精神分析という経験

出版社: 岩崎学術出版社
著者:
発行日: 2004-10-22
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784753304134
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,500 円(税込)

商品紹介

本書は,精神分析的な過程に見られるパラドックスに関する哲学的な論考である。 この精神分析的な過程は,関与する2人の参加者の深い主観性をとおして精神生活を客観化しょうとする方法であるが,このミステリアスな出会いをクリス トファー・ボラスは創造的かっ啓発的な方法で考察 している。

目次

  • 精神分析という経験

    ―目次―

    序章
    第1章 治療同盟の起源
    第2章 精神分析家がいる場所
    第3章 欠くことのできない精神分析の破壊について
    第4章 形象とその機能
    第5章 1,2・・・7
    第6章 精神分析の目標とは
    第7章 自己に背く心
    第8章 心の干渉
    第9章 境界例の欲望
    第10章 パラノイア概観
    第11章 分析家が時として陥る狂気
    第12章 体現化
    第13章 創造性と精神分析
    第14章 事物のミステリー

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...