産婦人科内視鏡手術ガイドライン 2013年版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2013-09-05
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784307301169
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,080 円(税込)

商品紹介

今までの産婦人科内視鏡手術ガイドラインに、悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術を加え、良性疾患もさらに充実させて大幅に改訂。現時点における国内外の最良のエビデンスに基づいて、安全かつ効果的に手術を行うための適応、術式選択、合併症、治療成績を提示し、産婦人科領域の腹腔鏡下・子宮鏡下・卵管鏡下手術の指針を示した。各CQにサブCQが付き、推奨グレードが示されたことで、より詳細でわかりやすくなった。

目次

  • 産婦人科内視鏡手術ガイドライン 2013年版

    ―目次―

    ガイドライン総説
    1.作成の目的
    2.利用の対象者
    3.取り扱う疾患
    4.作成の基本方針
    5.本ガイドラインの要点
    6.本ガイドラインで用いる推奨グレードおよび
       エビデンスレベルの定義

    良性疾患編
    序論
    第1章■腹腔鏡下手術総論
    第2章■良性卵巣腫瘍
    第3章■不妊症
    第4章■子宮内膜症
    第5章■卵管妊娠
    第6章■子宮筋腫(1)子宮全摘出術
    第7章■子宮筋腫(2)筋腫核出術
    第8章■骨盤臓器脱
    第9章■先天性腟欠損症
    第10章■子宮鏡下手術総論
    第11章■子宮粘膜下筋腫
    第12章■子宮内膜ポリ−プ
    第13章■中隔子宮
    第14章■子宮腔癒着症(Asherman 症候群)

    悪性腫瘍編
    序論
    第1章■子宮頸がん
    第2章■子宮体がん
    第3章■卵巣がん
    第4章■ロボット支援手術
    第5章■合併症

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...