糖尿病患者の食事と運動―考え方と進め方

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2014-03-10
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784521733845
電子書籍版: 2014-03-10 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,380 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

6,380 円(税込)

商品紹介

糖尿病治療の柱である食事療法と運動療法について,エビデンスや従来から行われている指導をもとにその理論(考え方)を解説する.その考え方をもとに,目の前の患者に対してどのような指導(進め方)が適切であるか,コツや落とし穴を具体的に解説する.多くのトピックスも紹介しており,患者指導に自信がもてるようになる一冊.

目次

  • 表紙
  • 編集主幹 / 編集委員
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • Quick Index
  • 1章 食事療法・運動療法と薬物療法の関係
  • インクレチン関連薬との関係を中心に
  • [ COLUMN ] インクレチンの歴史的背景
  • 2章 糖尿病食事療法の理論と実践
  • A 食事療法の目的, 効果, エビデンス
  • 食事療法の目的, 効果, エビデンス
  • [ COLUMN ] 低炭水化物食の問題点
  • B 栄養素と糖代謝異常の関係
  • 栄養素と糖代謝異常の関係
  • C 食事療法の進め方と指導のコツ
  • 食事療法の種類と特徴
  • 食品交換表
  • [ COLUMN ] 低炭水化物食について
  • 糖質制限食の考え方と課題
  • [ COLUMN ] たんぱく質合成系と老化シグナル
  • [ COLUMN ] ケトン体の功罪
  • カーボカウント
  • [ COLUMN ] 第7版食品交換表について
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 食品の摂取順序と血糖値の変動
  • [ 知っておきたいTOPICS ] EPA ( ω - 3脂肪酸 ) と糖尿病
  • [ 知っておきたいTOPICS ] GI, GL - 血糖値を上げやすい食品・食事
  • [ 知っておきたいTOPICS ] サプリメントの摂り方, 特定保健用食品, 栄養機能食品について
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 人工甘味料と糖アルコール, 糖類ゼロと糖質ゼロについて
  • D 栄養指導の実際 - 栄養士の視点から
  • 栄養指導の実際 - 栄養士の視点から
  • [ COLUMN ] 食事パターンでみた2型糖尿病発症リスク
  • [ COLUMN ] トランス脂肪酸の話題
  • [ COLUMN ] アルコール飲料が糖尿病患者や予備群に与える影響
  • E 栄養指導のコツと注意点 - 病態や合併症の観点から
  • 小児・思春期
  • [ COLUMN ] 低体重児とメタボリックシンドローム
  • 糖尿病妊婦
  • [ COLUMN ] 妊娠中の耐糖能異常の分類
  • [ COLUMN ] 妊娠中の糖代謝の生理的変化の特徴 - "飢餓亢進" と "同化促進"
  • [ COLUMN ] 妊娠が糖尿病に及ぼす影響
  • [ COLUMN ] 糖尿病合併妊娠の周産期合併症
  • [ COLUMN ] 糖尿病合併妊娠の血糖コントロール目標
  • 高齢者
  • [ COLUMN ] 高齢糖尿病患者の栄養と認知機能低下
  • 肥満
  • [ COLUMN ] 「生活しゅうかん記録」
  • 高血圧
  • [ COLUMN ] 糖尿病患者の降圧目標 ( <130 / 80 mmHg ) は厳しすぎるか ?
  • [ COLUMN ] 簡単な適量の把握方法 ( 1食あたり )
  • 脂質異常症
  • [ COLUMN ] EPAの臨床効果
  • 腎症
  • [ COLUMN ] 透析導入原因疾患
  • [ COLUMN ] 糸球体濾過障壁と尿アルブミン増加の機序
  • [ COLUMN ] たんぱく質制限食の妥当性について
  • [ 注目の症例 ] 糖尿病透析予防指導管理料の対象症例の実際
  • [ 知っておきたいTOPICS ] カロリー制限と寿命延長
  • [ 知っておきたいTOPICS ] 糖尿病と嗜好品
  • 3章 糖尿病運動療法の理論と実践
  • A 運動療法の目的, 効果, エビデンス
  • 運動療法の目的, 効果, エビデンス
  • B メディカルチェック - 何をどこまで評価するか
  • メディカルチェック - 何をどこまで評価するか
  • C 運動療法の評価法
  • 運動療法の評価法
  • D 運動の種類と特徴
  • 運動の種類と特徴
  • [ COLUMN ] 無酸素性閾値 ( anaerobic threshold : AT )
  • [ 知っておきたいTOPICS ] ノルディックウォーキング
  • [ 知っておきたいTOPICS ] バランスボールを用いたトレーニング
  • [ 知っておきたいTOPICS ] チューブを用いたトレーニング
  • E 運動処方のつくり方
  • 運動処方のつくり方
  • [ COLUMN ] 身体活動とは ?
