分子消化器病 10/4 2013年12月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2013-12-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1348995X
雑誌名:
特集: 消化器癌の個別化医療に向けての遺伝子・オミックス解析
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,484 円(税込)

目次

  • 分子消化器病 10/4 2013年12月号

    ―目次―

    特集 消化器癌の個別化医療に向けての遺伝子・オミックス解析

    Overview
    消化器がんの遺伝子解析とその個別化医療とは
     どこまでつながってきたか 
    大腸癌薬物療法におけるras遺伝子解析の位置づけと今後は
    肝癌個別化治療をめざした遺伝子解析・オミックス解析は 
     どこまで進んでいるか 
    マイクロサテライト不安定性とそれにかかわる遺伝子変異は 
     胃・食道癌の個別化医療にどこまで有効か
    マイクロRNAの網羅的解析により消化器癌の
     個別化医療の選択は可能か 
    次世代高速シーケンサー技術の成果からみた
     消化器癌個別化医療の将来は
      
    □連載
    ■海外ラボ紹介 
      第4回 Rustgiラボ(Anil K. Rustgi,M.D.) 
     
    ■新しい消化器疾患動物モデル 第12回
      アディポネクチンと大腸発がん 
       
    ■シグナル伝達を理解するために必要な知識 第40回
      SNPによるシグナル伝達異常 

    ■質量分析の消化器疾患の診療・研究への応用 第8回 最終回
      腸内細菌研究へのメタボローム解析の応用 

    ■海外論文解説―World Wide Topics― 第40回
      細菌の代謝産物である短鎖脂肪酸が腸管内制御性T細胞の
      恒常性を規定している短鎖脂肪酸はマウス腸上皮細胞の
      GPR41・GPR43を活性化し炎症反応を促進する

    ■日本人のヒット作品 第28回
      肥満に伴って増加する腸内細菌代謝物はSASPを介して
       肝がんを促進する 
      新規MEK阻害剤CH5126766はRAFを介したフィードバック再活性化
       の抑制によりERKシグナルをより強く阻害する 

    ■私の研究履歴書 第33回
      Rhoとプロスタグランジン受容体;自分のテーマをみつけるまで

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...