小児急性血液浄化法ハンドブック

出版社: 東京医学社
著者:
発行日: 2013-07-10
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784885632242
電子書籍版: 2013-07-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,520 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,520 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 略語一覧
  • 序言
  • 目次
  • 総論
  • 1 わが国における小児急性血液浄化療法の実態
  • 2 小児急性血液浄化療法の基本的事項の理解 ( 種類・理論 )
  • I. 血液浄化療法の基本的考え方
  • II. 急性血液浄化療法の種類
  • 各論1 ( 技術 ) : 実際の方法
  • 1 病態別の導入基準, 条件設定と注意点 ( 含むモジュール選択 )
  • I. Renal indication ( 腎的適応 = 腎補助を目的とした場合の適応 ) とnon - renal indication ( 非腎的適応 = 腎補助以外を目的とした治療の適応 )
  • II. 各病態における導入基準, 条件設定と注意点
  • 2 バスキュラーアクセスとカテーテル管理のコツ
  • I. カテーテルの種類
  • II. カテーテルの選択
  • III. 留置血管の選択
  • IV. カテーテル挿入時の注意点
  • V. カテーテルの管理
  • VI. 閉塞予防
  • VII. 閉塞時の対応
  • VIII. カテーテル感染時の対応
  • 3 小児血液浄化療法の透析装置, モジュール, 周辺機器
  • I. 血液浄化装置
  • II. モジュール
  • III. 周辺機器
  • 4 プライミングから開始まで
  • I. 物品の準備
  • II. 濾過装置および回路と血液の流れ
  • III. 回路の組み立てとプライミング
  • IV. 回路の組み立てとプライミングにおける注意点
  • V. 血液プライミング
  • VI. 治療開始
  • VII. 抗凝固薬
  • 5 急性血液浄化療法中の薬剤の使用法と注意点
  • I. 一般的な小児の薬物動態の特徴
  • II. 腎不全, 肝不全に共通した分布容積の変化
  • III. 腎不全時
  • IV. 肝不全時
  • 各論2 ( 病態別 )
  • 1 急性腎障害 ( AKI )
  • I. 定義, 概念
  • II. 原因とhigh risk群
  • III. 病因, 病態
  • IV. 治療
  • V. AKIの薬物動態
  • VI. AKIの栄養と食事療法
  • VII. 予後
  • 2 急性肝不全
  • I. 劇症肝不全の定義と予後
  • II. 一般管理
  • III. 人工肝補助療法
  • IV. 人工肝補助療法を施行する際の技術的な注意点
  • V. 劇症肝不全の治療についての今後の課題
  • 3 先天性代謝異常症に対する急性血液浄化療法
  • I. ( 何を ) 除去すべきもの
  • II. ( いつ ) 開始基準
  • III. ( どのように = 方法 ) 急性血液浄化療法の選択
  • IV. ( どのように = 条件 ) 条件設定
  • V. ( どのように ) チーム医療
  • VI. ( どのように ) 酸塩基平衡異常の視点から
  • VII. ( いつまで ) 中止時期
  • 4 敗血症 / 多臓器不全
  • I. 概念と定義
  • II. 基本病態
  • III. 敗血症 / 多臓器不全に対する急性血液浄化療法
  • IV. 考察
  • 5 血液腫瘍疾患
  • I. 腫瘍崩壊症候群 ( tumor lysis syndrome : TLS )
  • II. TLS診療ガイドライン
  • III. TLS発症予防措置
  • IV. TLSとAKI
  • V. TLSに対するRRTの考え方
  • 6 急性脳症
  • I. 急性脳症の病態
  • II. 急性脳症における急性血液浄化療法
  • III. 急性脳症に対する急性血液浄化療法を利用した高浸透圧治療
  • 7 心疾患術後 ( ECMO含む )
  • I. 心疾患術後の病態
  • II. 非ECMO症例の急性血液浄化 ( CHDF, PD )
  • III. ECMO症例の急性血液浄化
  • IV. 心疾患術後循環器疾患に対するCHDFによる特殊な電解質管理
  • 8 自己免疫疾患 ( 膠原病, 神経・筋疾患, 川崎病 )
  • I. 単純血漿交換法
  • II. 二重膜濾過血漿交換法 ( double filtration plasmapheresis : DFPP )
  • III. PE, DFPPの適応がある免疫疾患
  • 9 ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群
  • I. ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群と治療
  • II. ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対するアフェレシス
  • III. ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対するアフェレシスの実際
  • 10 薬物中毒
  • I. 血液浄化療法の適応
  • II. 血液浄化療法の適応を考えるうえで考慮するべき原因物質側因子
  • III. 血液浄化療法の選択
  • IV. 小児薬物中毒として頻度の高い原因物質
  • 11 新生児・低出生体重児への血液浄化療法
  • I. 新生児・低出生体重児への血液浄化療法の現況と問題点
  • II. 体外循環を用いた急性血液浄化療法の実際
  • 各論3 ( 腹膜透析 )
  • 1 緊急腹膜透析 ( 緊急PD )
  • I. 小児緊急PDの特徴
  • II. 小児緊急PDの適応
  • III. 小児緊急PDの導入 - カテーテル留置
  • IV. 小児緊急PDの導入 - 透析開始
  • V. 小児緊急PDの継続
  • VI. 小児緊急PDの終了
  • 2 低出生体重児のPD ( CFPDを含む )
  • I. 低出生体重児のAKIに対する治療
  • II. 実際のPDの方法 ( 1 ) 通常のPD
  • III. 実際のPDの方法 ( 2 ) 持続注入腹膜灌流 ( continuous flow peritoneal dialysis : CFPD )
  • IV. そのほかの一般的な注意事項
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

