専門医のための眼科診療クオリファイ 17 裂孔原性網膜剥離―How to treat

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2013-06-20
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784521734750
シリーズ: 専門医のための眼科診療クオリファイ
電子書籍版: 2013-06-20 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

15,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

15,950 円(税込)

商品紹介

他の病態所見との鑑別法,裂孔位置の探索法,術式,術後の合併症などあらゆるアングルから解説.特に強膜内陥術,硝子体手術については,広角観察法や小切開手術などの最新事情を詳述.

目次

  • 専門医のための眼科診療クオリファイ 17
    裂孔原性網膜剥離―How to treat

    ―目次―

    1.検査と診察
    2.鑑別を要する病態
    3.治療
    4.特殊な網膜剥離
    5.合併症

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 検査と診察

P.2 掲載の参考文献
2 田野保雄 : 網膜硝子体手術のトラブルシューティング 起こりうることはいつか必ず起こる. 眼科診療プラクティス 53 網膜硝子体手術のトラブルシューティング. 東京 : 文光堂 ; 1999. p.2-5.
P.5 掲載の参考文献
i Negi A, et al : Quantitative estimation of metabolic transport of subretinal fluid. Invest Ophthalmol Vis Sci 1986 ; 27 : 1564-1568.
iii Kita M, et al : Retinal adhesive force in living rabbit, cat and monkey eyes. Nomative data and enhancement by mannitol and acetazolamide. Invest Ophthalmol Vis Sci 1992 ; 33 : 1879-1882.
iv Kita M, et al : Effects on retinal adhesive force in vivo of metabolically active agents in the subretinal space. Invest Ophthalmol Vis Sci 1992 ; 33 : 1883-1887.
P.10 掲載の参考文献
P.13 掲載の参考文献
2 南高正ら : Domestic violence により巨大裂孔網膜剥離をきたした一例. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 1183-1187.
P.30 掲載の参考文献
1 田中住美 : I. 裂孔原性網膜剥離の治療の前に. 2. 裂孔の見つけ方. 眼科診療プラクティス 69 裂孔原性網膜剥離. 東京 : 文光堂 ; 2001. p.10-15.
2 田中住美 : II. 網膜裂孔と網膜剥離の検出. 1. 裂孔原性網膜剥離. 眼科診療プラクティス 30 理に適った裂孔原性網膜剥離. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.34-42.
3 Kanski JJ : Retinal detachment : Colour manual of diagnosis and treatment. London : Butterworth ; 1996.
4 田中住美ら : 硝子体手術既往のある増殖硝子体網膜症における残存皮質. 臨床眼科 2009 ; 63 : 311-314.
5 Tolentino FI, et al : Vitreoretinal Disorders. Philadelphia : Saunders ; 1976.
P.36 掲載の参考文献
1 尾関良枝ら : 眼底透見不能な裂孔原性硝子体出血20症例の検討. 眼科手術 1991 ; 4 : 515-517.
2 伊達純代ら : 網膜剥離の超音波診断に関する研究 (第2報) 裂孔原性硝子体出血. 日本眼科紀要 1993 ; 44 : 717-722.
3 南政宏ら : 眼底透見困難 (不能) 例. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.292-293.
P.38 掲載の参考文献
1 Wilkinson CP, et al : Preoperative evaluation. In : Michels Retinal Detachment. 2nd ed. St Louis : Mosby-Year Book ; 1997. p.335-389.
2 Schepens CL : Methods of examination. In : Retinal Detachment and Allied Diseases. Philadelphia : W. B. Saunders ; 1983. p.99-133.
P.42 掲載の参考文献
P.52 掲載の参考文献
1 Rendahl I : The electroretinogram in retinal detachement. Mod Probl Ophthalmol 1967 ; 5 : 128-137.
4 Doslak MJ, et al : A theoretical study of the effect of vitreous hemorrhage on the electroretinogram. Invest Ophthalmol Vis Sci 1984 ; 25 : 233-235.
5 Katsumi O, et al : Diagnosis and management of massive vitreous hemorrhage caused by retinal tear. Jpn J Ophthalmol 1989 ; 33 : 177-184.
P.57 掲載の参考文献
i 大黒浩ら : 視細胞における光情報伝達について. 眼科最先端. 東京 : 先端医療技術研究所 ; 1999. p.89-95.
iv 大黒浩 : 網膜色素変性に対するあたらしい薬物治療の可能性. 日本眼科学会雑誌 2008 ; 112 : 7-21.
v 前田忠郎ら : 網膜変性疾患とレチノイドサイクル. 日本眼科学会雑誌 2009 ; 113 : 83-94.

