未来材料を創出するπ電子系の科学

出版社: 化学同人
著者:
発行日: 2013-03-30
分野: 基礎医学  >  基礎医学一般
ISBN: 9784759813722
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

商品紹介

分子に多様な機能や構造をもたらすπ電子に焦点を当て,超分子的集積化ならびに光・電子・磁場の影響など,さまざまな相互作用の研究を紹介.フラーレンやポルフィリンに代表されるπ電子系化合物の合成,物性解明,さらには機能発現に関する研究,π電子系による新物質創製,新材料創製,機能開拓など,新現象の発見や新概念の創出につながる研究の基礎と応用を取り上げる.

目次

  • 未来材料を創出するπ電子系の科学

    ―目次―

    PartI 基礎概念と研究現場
    1章 フロントランナーに聞く(座談会)
    2章 π電子系分子の基礎 
    3章 π電子研究の歴史と将来展望
    4章 ようこそ!研究室へ 広島大学・瀧宮和男 研究ラボ
    5章 論文にみる最重要概念と革新実験データ
    6章 学会・シンポジウム・研究会の紹介

    PartII 研究最前線
    1章 精密合成が拓くπ電子科学
    2章 芳香族連結輪状分子シクロアリーレンの科学
    3章 金属内包フラーレンのπ電子科学
    4章 分子内包フラーレンのπ電子科学
    5章 カーボンナノチューブのπ電子化学
    6章 π電子を操るポルフィリン科学
    7章 典型元素が鍵を握るπ電子科学
    8章 典型元素不飽和結合のπ電子科学
    9章 直接観察から探るπ電子科学
    10章 新しいπ電子系の化学
    11章 有機中性ラジカルのπ電子科学
    12章 アップコンバージョンを用いた新しい有機EL発光材料
    13章 有機薄膜太陽電池のπ電子科学
    14章 超伝導物質のπ電子科学
    15章 π電子系の伝導物性をはかる
    16章 蛍光発光スイッチ機能をもったタンパク質ラベル化技術の
        開発による細胞内標的分子イメージング

    PartIII 役に立つ情報・データベース
    1) この分野を発展させた革新論文43
    2) 覚えておきたい関連最重要用語
    3) 知っておくと便利!関連有用情報

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...