分子消化器病 10/3 2013年9月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2013-09-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1348995X
雑誌名:
特集: 消化器感染症―慢性炎症―消化器機能障害、この三角関係をみつめる
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,484 円(税込)

目次

  • 分子消化器病 10/3 2013年9月号

    ―目次―

    特集 消化器感染症―慢性炎症―消化器機能障害、
       この三角関係をみつめる

    Overview
    感染症は食道運動異常の原因となるか 
    H. pyloriはFDの病因となりうるか
    Post-infectious FDの病因を探る
    Post-infectious IBSの概念とリスク因子を考える
    Post-infectious IBSの病態を探る
    寛解期IBD例のIBS様症状の原因を探る
    Small intestinal bacterial overgrowthはIBS症状の原因となるか
    腸管炎症とセロトニン代謝の関連を探る
      
    □連載
    ■海外ラボ紹介 
      第3回 Maラボ(Averil Ma,M.D.)
     
    ■新しい消化器疾患動物モデル 第11回
      膵発癌モデルのトランスレーショナルリサーチへの応用
       
    ■シグナル伝達を理解するために必要な知識 第39回
      C型肝炎ウイルス蛋白によるシグナル伝達制御 
      親電子シグナル伝達 

    ■質量分析の消化器疾患の診療・研究への応用 第7回
      肝臓癌のプロテオーム解析

    ■海外論文解説―World Wide Topics― 第39回
      ステロイド抵抗性重症潰瘍性大腸炎に対するシクロスポリン 
        およびインフリキシマブの無作為化非盲検比較試験

    ■日本人のヒット作品 第27回
      ゲノムワイド関連解析により,新規日本人クローン病関連領域
       を2ヵ所同定
      低異型度虫垂粘液性腫瘍における高頻度のGNAS変異
       胃および十二指腸幽門腺腺腫における高頻度の
       GNASおよびKRAS変異

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...