2 鑑別を要する病態

P.62 掲載の参考文献
P.67 掲載の参考文献
2 吉岡久春 : 異型中心性脈絡網膜症. 増田義哉編. 教授退職記念誌 1973 : 262-279.
3 宇山昌延ら : Multifocal posterior pigment epitheliopathy多発性後極部網膜色素上皮症とその光凝固による治療. 臨床眼科 1977 ; 31 : 359-372.
4 飯田知弘ら : 赤外蛍光造影による胞状網膜剥離の脈絡膜病変の検討. 日本眼科学会雑誌 1995 ; 99 : 945-954.
5 町田繁樹ら : Bullous retinal detachmentの脈絡膜病変とその外科的治療法. 日本眼科学会雑誌 1997 ; 481-486.
P.70 掲載の参考文献
1 Duke-Elder, et al : Detachment and folding of the retina. System of Ophthalmology, vol.x. London : Henry Kimpton ; 1967. p.771.
2 Roy FH : Retinal detachment (separation of the retina between the neural retina and the pigment epithelium). In : Ocular Differential Diagnosis, 2nd ed. Philadelphia : Lea & Febiger ; 1975. p.415.
3 Apple, et al : Nonrhegmatogenous detachments. In : Clinicopathologic Correlation of Ocular Diseases. A Text and Stereoscopic Atlas, 2nd ed. St Louis : CV Mosby ; 1978. p.316.
4 山下英俊 : 8. 続発性網膜剥離 増田寛次編. 眼科学大系 5A 網膜・硝子体. 東京 : 中山書店 ; 1994. p.251-259.
P.74 掲載の参考文献
1 Kanski JJ, et al : Fundus dystrophies. Diseases of the ocular fundus. London : Elsevier Mosby ; 2005. p.215-217.
2 Ryan SJ : X-linked juvenile retinoschisis. Section 6 Retinal Degenerations and Dystrophies. Retina 4th edition. Philadelphia : Elsevier Mosby ; 2006. p.524-526.
5 Takano M, et al : Foveal retinoschisis and retinal detachment in severely myopic eyes with posterior staphyloma. Am J Ophthalmol 1999 ; 128 : 472-476.
P.80 掲載の参考文献
1 松井端夫訳 : Kanski網膜剥離. 東京 : 医学書院 ; 1998.
5 Uyama M, et al : Uveal effusion syndrome : clinical features, surgical treatment, histologic examination of the sclera, and pathophysiology. Ophthalmology 2000 ; 107 : 441-449.
6 Corey RP, et al : Surgical removal of submacular choroidal neovascularization : a clinicopathologic study and factors influencing visual outcomes.Ophthalmic Surg Lasers 2001 ; 32 : 406-418.
P.94 掲載の参考文献
3 Ferencz JR, et al : Treatment of total exudative retinal detachment due to central retinal vein occlusion by intravitreal bevacizumab in a patient with p-ANCA vasculitis. Clin Ophthalmol 2007 ; 1 : 347-351.
4 諏訪雄三ら : ぶどう膜炎における虹彩血管新生. 日本眼科紀要 1990 ; 41 : 458-461.
P.99 掲載の参考文献
1 竹内聡ら : アトピー性皮膚炎の臨床症状. 古江増隆ら編. 皮膚科臨床アセット 1 アトピー性皮膚炎. 湿疹・皮膚炎パーフェクトマスター. 東京 : 中山書店 ; 2011. p.11.
2 後藤晋ら : 眼自傷行為に対する防御装具の有効性 障害児・者の眼科医療 (その5). 眼科臨床医報 1998 ; 92 : 267-270.
i 小田仁ら : アトピー性皮膚炎の眼合併症. Pharma Medica 1998 ; 16 : 63-67.
ii 山崎雄一郎ら : 成人型アトピー性皮膚炎の諸問題に関する研究 国立病院10 施設における平成7年度の患者調査結果. 医療 1997 ; 51 : 579-584.
iii 後藤晋ら. 重度心身障害児・者の網膜剥離手術 障害児・者の眼科医療 (その3). 眼科臨床医報 1993 ; 87 : 2583-2587.
iv 海老原伸 : アトピー網膜剥離の成因・予防. アレルギーの臨床 2012 ; 32 : 231-235.
v 野田英一郎 : 外傷. 小児科臨床 2010 ; 63 : 951-955.
P.102 掲載の参考文献

