放射光が拓く化学の現在と未来

出版社: 化学同人
著者:
発行日: 2014-01-30
分野: 基礎医学  >  基礎医学一般
ISBN: 9784759813746
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

商品紹介

X線回折・散乱は新薬の開発,新規機能性材料の発展,あらゆる種類の新物質の開発など,現代の科学・工学を根本から支えている.とくに放射光は高い強度や指向性などの特徴をもち,その利用により従来では不可能な微量試料や時間・空間分解のX線回折やXAFSなどが可能になっている.幅広い化学分野での活用を紹介.

目次

  • 放射光が拓く化学の現在と未来

    ―目次―

    Part I 基礎概念と研究現場
     1章 フロントランナーに聞く
     2章 ようこそ! SPring-8へ
     3章 ユニークな装置自慢
     4章 〈絵解き〉放射光の光源性能とサイエンス
     5章 学会・研究会・放射光施設レポート

    Part II 研究最前線
     1章 放射光利用の基盤を支えるX線光学
     2章 粉末X線構造解析
     3章 並列計算によるab initio構造解析法の開発/GA
     4章 放射光が切り拓く配位空間の化学
     5章 タンパク質の構造解析
     6章 溶液散乱の進展
     7章 水溶液中でのバイオソフトマテリアルの放射光を用いた
        形態観察
     8章 時間分解X線構造解析法
     9章 放射光を用いた単結晶X線構造解析のフロンティア:
        粉末1粒、複雑系分子、光誘起現象の構造解析
     10章 軟X線吸収分光法の基礎と進展
     11章 触媒の構造変化を捉える
     12章 放射光を用いたナノ表面・界面解析
     13章 界面研究への放射光利用

    Part III 役に立つ徐放・データ
     1.この分野を発展させた革新論文34 
     2.覚えておきたい関連最重要用語
     3.知っておくと便利! 関連情報

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...