臨床成人病 31/8 8月号

出版社: 東京医学社
発行日: 2001-09-05
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
雑誌名:
特集: インスリン抵抗性と生活習慣
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,592 円(税込)

インスリン抵抗性は、インスリン作用のうち特に血糖効果作用の低かを指標に論じられることが多い。インスリン抵抗性の原因は、遺伝因子によるもの、環境因子や二次的原因によるものなど多岐にわたるが、近年ライフスタイルの変化によりインスリン抵抗性が増大し、糖尿病の急速な発症 進展に寄与しているほか、動脈硬化性疾患の基礎となるマルチプルリスクファクター症候群の中心的な病態として、臨床的に重要性を増している。

目次

  • 臨床成人病  31/8 8月号

    ―目次―
    特集 インスリン抵抗性と生活習慣
    ―インスリン抵抗性を起こす機序はここまで明らかになった
    今月の問題点―鼎談
    インスリン抵抗性の臨床
    overview
    インスリン抵抗性とは
    糖代謝
    ・高インスリン血症とインスリン抵抗性
    ・高血糖とインスリン抵抗性―糖毒性
    生活習慣
    ・肥満とインスリン抵抗性
    ・高脂肪食とインスリン抵抗性
    ・運動不足とインスリン抵抗性
    インスリン抵抗性症候群
    ・内臓肥満とインスリン抵抗性
    ・高血圧とインスリン抵抗性
    ・高脂血症とインスリン抵抗性

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...