  • [ COLUMN ] 身体活動を巡るさまざまな指標と混乱
  • F 運動指導の実際 - 健康運動指導士の立場から
  • 運動指導の実際 - 健康運動指導士の立場から
  • G 運動療法のコツと注意点 - 身体状況や病態の観点から
  • 薬物療法 ( SU薬やインスリン ) 導入例
  • [ COLUMN ] リアルタイムCGM
  • [ COLUMN ] 超速効型インスリンの格差
  • [ COLUMN ] アスリート1型糖尿病患者での低血糖対策
  • 1型糖尿病
  • [ COLUMN ] 1型糖尿病をもつ人への運動療法のエビデンス
  • [ COLUMN ] 筋力トレーニング先行のほうが安全 !?
  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害
  • [ COLUMN ] 糖尿病性多発神経障害の簡易診断基準
  • 足病変
  • [ COLUMN ] ADAが推奨する足のリスクアセスメント
  • [ COLUMN ] Charcot足とは
  • 大血管症
  • [ COLUMN ] 閉塞性動脈硬化症の運動療法
  • [ COLUMN ] Borg指数とは ?
  • 肥満
  • [ COLUMN ] 運動療法の効果判定
  • 高齢者
  • [ COLUMN ] サルコペニアの予防・治療に向けたアプローチ
  • [ 知っておきたいTOPICS ] ロコモティブシンドローム
  • [ 知っておきたいTOPICS ] アディポネクチンの筋肉への作用
  • [ 付録 ] 主な活動量計一覧
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 食事療法・運動療法と薬物療法の関係

P.9 掲載の参考文献

2章 糖尿病食事療法の理論と実践

P.19 掲載の参考文献
2) 厚生労働省. 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要.
3) 厚生労働省. 日本人の食事摂取基準2010年版. 第一出版 ; 2010.
4) 日本動脈硬化学会. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版. 2012.
5) 日本糖尿病学会. 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 2012.
7) 日本糖尿病学会. 日本人の糖尿病食事療法に関する日本糖尿病学会の提言. 糖尿病 2013 ; 56 : 1.
P.28 掲載の参考文献
5) Garg A. High-monounsaturated-fat diets for patients with diabetes mellitus : a meta-analysis. Am J Clin Nutr 1998 ; 67 : 577S-82S.
6) Pharmacist's Letter, Prescriber's Letter Natural Medicines Comprehensive Database (2006)
12) The effect of vitamin E and beta carotene on the incidence of lung cancer and other cancers in male smokers. The Alpha-Tocopherol, Beta Carotene Cancer Prevention Study Group. N Engl J Med 1994 ; 330 : 1029-35.
P.39 掲載の参考文献
2) 山川章太郎ほか. 含炭豊富, 脂肪制限の糖尿病食餌療法. 診断と治療 1936 ; 23 : 619-41.
4) 黒田暁生. 食品交換表に基づく新たなカーボカウントの指導法. 糖尿病 2010 ; 53 : 391-5.
7) 日本糖尿病学会 (編). 日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言. 糖尿病 2013 ; 56.
P.49 掲載の参考文献
P.62 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 文光堂 ; 2012.
4) 厚生労働省. 平成23年国民健康・栄養調査結果の概要. http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb-att/2r98520000021c0o.pdf.
5) 厚生労働省. 日本人の食事摂取基準 (2010年版). 第一出版 ; 2009.
10) Atkins R. Dr.Atkins' New Diet Revolution. Harper Collins ; 2002.
11) Westman EC, et al. Low-carbohydrate nutrition and metabolism. Am J Clin Nutr 2007 ; 86 : 276-84.