総論

P.23 掲載の参考文献

各論1 ( 技術 ) : 実際の方法

P.72 掲載の参考文献
1) 村上敦 : 血液浄化に必要な機器. 小児血液浄化療法マニュアル, 伊藤克己監修, pp39-46, 医学図書出版, 東京, 2005
2) 相馬泉 : 血液吸着・血漿吸着. 小児血液浄化療法マニュアル, 伊藤克己監修, pp88-95, 医学図書出版, 東京, 2005
3) 芝田正道 : モニタリング. 小児血液浄化療法マニュアル, 伊藤克己監修, pp97-102, 医学図書出版, 東京, 2005
4) 伊藤克己監修 : 小児血液浄化療法マニュアル, 医学図書出版, 東京, 2005
5) 織田成人, 平澤博之, 山根慎慈 : 単純血漿交換法. アフェレシスマニュアル, クリニカルエンジニアリング別冊, 日本アフェレシス学会編集, pp65-68, 秀潤社, 東京, 2010
6) 篠田俊雄 : アフェレシスマニュアル, クリニカルエンジニアリング別冊, 日本アフェレシス学会編集, pp85-88, 秀潤社, 東京, 2010
7) 澤田康史, 坂下美和, 光野亀義, 畠中秀雄 : アフェレシスマニュアル, クリニカルエンジニアリング別冊, 日本アフェレシス学会編集, pp140-145, 秀潤社, 東京, 2010
8) 中村司, 上田善彦. 血液吸着療法. 透析のすべて. 篠田俊雄, 峰島三千男編集. クリニカルエンジニアリング別冊, pp181-186, 秀潤社, 東京, 2011
P.88 掲載の参考文献
P.93 掲載の参考文献
1) Behman RE, et al eds. : Nelson textbook of pediatirics, 17th ed, WB Saunders, Philadelphia, 2004
2) Melmon KL, et al eds. : Melmon and Morrelli's clinical pharmacology, 3rd ed, McGraw-Hill, New York, 1992
3) 山本武人, 他 : CRRT中の薬物投与量. Intensivist 2 : 329-345, 2010
4) George RA, William MB, Jeffrey SB, et al : Drug Prescribing in Renal Failure, 5th ed, American College of Physicians, Philadelphia, 2007
5) Gilbert ND, Moellering CR Jr, Epiopoulos MG, et al : The Sanford Guide to Antimicrobial Therapy 2010, 40th ed, Antimicrobial Therapy Inc., Sperryville, 2010
6) Bennet WM : Clinical Pharmacokinetics Drug Data handbook, 3rd ed. Adis international Company, Auckland, 1998
7) 平田純生 (編) : 改訂版透析患者への投薬ガイドブック改訂2版. じほう, 東京, 2009
8) 平田純生 : 腎不全の薬の使い方 Q&A, じほう, 東京, 2005
9) 腎不全時の薬物使用適正投与法のガイドライン. 臨牀透析増刊, 2007

