研修医のための臨床検査・病理超マニュアル

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2013-04-20
分野: 臨床医学:一般  >  臨床検査診断
ISBN: 9784758117364
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

商品紹介

臨床検査と病理検査をこの1冊で総合的に身につけられる!各検査の考え方や適切なオーダー法,結果の正しい解釈法などについて,本当に必要な知識を厳選.カラー写真が満載なので,アトラスとしても使える!

目次

  • 研修医のための臨床検査・病理超マニュアル

    ―目次―

    ? 検体検査を読み切る!
     1 血液検査(血算・生化学・凝固・免疫)
      1)検体提出時の注意
      2)血算 〜血算をあなどるな!たかが血球,されど血球!
      3)生化学検査 
        〜肝腎機能をみる!オーダーしすぎないが「肝腎」!
      4)凝固検査 〜凝固・線溶モニタリングとDICの診断
      5)免疫検査と内分泌検査 
        〜意外と盲点,意外とキモ,免疫検査
     2 尿検査(定性・尿沈渣・定量)
      1)検体提出時の注意
      2)定性検査 〜定性は,蛋白・潜血・尿糖を押さえろ!
      3)尿沈渣 〜正常所見と異常所見を理解する!
      4)代表的な尿定量検査,その他の検査
     3 微生物検査
      1)検体採取法・輸送法・保存法
      2)微生物検査のオーダー
      3)微生物検査の基礎知識
      4)塗抹検査
      5)人体の常在菌
      6)主な検体と検出菌
      7)抗菌薬感受性検査
      8)主な耐性菌
      9)感染制御の基本
     4 輸血検査(血液型検査・不規則抗体・クロスマッチ)
      1)検体提出時の注意
      2)不適合輸血を防ぐための検査
      3)緊急時の輸血・大量輸血時の輸血検査

    II 病理検査を読み切る!
     1 検体提出方法 
      1)細胞診の場合
      2)組織診の場合
     2 細胞診断 
      1)細胞診断の基礎
      2)頻出細胞診アトラス
     3 組織診断 
      1)組織診断の基礎
      2)代表的悪性腫瘍の組織診断
      3)肝炎・腎炎の組織診断
      4)免疫組織化学染色の種類と意義

    診療応用編Q&A 〜どんな検査をオーダーするか?〜
     Q1 健診で血尿を指摘された患者が来院した.
        さて,どうする?
     Q2 健診で尿蛋白陽性を指摘された患者が来院した.
        さて,どうする?
     Q3 メタボリック症候群が疑われる患者が来院した.
        さて,どうする?
     Q4 メタボリックにならないか心配する患者が来院した.
        さて,どうする?
     Q5 「朝のこわばりがある」と訴える患者が来院した.
        さて,どうする?
     Q6 高血圧症の患者が来院した.さて,どうする?
     Q7 「風邪みたいです」と話す患者が来院した.
        さて,どうする?
    Q8 漠然とした主訴の患者が来院した.さて,どうする?

    付録
     1)順天堂大学練馬病院パニック値報告一覧
     2)主要な検査項目基準値一覧

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...