小児科コミュニケーションスキル

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2014-04-30
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784521736839
電子書籍版: 2014-04-30 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

8,580 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

8,580 円(税込)

商品紹介

診察室で子どもと接するとき,どうすれば信頼を得,心地よい診療が提供できるのか―子どもや付き添い家族への言葉かけ・表情・視線・ふるまいに焦点を絞り,小児科外来でよく遭遇する場面(発熱・下痢,熱性けいれん,アトピー性皮膚炎,食物アレルギー,発達障害,健診,検査,予防接種など)での対話とふるまいを実例から紹介

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • 真似たい対応と言葉
  • 症状
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 疾患
  • 熱性けいれん
  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー
  • 気管支喘息
  • 発達障害
  • けが・熱傷・頭部外傷
  • 低身長
  • ダウン症候群 ( 21トリソミー )
  • 夜尿症
  • 不登園, 不登校
  • 血尿・蛋白尿
  • 知恵の実 そのマニキュアよく似合うよ
  • 各場面での関わり方
  • 診察
  • 乳幼児健診
  • 検査
  • 予防接種
  • 子育て相談
  • 知恵の実 「困った親」
  • 家族・関係機関との関係づくり
  • 母親・父親
  • 祖父母・きょうだい
  • 保育園・幼稚園
  • 保健所, 保健センター
  • 学校
  • 病院
  • 救急センター ( 初期救急施設 )
  • スタッフが使いたい対応と言葉
  • 受付
  • 電話対応
  • 看護
  • 大切にしたい子どもへのまなざし
  • 信頼関係の構築
  • 母親の心をつかむ - 小児科医の言葉かけ ( 接遇 )
  • 医学生臨床実習にみる "子どもへのまなざし" の大切さ
  • 子どもへのまなざし
  • 診察室でのまなざし
  • 知恵の実 信頼のまなざし
  • 子どもへのまなざし, 母親へのまなざし - kindness, gentleness, sympathy, understanding
  • 子どものまなざしに寄り添うとは
  • 小児科医のまなざし - 深大寺釈迦如来倚像
  • 虫の目, 鳥の目, 魚の目, こうもりの目, 心の目
  • スペシャル・コラム 言わなければよかった言葉
  • スペシャル・コラム しなければよかった対応
  • ドルチェ 診察技法 - 小児診療とコミュニケーション
  • ドルチェ "コミュニケーション" の種を蒔く - 五感をくすぐる仕かけと課題
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