各論2 ( 病態別 )

P.112 掲載の参考文献
3) Akcan-Arika A, Zappitelli M, Loftis LL, et al : Modified RIFLE criteria in critically ill children with acute kidney injury. Kidney Int 71 : 1028-1035, 2007
4) KDIGO : Clinical practice guideline for acute kidney injury. Kidney Int (Suppl) 2 : 1-138, 2012
5) Hui-Stickle S, Brewer ED, Goldstein SL : Pediatric ARF epidemiology at a tertiary care center from 1999 to 2001. Am J Kidney Dis 45 : 96-101, 2005
10) Brophy PD, Mattoo TK, Kim MS, et al : Pediatric acute kidney injury : Indications, timing, and choice modality for renal replacement therapy (RRT). UpToDate, 2012
11) Abitbol CL, Rossique M, Rios M : Nutritional support of the pediatric patients with acute renal failure. The ASPEN nutrition support manual (American Society of Parenteral and Enteral Nutrition eds.), pp287-295, Silver Spring, MD, 2005
P.122 掲載の参考文献
1) 松井陽 : 小児劇症肝炎 (急性肝不全) の全国調査. 厚生労働省難治性疾患克服研究事業「難治性肝・胆道疾患に関する調査研究班」平成18年度総括・分担研究報告書, pp83-89, 2007
2) 須磨崎亮, 乾あやの, 位田忍, 他 : 小児の急性肝不全の特徴. 肝・胆・膵 55 : 197-205, 2007
3) 唐木千晶, 笠原群生, 清水直樹, 他 : 小児劇症肝不全の集学的管理と生体肝移植適応. 日本集中治療医学会雑誌 16 : 279-288, 2009
4) 伊藤秀一 : 小児急性肝不全に対する人工肝補助療法. 医工学治療 23 : 71-74, 2011
6) 福田晃也, 笠原群生 : 小児劇症肝不全に対する生体肝移植適応基準に関するpilot study. 今日の移植 22 : 273-281, 2009
P.133 掲載の参考文献
1) 大田敏之, 他 : 小児腎臓病医からみた尿素サイクル異常症診療の留意点. 小児科 50 : 1603-1609, 2009
2) 吉田一郎 : 特集 : 発症の予知と疾患の早期発見-スクリーニングの意義と評価を中心に-尿素サイクル異常症スクリーニング. 小児科 45 : 2020-2027, 2004
4) 遠藤文夫 : 先天性尿素サイクル異常症. 診断と治療マニュアル 第2版, pp1-15, 味の素ファルマ株式会社, 東京, 2000
9) Uchino T, et al : Neurodevelopmental outcome of long-term therapy of urea cycle disorders in Japan. J Inherit Metab Dis 21 (Suppl) : 151-159, 1998
18) 和田尚弘 : 急性血液浄化療法のすべて-先天性代謝異常症-. 腎と透析 58 : 743-748, 2005
20) 北山浩嗣, 和田尚弘 : 小児での (C) RRT. Intensivist 2 : 399-410, 2010
21) 鈴木洋通 : 急性期血液浄化療法にろ過型人工腎臓用補液を用いると?. 透析フロンティア 17 (suppl) : 4-23, 2007
P.146 掲載の参考文献
4) 永渕弘之 : 小児敗血症例における腎保護療法について. ICUとCCU 32 : 1035-1041, 2008
7) The RENAL replacement therapy study investigators : Intensity of renal replacement therapy in critically ill patients. N Engl J Med 361 : 1627-1638, 2009
10) 服部憲幸, 織田成人, 島田忠長, 他 : 小児敗血症性ショックとCHDF. 小児外科 40 : 316-320, 2008
11) Flores FX, Brophy PD, Symons JM, et al : CRRT in pediatric sepsis. Blood Purif 24 : 250, 2006
12) 永渕弘之, 和田尚弘, 吉村仁志 : 小児急性血液浄化療法の実態調査-小児急性血液浄化ワーキンググループからの報告-. ICUとCCU 33 : S149, 2009
15) 高田大, 藤永周一郎, 大友義之, 他 : 小児の敗血症性多臓器不全に対するエンドトキシン吸着療法. 日児誌 109 : 1356-1360, 2005
16) 山中千鶴, 高崎康史 : エンドトキシン敗血症に対する長時間吸着療法の是非. ICUとCCU 31 : 427-435, 2007