12) Institute of Medicine, et al. DRI : Dietary Reference Intakes for Energy, Carbohydrate. Fiber, Fat, Fatty Acids, Cholesterol, Protein, and Amino Acids. National Academy Press ; 2002/2005.
13) 江崎治. 肥満予防, 治療に最適な脂質/炭水化物摂取比率. 肥満研究 2011 ; 17 : 102-11.
18) Metges CC, Barth CA. Metabolic consequences of a high dietary-protein intake in adulthood : Assessment of the available evidence. J Nutr 2000 ; 130 : 886-9.
19) Nagarajan S, et al. Dietary soy protein isolate ameliorates atherosclerotic lesions in apolipoprotein E-deficient mice potentially by inhibiting monocyte chemoattractant protein-1 expression. J Nutr 2008 ; 138 : 332-7.
P.70 掲載の参考文献
P.74 掲載の参考文献
2) Theodora S, et al. Postchallenge plasma glucose and glycemic spikes are more strongly associated with atherosclerosis than fasting glucose or HbA1c level. Diabetes Care 2000 ; 23 : 1830-4.
4) 今井佐恵子ほか. 糖尿病患者における食品の摂取順序による食後血糖上昇抑制効果. 糖尿病 2010 ; 53 : 112-5.
5) 今井佐恵子ほか. 外来患者に対する摂取順序を重視した糖尿病栄養指導の血糖コントロール改善効果. 日本栄養士会雑誌 2010 : 53 : 1084-91.
P.77 掲載の参考文献
P.81 掲載の参考文献
2) Brand-Miller J, et al. The New Glucose Revolution for Diabetes : The Definitive Guide to Managing Diabetes and Prediabetes Using the Glycemic Index. Da Capo Press ; 2007.
5) Taniguchi A, et al. Natto and viscous vegetables in a Japanese style meal suppress postprandial glucose and insulin responses. Asia Pac J Clin Nutr 2008 ; 17 : 663-8.
6) Taniguchi-Fukatsu A, et al. Natto and viscous vegetables in a Japanese-style breakfast improved insulin sensitivity, lipid metabolism and oxidative stress in overweight subjects with impaired glucose tolerance. Br J Nutr 2012 ; 107 : 1184-91.
P.83 掲載の参考文献
2) 橋詰直孝. 糖尿病とビタミン. ビタミン 1994 ; 68 : 661-8.
3) Ishiwata Y. Development of simple interview sheet for detection of marginal micronutrient deficiency. 日本臨床栄養学会誌 2004 ; 3 : 229-36.
4) 堀美智子, 国重敦子. 特定保健用食品の成分解説と使用法. 橋詰直孝 (監), 堀美智子 (編). 科学的根拠に基づくサプリメントの基礎知識. 薬事日報社 ; 2005. pp.179-342.
5) Uchida N, et al. Consumption of flaxseed bread inhibits elevation of postprandial blood glucose levels in humans. New Diet Therapy 2013 ; 29 : 11-22.
P.85 掲載の参考文献
・ 消費者庁. 栄養表示基準. 平成21年一部改正.
P.96 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病食事療法のための食品交換表第7版. 文光堂 ; 2013.
3) 日本人の食事摂取基準2010年版. 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書. 2009.
4) Mizoue T, et al. Dietary patterns and glucose tolerance abnormalities in Japanese men. J Nutr 2006 ; 136 : 1352-8.
6) Fujita J, et al. Fundamentals of nutrients and diseases. JIM 1996 ; 6 (4) : 308.
7) Martinez-Gonzalez MA, et al. Adherence to Mediterranean diet and risk of developing diabetes : Prospective cohort study. BMJ, Online 2008 ; May 29.
8) 小栗靖生, 幣憲一郎. 欧米食, 日本食, 地中海食における含有脂肪の量と種類の比較. 内分泌・糖尿病・代謝内科 2013 ; 36 : 490-6.
9) 田中清, 幣憲一郎. 脂質食品と糖尿病. 日本栄養・食糧学会 (監). 脂質栄養と健康. 健帛社 ; 2005. pp.107-22.
10) Stender S, Dyerberg J. The influence of trans fatty acids on health. 4th edition. A report from the Danish Nutrition Council. Eraeringsradet ; 2003. pp.1-84.
