子どもの社会的ひきこもりとシャイネスの発達心理学

出版社: 明石書店
著者:
発行日: 2013-08-31
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784750338736
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,380 円(税込)

商品紹介

一人でいるのを好む子どもたちは少なくない。その一因となる「シャイネス」「社会的ひきこもり」という気質的特性について発達心理学、発達精神病理学的な視点で実証的に解説、彼らへの理解・支援、ひいては成人期の社交不安性障害などへの理解へつなげる。

目次

  • 子どもの社会的ひきこもりとシャイネスの発達心理学

    ―目次―

    第I部 はじめに
     第1章 小児期の社会的ひきこもりとシャイネス
         ―歴史、理論、定義、評価―

    第II部 構成概念と概念的アプローチ
     第2章 シャイネスの理解
         ―4つの疑問と40年間の研究―
     第3章 シャイネスと困惑および自意識管状の発達
     第4章 小児期の非遮光性と孤独を好む傾向
     第5章 乳幼児の気質の生物学的調節因子と
         社会的ひきこもりとの関連
    第III部 個人および対人的過程
     第6章 シャイネス、子育て、親子関係
     第7章 小児期と思春期の社会的ひきこもり
         ―仲間関係と社会的能力―
     第8章 シャイネスの長期的発達
         ―前方視と後方視―

    第IV部 状況
     第9章 言語能力、学力とシャイネスの徴候
         ―包括的レビュー
     第10章 小児期と思春期のシャイネス―抑制
          ―多文化的視点―
     第11章 電子的コミュニケーション
          ―シャイ、ひきこもりの子どもたちの逃避機制か
           関係構築ツールか?―
     第12章 「昔々、真っ赤な顔のカバと
          おとなしいネズミがいました」
          ―幼児の童話の中のシャイなキャラクターの
           内容分析―

    第V部 臨床研究、実践、治療
     第13章 気質と社会恐怖の病因論
     第14章 子どもの社会不安の治療

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...