17) 藤永周一郎, 平野大志, 西崎直人, 他 : 小児の難治性疾患に対するアフェレシスの挑戦 : 敗血症. 第30回日本アフェレシス学会, 札幌, 2009
P.156 掲載の参考文献
9) Jeha S, Kantarjian H, Irwin D, et al : Efficacy and safety of rasburicase, a recombinant urate oxidase (Elitek), in the management of malignancy-associated hyperuricemia in pediatric and adult patients : final results of a multicenter compassionate use trial. Leukemia 19 : 34-38, 2005
P.165 掲載の参考文献
3) 森島恒雄 : 他厚生労働科学研究費補助金 (新興・再興感染症研究事業) 「インフルエンザ脳症の発症因子の解明とそれに基づく発症前診断方法の確立に関する研究」班インフルエンザ脳症ガイドライン【改訂版】. 小児臨 62 : 2483-2528, 2009
6) 和合正邦, 他 : 急性脳炎・脳症の予防・治療血液浄化療法 (解説/特集). 日本臨牀 69 : 534-540, 2011
7) 和田尚弘 : 小児のインフルエンザ脳症 (解説/特集). 日本臨牀 62 (増刊 5) 血液浄化療法 (上) : 456-461, 2004
8) 平井克樹, 他 : 急性脳症に対するステロイドパルスと脳低温と血液透析濾過による3者併用療法の有用性. 日児誌 110 : 1624-1631, 2006
9) 北山浩嗣, 他 : 重症小児に対する急性血液浄化法の臨床的検討救命率の向上を目指して. 日児腎誌 20 : 143-146, 2007
10) 金田尚, 他 : PMX療法の早期導入により救命できた腸管出血性大腸菌O-111感染による溶血性尿毒症症候群の1幼児例. エンドトキシン血症救命治療研究会誌 16 (1) : 105-109, 2012
P.175 掲載の参考文献
4) pCRRT website : http://www.pcrrt.com/
5) 大崎真樹 : 心疾患術後の水電解質異常-小児-. 腎と透析 71 : 576-578, 2011
6) 澤田真理子, 和田尚弘, 北山浩嗣, 他 : 小児持続血液濾過透析 (CHDF) における透析液へのP, Mg製剤添加の意義と問題点. 児腎不全誌 27 : 95-97, 2007
P.188 掲載の参考文献
2) 厚生労働省特定疾患進行性腎障害に関する調査研究班報告. 急速進行性腎炎症候群の診療指針 (第2版). 日腎会誌 53 : 509-555, 2011
3) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年度合同研究班報告). 血管炎症候群の診療ガイドライン (解説). Circulation Journal 72 (Suppl. IV) : 1253-1346, 2008
4) 神経免疫疾患治療ガイドライン. ギラン・バレー症候群 (GBS) /慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) /重症筋無力症 (MG) 治療ガイドライン, 協和企画, 東京, 2004
5) 川崎病急性期治療のガイドライン. 日児誌 107 : 1713-1715, 2003
P.194 掲載の参考文献
6) Ponticeli C : Recurrence of focal segmental glomerular sclerosis after renal transplantation. Nephrol Dial Transplant 25 : 25-31, 2010
9) Tojo K, Sakai S, Miyahara T : Possible therapeutic application of low density lipoprotein apheresis in conjunction with double filtration plasmapheresis in drug-resistant nephrotic syndrome due to focal glomerular sclerosis. Nihon Jinzo Gakkai Shi 30 : 1153-1160, 1988
12) 江口圭, 相馬泉 : 吸着療法. CE技術シリーズ血液浄化療法, 秋葉隆, 峰島三千男編, pp231-264, 南江堂, 東京, 2004
P.203 掲載の参考文献
2) Smith JP, Chang IJ : Extracorporeal Treatment of Poisoning. The Kidney, 9th ed (Brenner BM ed), pp2411-2431, Saunders, Philadelphia, 2011
4) 島田次郎 : 薬物中毒. 腎と透析 65 増刊号 : 517-522, 東京医学社, 東京, 2008
P.212 掲載の参考文献
1) 茨聡, 和田尚弘, 他 : 体外循環を用いた新生児急性血液浄化ガイドライン. 日未熟児新生児会誌 25 : 89-97, 2013
2) 茨聡, 和田尚弘, 他 : 小児・新生児におけるエンドトキシン除去療法ガイドライン. 日未熟児新生児会誌 22 : 251-253, 2010