12) Garg A. High-monounsaturated-fat diets for patients with diabetes mellitus : A meta-analysis. Am J Clin Nutr 1998 ; 67 (Suppl 3) : 577s-82s.
13) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン 2009 (JSH2009). 日本高血圧学会 ; 2009.
P.106 掲載の参考文献
1) 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室, 大阪市立大学医学部附属病院栄養部 (編). 糖尿病のあなたへかんたんカーボカウント-豊かな食生活のために, 改訂版. 医薬ジャーナル社 ; 2010.
2) 安日一郎. 妊娠糖尿病および肥満2型糖尿病妊婦の食事療法. 糖尿病 2013 ; 56 : 623-5.
2) Smart C, et al. Nutritional management in children and adolescents with diabetes. Pediatric Diabetes 2009 : 10 (Suppl 12) : 100-17.
3) Institute of Medicine. Weight Gain during Pregnancy : Reexamining the Guidelines. National Academies Press ; 2009.
3) 金澤康徳ほか (監訳). 小児と思春期の食事療法, ジョスリン糖尿病学, 第2版. メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2007. p.706.
4) 厚生労働省. 日本人の食事摂取基準 (2010年版). 2010.
5) Jovanovic-Peterson L, Peterson M. Dietary manipulation as a primary treatment strategy for pregnancies complicated by diabetes. J Am Coll Nutr 1990 ; 9 : 320-5.
5) 厚生労働省. 日本人の食事摂取基準 (2010年版). http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html
6) NICE. Type 1 diabetes diagnosis and treatment of type 1 diabetes in children and young people. 2004. www.nice.org.uk/pdf/type1diabetes
9) Reader DM, et al. Medical nutrition therapy. In : Kitzmiller JL, et al (eds). Managing Preexisting Diabetes and Pregnancy. Technical Reviews and Consensus Recommendations for Care. American Diabetes Association ; 2008. pp.15-89.
10) 安日一郎ほか. 糖代謝異常妊娠, とくに妊娠糖尿病の食事療法. 産婦人科の実際 2000 ; 49 : 195-200.
P.113 掲載の参考文献
P.122 掲載の参考文献
1) 荒木厚ほか. 高齢者糖尿病の治療. 糖尿病の療養指導. 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病学の進歩 2009 第43集. 診断と治療社 ; 2009. pp.125-9.
5) Gillette Guyonnet S, et al. IANA task force on nutrition and cognitive decline with aging. J Nutr Health Aging. 2007 ; 11 : 132-152.
7) 荒木厚. 認知症と栄養障害. Geriatric Medicine 2013 ; 51 : 826-31.
8) 荒木厚. 高齢者における包括的高齢者機能評価の活用. 糖尿病 2011 ; 3 : 93-102.
9) 高橋光子ほか. 高齢糖尿病患者における簡易栄養食事指導の試み. 日本老年医学会雑誌 2002 ; 39 : 527-32.
10) 荒木厚ほか. 老年糖尿病患者の食事療法の負担感について. 日本老年医学会雑誌 1995 ; 32 : 804-9.
P.130 掲載の参考文献
1) 日本肥満学会肥満症治療ガイドライン作成委員会. 肥満症治療ガイドライン 2006, 食事療法, 肥満研究 2006 ; 12 (臨時増刊号) : 18-24.
2) 日本糖尿病学会「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2010」策定に関する委員会. 13 肥満を伴う糖尿病. 日本糖尿病学会 (編). 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2010. 南江堂 ; 2010. pp.153-60.
3) 津下一代ほか. 他施設共同研究による保健指導効果の検証-積極的支援の1年後, 2年後評価. 平成23年度厚労科研 (循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業) 統括・分担研究報告書. 2012年3月. pp.14-24.
P.139 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン 2009. ライフサイエンス出版 ; 2009. pp.63-6.
3) 日本糖尿病学会編. 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 文光堂 : 2012.
P.147 掲載の参考文献
P.156 掲載の参考文献
P.161 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
1) Heilbronn LK, et al. Calorie restriction and aging : Review of the literature and implications for studies in humans. Am J Clin Nutr 2003 ; 78 : 361-9.
2) 日本糖尿病学会 (編). 改訂第5版糖尿病専門医研修ガイドブック. 診断と治療社 ; 2012.
