インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膵がん 改訂3版

出版社: 医薬ジャーナル社
著者:
発行日: 2013-10-10
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784753226412
シリーズ: インフォームドコンセントのための図説シリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,280 円(税込)

商品紹介

前版より6年。重粒子線治療、閉塞性黄疸・消化管閉塞に対する内視鏡治療、ワクチン療法の項目を追加。治療成績が向上しつつある、わが国の膵がん治療の最新知見を紹介した、充実の改訂3版! がんのStageによってどんな治療法が適応になるか、がんの発生部位や転移の有無によってどのような切除術を選択するかなど、口頭では説明しにくい術式について、図や写真を豊富に使い、わかりやすく解説。 医師が患者さんに説明する際の一助としてはもちろん、患者さんとその家族にとっても、膵がんへの理解が深まる1冊。

目次

  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ
    膵がん 改訂3版

    ―目次―

    1.膵臓の構造と機能
    2.膵がんの発生と進展,分類
    3.膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)と膵がんについて
    4.発症ハイリスクグループ
    5.わが国における膵がんの現状
    6.臨床症状と臨床検査
    7.画像診断
    8.膵がんの早期診断法
    9.病期分類と治療方針
    10.治療法
     1)手術
     2)術後のフォローアップの方法
     3)放射線治療
     4)重粒子線治療
     5)進行・再発膵がんの化学療法
     6)術後補助療法
     7)閉塞性黄疸および消化管閉塞に対する内視鏡治療
     8)骨転移対策
     9)ワクチン療法
     10)わが国における膵がんの臨床試験
     11)疼痛管理とサイコオンコロジー

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...