各論3 ( 腹膜透析 )

P.221 掲載の参考文献
1) Renal replacement therapy for acute renal failure in children : European Guidelines. Pediatr Nephrol 19 : 199-207, 2004
2) 2009年版腹膜透析ガイドライン : 透析会誌 42 (4) : 285-315, 2009 (http://www.jsdt.or.jp/)
3) 小児PD治療マニュアル : 小児PD研究会 (http://www.linkclub.or.jp/~pedpdjpn/)
P.234 掲載の参考文献
2) Coultherd MG, Vernon B : Managing acute renal failure in very low birth weight infants. Arch Dis Child 73 : 187-192, 1995
3) Rainney KE, DiGeromin RJ, Pascual-Baralt J : Successful longterm peritoneal dialysis in a very low birth weight infant with renal failure secondary to feto-fetal transfusion syndrome. Pediatrics 106 : 849-851, 2000
4) Opas LM : Acute renal failure and peritoneal dialysis in neonates. 日未熟児新生児会誌 3 : 67-72, 1997
5) 藤田直也, 杉浦崇浩, 安藤直樹, 他 : 新生児急性腎不全例に対する緊急除水を目的としたブドウ糖-アミノ酸混合腹膜灌流液使用の経験. 日小児腎不全会誌 20 : 81-83, 2000
6) 藤田直也, 長崎理香, 金原有里, 他 : 当院NICUにおける低出生体重児腹膜透析施行症例の検討. 日小児腎不全会誌 22 : 139-140, 2002
7) 藤田直也, 神農英雄, 大高幸之, 他 : 助腹膜透析を施行した超低出生体重児の自験例についての臨床的検討. 日小児腎不全会誌 29 : 273-275, 2009
10) 吉村仁志 : 新生児の急性腎不全. 小児科 43 : 1039-1045, 2002
11) 上田康久, 中村恒穂, 荻野純代, 他 : 低出生体重児に対する各種腹膜透析法の比較. 日小児腎不全会誌 16 : 251-254, 1996
12) 藤田直也, 竹中学, 山田拓司, 他 : 新生児・乳児の急性腎不全におけるより良好な除水を目的とした腹膜灌流方法の検討. 日小児腎不全会誌 24 : 218-220, 2004
13) 藤田直也, 山田拓司, 野村孝泰, 他 : 新生児の急性腎不全に対する持続的腹膜灌流における手法の改良の試み. 日小児腎臓病会誌 17 : 27-31, 2004
14) 藤田直也 : 新生児における透析療法について超低出生体重児にも医者にも「やさしい」PD療法の模索と課題. 日小児腎不全会誌 27 : 1-3, 2007
15) 藤田直也, 服部哲夫, 金原有里, 他 : 腹膜透析で効果的な除水を達成し急性腎不全を管理し得た超低出生体重児・双胎間輸血症候群供血児の1例. 日小児腎不全会誌 23 : 135-137, 2003
16) 藤田直也, 神農英雄, 大高幸之助, 他 ; 腹膜透析にて管理しえた在胎22週498gの双胎間輸血症候群の超低出生体重児例. 小児PD研究会雑誌 21 : 3-5, 2009

最近チェックした商品履歴

Loading...