2) 山田千積. カロリー制限と長寿. Geriatric Medicine (老年医学) 2011 ; 49 : 899-902.
3) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病食事療法のための食品交換表, 第6版. 文光堂 ; 2002.
5) Seike N, et al. Alcohol consumption and risk of type 2 diabetes mellitus in Japanese : A systematic review. Asia Pac J Clin Nutr 2008 ; 17 : 545-51.
7) Al-Delaimy WK, et al. Smoking and risk of coronary heart disease among women with type 2 diabetes mellitus. Arch Intern Med 2002 ; 162 : 273-9.
P.165 掲載の参考文献
1) 厚生労働省. 平成23年 国民健康・栄養調査結果の概要. 2012.

3章 糖尿病運動療法の理論と実践

P.176 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編). 運動療法. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013. 南江堂 ; 2013. pp.41-7, pp.307-23.
4) The Diabetes Prevention Program Research Group. The 10-year cost-effectiveness of lifestyle intervention or metformin for diabetes prevention : An intent-totreat analysis of the DPP/DPPOS. Diabetes Care 2012 ; 35 : 723-30.
8) 佐藤祐造. リハビリテーションと運動療法. 矢崎義雄 (総編集). 内科学, 第10版. 朝倉書店 ; 2013. pp.141-4.
・ 佐藤祐造ほか. 運動療法-実践可能な指導法. 谷澤幸生 (編). ヴィジュアル糖尿病臨床のすべてスマートな糖尿病診断と治療の進め方. 中山書店 ; 2011. pp.146-51.
・ Bostrom P, et al. A PGC1-α-dependent myokine that drives brown-fat-like development of white fat and thermogenesis. Nature 2012 ; 481 : 463-8.
・ Solomon TPJ, et al. Improved pancreatic β-cell function in type 2 diabetic patients after lifestyle-induced weight loss is related to glucose-dependent insulinotropic polypeptide. Diabetes Care 2010 ; 33 : 1561-6.
P.183 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編). 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013. 運動療法. 南江堂 ; 2013, pp.41-51.
2) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 運動療法. 文光堂 ; 2013. pp.43-5.
3) 佐藤祐造 (監), 植木彬夫 (編). 糖尿病運動療法 Q&A -現場で役立つ考え方と指導法. 総合医学社 ; 2011. pp.277-85.
4) 佐藤祐造 (編). 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南江堂 ; 2011. pp.13-9.
5) 中尾一和 (監訳), 桝田出ほか (編). ADA 最新糖尿病の運動療法ガイド. メジカルビュー社 ; 1997. pp.60-8.
6) 糖尿病治療研究会 (編), 河盛隆造 (編著). 新版 糖尿病運動療法のてびき. 医歯薬出版 ; 2001. pp.41-60, pp.121-4.
7) 桝田 出ほか. 心機能と冠動脈に関するメディカルチェック-誰に何をどこまで行うか. 津田謹輔ほか (編). 糖尿病カレントライブラリー 8 糖尿病の食事・運動療法. 文光堂 ; 2007. pp.145-50.
8) ACSM (American College of Sports Medicine) (著), 日本体力医学会体力科学編集委員会 (編). 運動処方の指針. 運動負荷試験と運動プログラム, 原書第8版. 日本体力医学会/南江堂 ; 2011. pp.18-38, pp.240-5.
11) 日本循環器学会. 冠動脈病変の非侵襲的診断法に関するガイドライン. Circulation Journal 2009 ; 73 (Suppl III) : 1019-89.
12) 今井優. 運動療法. 桝田 出 (編). JJNスペシャルこれだけは知っておきたい糖尿病. 医学書院 ; 2011. pp.44-51.
P.191 掲載の参考文献
1) 野村卓生, 片田圭一. 運動障害. 糖尿病性細小血管症, 第2版. 日本臨牀 2010 ; 68 : 590-3.
4) Ozdirenc M, et al. Evaluation of physical fitness in patients with type 2 diabetes mellitus. Diabetes Res Clin Pract 2003 ; 60 : 171-6.
6) 川久保清ほか. 身体活動量の測定法. 身体活動・運動と生活習慣病. 日本臨牀 2009 ; 67 : 137-42.
