  • 「統合失調症」からの回復を早める本

    ―目次―

    第1章 統合失調症の基礎知識
    ●統合失調症とはどんな病気なのか?
    ●発症原因の仮設
    ●思春期から青年期に発症しやすい
    ●統合失調症の経過は4期にわけられる……等々

    第2章 症状に垣間見える"病気の姿"
    ●3つの特徴的な症状
    ●代表的な症状―幻聴
    ●幻覚・幻想の特徴
    ●認知機能と統合失調症……等々

    第3章 診断と治療の最新知識
    ●受診と診断の流れ
    ●早期発見・早期治療の重要性
    ●気づいてあげたい"最初の症状"
    ●思春期の早期介入の問題点
    ●治療開始に際して知っておくべきこと……等々

    第4章 家族のかかわり方と社会復帰
    ●入院中に家族ができること
    ●自宅療養の接し方
    ●精神科リハビリテーションについて……等々

    第5章 社会福祉制度を活用する
    ●積極的な社会参加を促すために
    ●さまざまな所得制度
    ●変わりつつある精神保健医療…等々

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...