真似たい対応と言葉

P.10 掲載の参考文献
・竹内敏雄. 発熱の初期対応. 五十嵐隆総編集. 田原卓浩専門編集. 小児科臨床ピクシス 29 体温調節のしくみ. 東京 : 中山書店 ; 2011. p.16-23.
・山田奈生子. 発熱の初期対応. 五十嵐隆総編集. 田原卓浩専門編集. 小児科臨床ピクシス 29 発熱の診かたと対応. 東京 : 中山書店 ; 2011. p.2-5.
・鈴江純史. 田原卓浩総編集. 黒崎知道専門編集. 総合小児医療 プライマリ・ケアの感染症. 東京 : 中山書店 ; 2013. p.48-9.
・テルモ体温研究所ホームページ. 体温計入門, 検温方法, ワキでの検温 http://www.terumo-taion.jp/temperature/index.html
P.19 掲載の参考文献
3) Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Infant deaths associated with cough and cold medications : two states, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007 ; 56 : 1-4.
4) 冨本和彦. 小児の急性気道炎症における夜間咳嗽の検討-深夜の咳嗽, 就眠直後の咳嗽に関連する併存呼吸器症状. 外来小児科 2010 ; 13 : 246-53.
P.25 掲載の参考文献
・田原卓浩総編集. 宮田章子専門編集. 総合小児診療カンパニア. 初期診療を磨く-センスとサイエンス. 東京 : 中山書店 ; 2013.
・加藤英治. 総合診療ブックス. 症状でみる子どものプライマリ・ケア. 東京 : 医学書院 ; 2010.
・豊原清臣監修. 開業医の外来小児科学. 改訂6版. 東京 : 南山堂 ; 2013.
P.32 掲載の参考文献
1) 宇田川美野子. 下痢. 五十嵐隆編. 目で見る小児救急. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.10-1.
2) 保育所における腸管出血性大腸菌感染症集団発生事例の増加. 国立感染症情報センター・感染症発生動向調査2013年50号.
3) 蘆田明ほか. 溶血性尿毒症症候群. 日児誌 2013 ; 117 : 1-10.
4) 五十嵐隆. 脱水症. 五十嵐隆編. 目で見る小児救急. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.12-5.
5) 前原幸治ほか. 止痢剤・整腸剤の使い方. 小児科学レクチャー 2012 ; 2 : 14-21.
6) 田尻仁. 消化管感染症の課題と展望. 日児誌 2009 ; 116 : 1857-64.
・五十嵐隆総編集. 清水俊明専門編集. 下痢・便秘. 小児科臨床ピクシス 18. 東京 : 中山書店 ; 2010.
P.39 掲載の参考文献
・洲鎌盛一. 単純型熱性痙攣にジアゼパムの投与は必要か? 真部淳, 上村克徳編. 小児科研修医の素朴な疑問に答えます. 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2008. p.172-4.
・小田原紗羅ほか. プライマリケア・マスターコース-マンスリーレクチャー : 「小児科診療のすすめ」 : (02) エビデンスに基づく熱性痙攣. 2011 ; No.4543.
・荻原正明ほか. 熱性発作 (熱性けいれん) の発作症状-発作起始から観察された症例についての検討. 小児科臨床 1996 ; 49 : 2373-80.
P.47 掲載の参考文献
・古江増隆ほか. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン. 日皮会誌 2009 ; 119 : 1515-34.
・アトピー性皮膚炎治療ガイドライン 2012. 片山一朗, 河野陽一監修. 東京 : 協和企画 ; 2012.
P.56 掲載の参考文献
・字理須厚雄ほか. 食物診療ガイドライン 2012. 東京 : 協和企画 ; 2011.
・海老澤元博ほか. 食物アレルギー診療の手引 2011. 厚生労働科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業 食物アレルギーの発症要因の解明および耐性化に関する研究. 2011.
・片山一朗ほか. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン. 東京 : 協和企画 ; 2012.
・秀道弘ほか. 蕁麻疹診療ガイドライン. 日皮会誌 2011 ; 121 : 1338-9.
P.65 掲載の参考文献
・濱崎雄平ほか. 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2012. 東京 : 協和企画 ; 2011.
・馬場実. お母さんたちのこどもの喘息. 東京 : 日本小児医事出版社 ; 1988.
・西間三馨ほか. 小児の気管支喘息. 東京 : 現代医療社 ; 2002.
・五十嵐隆夫ほか. 正しく知って治すアレルギー. 新潟 : 新潟日報事業社 ; 2006.
P.74 掲載の参考文献
1) 小高真美ほか. 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 第11回 (2007年度) 研究助成「診療報酬から見た軽度発達障害医療のあり方 (軽度発達障害医療の費用負担のあり方)」研究報告書. 2008.
・小枝達也ほか. 「育てにくさ」に寄り添う支援マニュアル. 東京 : 診断と治療社 ; 2009.
・小枝達也ほか. 育てにくさをもつ子どもたちのホームケア. 東京 : 診断と治療社 ; 2012.
・秋山千枝子, 堀口寿広. スクールカウンセリングマニュアル-特別支援教育時代に. 東京 : 日本小児医事出版社 ; 2007.
P.84 掲載の参考文献
1) Pakchak MJ, et al. A decision rule for identifying children at low risk for brain injuries after blunt head trauma. Ann Emerg Med 2003 ; 42 : 492-506.
2) ロバート・M・リース, シンディー・W・クリスチャン編. 溝口史剛訳. 日本子ども虐待医学研究会監訳. 子ども虐待医学-診断と連携対応のために. 東京 : 明石書店 ; 2013. p.9.
3) 夏井陸. これからの創傷治療. 東京 : 医学書院 ; 2003.
5) 佐久間秀人. 小児熱傷に対する湿潤療法総論. 外来小児科 2013 ; 16 : 39-45.
6) 佐々木正人. 外傷- 湿潤療法. 総合小児医療カンパニア. 小児科医の役割と実践. 東京 : 中山書店 ; 2013. p.183-6.
P.94 掲載の参考文献
・藤枝憲二ほか. 成長障害のマネージメント. 東京 : 医薬ジャーナル社 ; 2002.
・田中敏章. こどもの身長を伸ばす本. 東京 : 講談社 ; 2011.
・額田成. 子どもの身長を伸ばすためにできること. 東京 : PHP研究所 ; 2004.
P.103 掲載の参考文献
・日本ダウン症協会. 大切な命を産み育むために. 東京 : 日本ダウン症協会 ; 2009. p.7-10.
・菅野敦ほか. ダウン症ハンドブック. 東京 : 日本文化科学社 ; 2013. p.57-62, 103-10, 166-8.
P.111 掲載の参考文献
P.125 掲載の参考文献
1) 五十嵐隆ほか. 検診担当者のための学校腎臓病検診マニュアル. 厚生労働科学研究「小児難治性腎尿路疾患の早期発見, 診断, 治療・管理に関する研究」. 2007年1月.
2) 小杉武史. 血尿の出血部位診断と非糸球体性血尿. 川戸英彦ほか編. NewMook 小児科. 血尿と蛋白尿. 東京 : 金原出版 ; 1992. p.58-66.
・河村一郎ほか. 急性糸球体腎炎, 紫斑病性腎炎の臨床的・疫学的検討. 小児科診療 1995 ; 58 : 245-9.
・五十嵐隆. 小児腎疾患の臨床. 改訂第5版. 東京 : 診断と治療社 ; 2012