8) 日本糖尿病療養指導士認定機構 (編). 日本糖尿病療養指導士ガイドブック 2012. メディカルレビュー社 ; 2012.
9) セルフケア行動の促進. 日本糖尿病療養指導士認定機構 (編). 日本糖尿病療養指導士ガイドブック 2012. メディカルレビュー社 ; 2012. pp.102-10.
10) 野村卓生. 言うは易く, 行うは難し. 考える理学療法-内部障害編. 文光堂 ; 2008. pp.403-15.
P.198 掲載の参考文献
1) 健康・体力づくり事業財団. 健康運動実践指導者養成用テキスト. 南江堂 ; 2009.
2) 佐藤祐造 (編). 運動療法と運動処方-身体活動・運動支援を効果的に進めるための知識と技術, 第2版. 文光堂 ; 2008.
3) 大野秀樹ほか (編). 運動生理・生化学辞典. 大修館書店 ; 2001.
4) Potteiger JA. ACSM's Introduction to Exercise Science. Lippincott Williams & Wilkins, a Wolters Kluwer Business ; 2011.
6) 日本糖尿病学会. 根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013. 南江堂 ; 2013.
7) 国立健康・栄養研究所. 健康づくりのための運動指針 2006 (エクササイズガイド 2006). http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/pdf/guidelines2006.pdf
P.201 掲載の参考文献
1) 森谷敏夫, 石井千恵. ボールエクササイズ. 弾む健康づくり・フィットネスから福祉まで. 金原出版 ; 1999.
P.203 掲載の参考文献
1) 山本利春. 健康のための各種身体活動チューブトレーニング. 身体活動と生活習慣病. 日本臨牀 2000 ; 58 (増刊) : 274-9.
P.210 掲載の参考文献
1) 佐藤祐造 (編). 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南江堂 ; 2011.
3) Boule NG, et al. Effects of exercise on glycemic control and body mass in type 2 diabetes mellitus : A meta-analysis of controlled clinical trials. JAMA 2001 ; 286 : 1218-27.
P.218 掲載の参考文献
1) 佐藤祐造 (編). 糖尿病運動療法指導マニュアル. 付録2 糖尿病運動療法の保険適応. 南江堂 ; 2011. pp.79.
2) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 運動療法. 文光堂 ; 2013. pp.43-5.
3) 桝田出 (編). JJN スペシャルこれだけは知っておきたい糖尿病. 運動療法. 医学書院 ; 2011. pp.44-51.
4) 厚生労働省. 運動基準・運動指針の改定に関する検討会報告書. 4. 個人の健康づくりのための身体活動の基準. 2013. pp.5-15.
5) 石井直方. 健康づくりのためのスロートレーニング. 第2回スロートレーニングの基本的方法と効果. PRACTICE 2013 ; 31 : 553-6.
6) 井原秀俊. 身体活動・運動と生活習慣病. 慢性疾患と運動療法. 関節疾患. 日本臨牀 2009 ; 67 (Suppl 2) : 410-3.
P.226 掲載の参考文献
1) 細井雅之, 田中史郎. 運動療法を行ってよい場合, 行ってはいけない場合-適応と禁忌. 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南江堂 ; 2011. pp.13-9.
2) 清野弘明, 朝倉俊成 (編著). 糖尿病服薬指導スキルアップ. 診断と治療社 ; 2004. pp.131-2.
3) 日本糖尿病学会. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013. 南江堂 ; 2013 : pp.41-2.
5) 田中永昭ほか. インスリングルリジンは運動後低血糖を回避する. 糖尿病 2012 ; 55 : S355.
6) Jimenez CC, et al. National athletic trainers' association position statement : Management of the athlete with type 1 diabetes mellitus. J Athl Train 2007 ; 42 : 536-45.
7) 中尾一和 (監訳). ADA最新運動療法ガイド. メディカルビュー社 ; 1997. pp.98-102.
P.235 掲載の参考文献
2) Colberg SR. Diabetic Athlete's Handbook, 1st edition. Human Kinetics (Trade) ; 2008.
4) 坂根直樹, 佐野喜子 (編). 糖尿病医療スタッフのための実践! カーボカウント. 医歯薬出版 ; 2010.