3 治療

P.117 掲載の参考文献
i 門之園一明編 : 新ES NOW 4 網膜剥離こうすれば治る. 東京 : メジカルビュー社 ; 2010.
P.120 掲載の参考文献
P.136 掲載の参考文献
1 Michels RG, et al : 10. 手術法. 網膜裂孔の閉鎖. 松井瑞夫ら監訳 : マイケルス網膜剥離. 東京 : 文光堂 ; 1995. p.498-510.
2 荻野誠周 : 4. 強膜ポケット. V. バックル形成. 眼科Surgeonsの会編. 網膜剥離の手術 第2版. 東京 : 医学書院 ; 1996. p.79-83.
3 石郷岡均 : 62. インプラント法による網膜剥離手術. 網膜・硝子体手術. 眼科マイクロサージェリー第4版. 東京 : ミクス ; 1999. p.437-450.
4 田中住美 : 9. インプラント. II. 網膜復位術. 眼科診療プラクティス 26 網膜剥離の診療指針. 東京 : 文光堂 ; 1996. p.88-91.
5 出田隆一 : 5. インプラント. III. バックル手術. 田野保雄ら編. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.96-100.
6 石郷岡均 : 64. インプラント法による網膜剥離手術, VI. 網膜・硝子体手術. 眼科マイクロサージェリー第5版. 東京 : エルゼビア・ジャパン ; 2005. p.539-555.
7 石郷岡均 : 6. 強膜ポケット. III. バックル手術. 田野保雄ら編. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.101-103.
8 石郷岡均 : 裂孔原性網膜剥離-経強膜手術と硝子体手術- . あたらしい眼科 1999 ; 16 : 1341-1346.
9 石郷岡均 : 1. 網膜剥離発症のメカニズムと手術の目標. 眼科診療プラクティス69裂孔原性網膜剥離 : 治療の原点. 東京 : 文光堂 ; 2001. p.6-8.
P.144 掲載の参考文献
3 恵美和幸ら : 硝子体内気体注入による裂孔原性網膜剥離の治療. 日本眼科紀要 1987 ; 38 : 629-635.
5 Gallemore RP, et al : Silicone oil in vitreoretinal surgery. In : Ryan SJ, editor. Retina. 3rd ed. Missouri : Mosby ; 2001. p.2195-2220.
6 大路正人ら : 眼内長期滞留ガス (SF6, C3F8) 使用ガイドライン. 日本眼科学会雑誌 2010 ; 114 : 110-115.
P.149 掲載の参考文献
P.153 掲載の参考文献
P.157 掲載の参考文献
3 鈴間潔 : 硝子体手術の観察装置 (広角観察システムと内視鏡). 眼科 2010 ; 52 : 647-652.
4 小椋祐一郎監修 : 硝子体手術 広角観察システムの基礎と応用. 東京 : 文光堂 ; 2012.
5 井上さつき, ら : ワイドビューイングシステムを用いた裂孔原性網膜剥離の手術成績. 臨床眼科 2009 ; 63 : 1135-1138.
P.164 掲載の参考文献
P.169 掲載の参考文献
i Michels RG ら : 難治性網膜剥離 増殖性硝子体網膜症. マイケルス網膜剥離. 東京 : 文光堂 ; 1995. p.616-649.
ii 林篤志 : 手術法の選択 増殖性硝子体網膜症. 田野保雄ら編. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.274-275.
iii 澤浩 : シリコンオイル 注入, 抜去, シリコンオイル下操作. ES Now illustrated 16 網膜硝子体手術PVRと特殊例. 東京 : メジカルビュー社 ; 2000. p.56-61.
iv 山本修一 : 液体パーフルオロカーボン. 樋田哲夫編. ES Now illustrated 16 網膜硝子体手術PVRと特殊例. 東京 : メジカルビュー社 ; 2000. p.50-55.
v 木村英也 : 増殖硝子体網膜症の硝子体手術. 永田誠監修. 眼科マイクロサージェリー第6版. 東京 : エルゼビア・ジャパン ; 2010. p.646-652.
P.175 掲載の参考文献
P.178 掲載の参考文献
2 大路正人ら : 眼内長期滞留ガス (SF6, C3F8) 使用ガイドライン. 日本眼科学会雑誌 2009 ; 114 : 110-115.
5 Wilkinson CP, et al : Michels retinal detachment. St Louis : Mosby ; 1997.
7 Charles S, et al : Vitreous Microsurgery. 4th edition. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2007.
9 平形明人 : 網膜硝子体手術における眼内タンポナーデ物質. 眼科手術 2000 ; 13 : 199-208.
12 崎元晋ら : 硝子体手術における眼内タンポナーデ物質の実際の選択. 眼科手術 2009 ; 22 : 37-41.
P.189 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
2 寺崎浩子 : シリコーンオイル : その適応と実際の使用法. 眼科手術 2009 ; 22 : 25-30.
3 栗本康夫 : 硝子体手術 シリコーンオイルタンポナーデ. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.186-190.
5 佐宗幹夫 : シリコーンオイルによる合併症とその対策. 眼科診療プラクティス 81 眼内充填物質の使い方. 東京 : 文光堂 ; 2002. p.62-65.
P.203 掲載の参考文献
1 Machemer R, et al : Vitrectomy : a pars plana approach. Trans Am Acad Ophthalmol Otolaryngol 1971 ; 75 : 813-820.
2 O'Malley C, et al : Vitrectomy with an alternative instrument system. Ann Ophthalmol 1975 ; 7 : 585-588.
13 Sato T, et al : Retrospective comparison of 25-gauge vitrectomy with 20-gauge vitrectomy in the repair of retinal detachment complicated with proliferative vitreoretinopathy. Nihon Ganka Gakkai Zasshi 2012 ; 116 : 100-107.
P.208 掲載の参考文献

4 特殊な網膜剥離

P.212 掲載の参考文献
P.217 掲載の参考文献
P.221 掲載の参考文献
1 網膜芽細胞腫全国登録委員会 : 網膜芽細胞腫全国登録 (1975-1982). 日本眼科学会雑誌 1992 ; 96 : 1433-1442.
3 初川嘉一 : 網膜芽細胞腫の最近の治療. 日本の眼科 2009 ; 80 : 1269-1273.
4 金子明博ら : 我々の最近の網膜芽細胞腫の治療. 眼科臨床医報 2004 ; 98 : 498-504.
5 Survival rate and risk factors for patients with retinoblastoma in Japan. The Committee for the National Registry of Retinoblastoma. Jpn J Ophthalmol 1992 ; 36 : 121-131.
P.226 掲載の参考文献
P.229 掲載の参考文献
2 大久保好子ら : 家族性滲出性硝子体網膜症 (FEVR) と若年性裂孔原性網膜剥離. 診断基準と頻度について. 眼科臨床医報 1987 ; 81 : 1805-1810.
3 池田恒彦ら : 家族性滲出性硝子体網膜症-網膜剥離併発例の手術治療を中心として. 眼科臨床医報 1991 ; 85 : 533-539.
4 平形明人 : ここまで治る網膜疾患 小児網膜疾患. あたらしい眼科 1999 ; 16 : 43-50.
P.233 掲載の参考文献
1 樋田哲夫ら : アトピー性皮膚炎に伴う網膜剥離に関する全国調査結果. 日本眼科学会雑誌 1999 ; 103 : 40-47.
P.236 掲載の参考文献
1 長崎比呂志ら : アトピー性皮膚炎に伴った網膜剥離の検討. 外傷との関連性について. 臨床眼科 1989 ; 43 : 724-728.
2 出田秀尚 : アトピー性皮膚炎の網膜剥離-外傷性網膜剥離との類似点. 眼科臨床医報 1994 ; 88 : 1416-1418.
3 後藤浩ら : アトピー性白内障の成因としての外傷の意義. あたらしい眼科 1996 ; 13 : 1728-1732.
4 後藤浩ら : 鈍的外傷による実験的白内障モデルの確立 (予報) - アトピー性白内障の成因としての外傷の意義. あたらしい眼科 1996 ; 13 : 1733-1738.
5 加藤整ら : アトピー性皮膚炎患者における白内障手術と網膜・毛様体上皮裂孔の検討. 日本眼科紀要 1995 ; 46 : 1071-1074.
6 勝島晴美ら : アトピー性皮膚炎患者における白内障手術と網膜剥離. 眼科手術 1995 ; 8 : 472-476.
8 村田茂之ら : アトピー性皮膚炎に伴う網膜剥離に対する硝子体手術成績. 臨床眼科 2001 ; 55 : 1099-1104.
9 広瀬育隆ら : アトピー性皮膚炎に伴う網膜剥離に対する硝子体手術の手術成績. 臨床眼科 2005 ; 59 : 1785-1790.
10 櫻井真彦 : アトピー性皮膚炎に伴う白内障と網膜剥離. 大鹿哲郎編. ES Now illustrated 9 特殊例・難症例の白内障手術. 東京 : メジカルビュー社 ; 1998. p.76-83.
11 松本長太ら : 眼内レンズが網膜下に滑落したアトピー性白内障, 網膜剥離の1例. 日本眼科紀要 1994 ; 45 : 1185-1188.
P.244 掲載の参考文献
P.250 掲載の参考文献
P.253 掲載の参考文献
1 西村哲哉ら : 網膜剥離手術 : 経強膜法の適応と限界-深部裂孔による網膜剥離. 眼科手術 1995 ; 8 : 740-744.
2 上村昭典ら : 深部裂孔による網膜剥離に対する経強膜手術と経硝子体手術との比較. 日本眼科学会雑誌 1995 ; 99 : 1170-1174.
4 北岡隆 : 多発裂孔網膜剥離. 田野保雄ら編. 眼科プラクティス 30 理に適った網膜復位術. 東京 : 文光堂 ; 2009.
P.256 掲載の参考文献
1 生野恭司 : 変性近視の硝子体手術. 田野保雄ら編. 眼科診療プラクティス 17 みんなの硝子体手術. 東京 : 文光堂 ; 2007. p.253-254.
i 生野恭司 : 黄斑円孔網膜剥離に対する硝子体手術. 眼科手術 2006 ; 19 : 455-460.
P.259 掲載の参考文献
1 Hirakata A : Macular surgery secondary to optic nerve disease. Quiroz-Mercado H, eds. Macular Surgery ; Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2000. p.310-324.