10) Jimenez CC, et al. National athletic trainers' association position statement : Management of the athlete with type 1 diabetes mellitus. J Athl Train 2007 ; 42 : 536-45.
P.245 掲載の参考文献
1) 槇野博史 (編). 糖尿病性腎症-発症・進展機序と治療. 診断と治療社 ; 1999.
3) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2012-2013. 文光堂 ; 2013. pp.78-9.
4) 日本腎臓学会 (編). CKD診療ガイド 2012. 東京医学社 ; 2012. p.3.
5) 日本腎臓学会 (編). エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン 2013. 東京医学社 ; 2013. p.17.
P.253 掲載の参考文献
2) 佐藤祐造 (編). 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南光堂 ; 2011. p.14.
3) 糖尿病性神経障害を考える会. 糖尿病性多発神経障害の簡易診断基準の改定について. 末梢神経 2003 ; 14 : 225-7.
4) Levin ME. Pathogenesis and management of diabetic foot lesion. In : Levin ME et al (eds). The Diabetic Foot, 5th edition. Mosby ; 1993. pp.17-60.
5) 馬場正之. III. 合併症対策の進歩 3. 糖尿病性神経障害. 日内会誌 2009 ; 98 : 779-86.
P.261 掲載の参考文献
1) International Working Group on the Diabetic Foot. International Consensus on the Diabetic Foot and Practical Guidelines on the Management and the Prevention of the Diabetic Foot : on DVD. 2011. http://www.idf.org/bookshop
2) 河野茂夫, 宮地良樹 (編). フットケア最前線. メディカルレビュー社 ; 2008.
4) Schaper N, et al (eds). The diabetic foot. Diabetes Metab Res Rev 2012 ; 28 (Suppl 1) : 1-237.
5) 河野茂夫. 糖尿病フットマネージメント. 診断と治療社 ; 2002.
6) 国立病院機構京都医療センターホームページ. 糖尿病フットケア (患者教育用資料). http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/depart/foot.html
P.268 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン. 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン (2012年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_nohara_h.pdf (2013年12月閲覧)
2) Norgren L, et al ; TASC II Working Group. Inter-Society Consensus for the Management of Peripheral Arterial Disease (TASC II). J Vasc Surg 2007 ; 45 (1 Suppl S) : S5A-67A.
3) ACC/AHA 2005 Practice guidelines for the management of patients with peripheral arterial disease (lower extremity, renal, mesenteric, and abdominal aortic) : Executive summary. Circulation 2006 ; 113 : 1474-547.
P.275 掲載の参考文献
1) 押田芳治, 佐藤祐造. 運動療法のやり方と効果. 日内会誌 2004 ; 93 : 726-32.
3) Executive Summary : Standards of medical care in diabetes-2012. Diabetes Care 2012 ; 35 (Suppl 1) : S11-63.
4) 佐藤祐造 (編). 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南江堂 ; 2011.
P.283 掲載の参考文献
1) 健康日本21評価作業チーム. 「健康日本21」最終評価. 厚生労働省 ; 2011.
2) 運動基準・運動指針の改定に関する検討会. 健康づくりのための身体活動基準2013. 厚生労働省 ; 2013.
4) Cruz-Jentoft AJ, et al. Sarcopenia : European consensus on definition and diagnosis : Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People. Age Ageing 2010 ; 39 : 412-23.
6) 宮地元彦ほか. サルコペニアに対する治療の可能性-運動介入効果に関するシステマティックレビュー. 日本老年医学会雑誌 2011 ; 48 : 51-4.
8) Rubenstein LZ, Josephson KR. Intervention to reduce the multifactorial risks for falling. In : Masdeu JC, et al (eds). Gait Disorders of Aging, Falls and Therapeutic Strategies. Lippincott-Raven ; 1997. pp.309-26.
P.285 掲載の参考文献
1) 厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会. 健康日本 21 (第二次) の推進に関する参考資料. 2013. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_02.pdf
2) 中村耕三. ロコモティブシンドローム (運動器症侯群) -超高齢社会における健康寿命と運動器. 日整会誌 2009 ; 83 : 1-2.
4) ロコモチャレンジ! 推進協議会. ロコモ度テスト. 2013. https://locomo-joa.jp/check/test/
P.289 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...