2 平形明人 : 視神経乳頭の先天異常に伴う網膜剥離. 日本眼科学会雑誌 2010 ; 114 : 643-656.
5 平形明人 : 乳頭ピット黄斑症候群. 田野保雄編. 眼科プラクティス 21 眼底画像所見を読み解く. 東京 : 文光堂 ; 2008. p.298-305.
9 桂弘 : ピット黄斑症候群と類縁疾患. 眼科診療プラクティス 3 レーザー治療の実際. 東京 : 文光堂 ; 1993. p.116-119.
P.268 掲載の参考文献
P.273 掲載の参考文献
2 臼井嘉彦ら : 硝子体手術を施行した急性網膜壊死 (桐沢型ぶどう膜炎) 52例の検討. 日本眼科学会雑誌 2010 ; 114 : 362-368.
3 臼井嘉彦ら : 急性網膜壊死患者における網膜神経線維層厚と乳頭形状の検討. あたらしい眼科 2010 ; 27 : 539-543.
2 Edwards RS, et al : Retinal detachment in retinitis pigmentosa. Trans Ophthalmol Soc UK 1985 ; 104 : 315-318.
P.277 掲載の参考文献
1 Pruett RC : Retinitis pigmentosa : clinical observations and correlations. Trans Am Ophthal Soc 1983 ; 81 : 693-735.
P.282 掲載の参考文献
1 Delori F, et al : Deformation of the globe under high-speed inpact. Invest Ophthalmol 1969 ; 3 : 290-301.
2 横塚健一ら : 外傷性黄斑円孔の臨床像. 臨床眼科 1991 ; 45 : 1121-1124.
3 Aaberg, TM : Macular holes : A review. Surv Ophthalmol 1970 ; 15 : 139-162.
4 Weinstock SJ, et al : Traumatic macular hole. Can J Opthalmol 1988 ; 11 : 249-251.
6 日下俊次 : 眼外傷-硝子体手術の時期. 眼科臨床医報 1993 ; 87 : 2025-2029.
P.286 掲載の参考文献
2 坂下健一ら : 脈絡膜剥離による一次的バックル効果. 眼科臨床医報 1994 ; 88 : 693-697.
3 田野保雄ら : 脈絡膜剥離を伴う網膜剥離の手術. 眼科臨床医報 1976 ; 70 : 51.
P.289 掲載の参考文献
P.293 掲載の参考文献
3 Kita T, et al : Transforming growth factor-β2 and connective tissue growth factor in proliferative vitreoretinal diseases : possible involvement of hyalocytes and therapeutic potential of Rho kinase inhibitor. Diabetes 2007 ; ; 56 : 231-238.
5 Kita T, et al : Role of TGF-β in mediating proliferative vitreoretinal diseases and ROCK as a potential therapeutic target. Proc Natl Acad Sci USA 2008 ; 105 : 17504-17509.
P.300 掲載の参考文献
2 Gutman FA, et al : The natural course of temporal retinal branch vein occlusion. Trans Am Acad Ophthalmol Otolaryngol 1974 ; 78 : 178-192.
3 Gutman FA, et al : Retinal detachment secondary to retinal branch vein occlusions. Trans Sect Ophthalmol Am Acad Ophthalmol Otolaryngol 1976 ; 81 : 491-496.
6 龍井哲夫ら : 網膜静脈分枝閉塞症に起因する裂孔原性網膜剥離の臨床像・発症機序・治療法. 日本眼科学会雑誌 1988 ; 92 : 1545-1552.

5 合併症

P.304 掲載の参考文献
P.308 掲載の参考文献
2 白神史雄 : 術中合併症と術後管理. 網膜硝子体手術研究会編. ビデオセミナー硝子体手術. 東京 : メジカルビュー社 ; 2011. p.90-98.
P.315 掲載の参考文献
2 Williams GA, et al : Techniques of Scleral buckling. In : Stephen JR, et al, editors. Retina. vol. 3. St. Louis : CV Mosby ; 2001. p.2037.
P.318 掲載の参考文献
P.327 掲載の参考文献
P.337 掲載の参考文献
4 上村昭典 : 網膜剥離術後の黄斑部網膜前膜の経時的変化. 日本眼科学会雑誌 1994 : 98 : 994-997.
5 吉田則彦ら : 網膜剥離に内境界膜剥離併用の硝子体手術を行った後の黄斑パッカーの発生率について. 眼科臨床紀要 2009 ; 2 : 853-856
6 田邊樹郎ら : トリアムシノロンを使用した網膜剥離硝子体手術後の黄斑パッカー. 眼科手術 2005 ; 18 : 579-582.
7 荻野誠周 : 裂孔原性網膜剥離の復位手術後の黄斑パッカーに対する硝子体手術の成績. 日本眼科学会雑誌 1997 ; 101 : 232-236.
P.342 掲載の参考文献
P.347 掲載の参考文献
P.352 掲載の参考文献
P.357 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...