各場面での関わり方

P.140 掲載の参考文献
1) 久道茂. 医学判断入門. 東京 : 南江堂 ; 1990.
2) 前川喜平編. 乳幼児健診における境界児をどう診てどう対応するか. 東京 : 診断と治療社 ; 2010.
P.151 掲載の参考文献
1) 子どもの痛みの看護ケア. 小児看護 2011 ; 34 : 949-57.
2) 日本小児科医会制作. 及川馨監修. ビジュアル予防接種マニュアル. 東京 : 日本小児医事出版社 ; 2013. p.2-20.
予防接種ガイドライン検討委員会. 予防接種間違い防止の手引き. 2004.
繁田正毅編. カラー写真でよくわかる注射・採血法. 東京 : 羊土社. 2010.
P.159 掲載の参考文献
・小枝達也ほか. 「育てにくさ」に寄り添う支援マニュアル. 東京 : 診断と治療社 ; 2009.
・小枝達也ほか. そだてにくさをもつ子どもたちのホームケア. 東京 : 診断と治療社 ; 2012.
・秋山千枝子, 堀口寿広. スクールカウンセリングマニュアル-特別支援教育時代に. 東京 : 日本小児医事出版社 ; 2007.
・厚生労働省. 子どもの心の診療医の専門研修テキスト. http//www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/kokorono-shinryoui.html

家族・関係機関との関係づくり

P.167 掲載の参考文献
・豊原清臣ほか監修. 開業医の外来小児科学. 改訂6版. 東京 : 南山堂 ; 2013.
P.172 掲載の参考文献
1) 中小企業家同友会全国協議会編. 21世紀型中小企業づくりの決め手「経営指針作成の手引き」. 2002.
P.178 掲載の参考文献
1) 新谷尚久ほか. 幼稚園児の月当たり欠席日数・推移からみた「保育園症候群」に関する検討. 日児誌 2012 ; 116 (2) : 475.
2) 苦手な患者さんとどう付き合う. http://phnet.novartis.co.jp
3) 宮城惠子, 伊佐雅子. 患者の視点からみた医療不信とコミュニケーション. Kyushu Communication Studies. 2012.10.14-36
4) 看護技術 wiki : http://kangogijyutu.wiki.fc2.com/wiki
・村田保太郎. 保育の根っこにこだわろう. 東京 : 全国社会福祉協議会 ; 2013.
P.184 掲載の参考文献
・水野克己ほか. よくわかる母乳育児. 改訂第2版. 東京 : ヘルス出版 ; 2013.
・吉田敬子ほか. 吉田敬子監修. 産後の母親と家族のメンタルヘルス-自己記入式質問紙を活用した育児支援マニュアル. 東京 : 母子衛生研究会 ; 2008.
P.189 掲載の参考文献
1) 岩田祥吾ほか. 学校医は学校へ行こう! 東京 : 医歯薬出版 ; 2006.
2) 弓倉整ほか企画・監修. 特集 園医・学校医の役割. 日本医師会雑誌 2012 ; 141 : 7.
P.193 掲載の参考文献
・武谷茂. 初期印象診断. 開業医の外来小児科学. 改訂6版. 東京 : 南山堂 ; 2013. p.113-6.
・土畠智幸. 在宅医療の実践と将来像-病診連携の構築. 総合小児医療カンパニア 小児科医の役割と実践-ジェネラリストのプロになる. 東京 : 中山書店 ; 2013. p.112-7.
・高山ジョン一郎. メディカル・ホーム. 総合小児医療カンパニア 小児科医の役割と実践-ジェネラリストのプロになる. 東京 : 中山書店 ; 2013. p.8-14.
P.198 掲載の参考文献
1) 西村龍夫. 小児プライマリーケアにおける抗菌薬の適正使用について-プライマリーケアの治療を考え直そう. 日児誌 2010 ; 114 : 1357-66.

大切にしたい子どもへのまなざし

P.224 掲載の参考文献
・小林登. 育つ育てるふれあいの子育て-胎児期からの子育て学. 東京 : 風濤社 ; 2000.
・たけながかずこ. 30からのキャリア & 子育て. 東京 : 大和書房 ; 1991.
・木村登紀子. つながりあう "いのち" の心理臨床-患者と家族の理解とケアのために. 東京 : 新曜社 ; 2009.
・ゲーリー・チャップマン. ディフォーレスト千恵訳. 愛を伝える5つの方法. 東京 : いのちのことば社 ; 2007.
・近藤裕. 心と心が通じ合う「伝心力」の育て方-自分の心が相手に伝わり, 心が通じ合う関係をつくるために. 東京 : アチーブメント社 ; 2007.
P.231 掲載の参考文献
1) 山下文雄ほか編. ベッドサイドの小児の診かた. 東京 : 南山堂 ; 1988.
2) 日本医事新報 1986 : No.3253.
3) 山下文雄. 小児科医として生きて. からだの科学 2002 ; 臨時増刊 : 小児科医が変わる.
P.234 掲載の参考文献
・稲垣由子. 子どものまなざしと子どもに寄り添うということ. 小児の精神と神経 2009 ; 44 : 7-11.
・稲垣由子. 子ども学概論. 東京 : 丸善プラネット ; 2012.
P.237 掲載の参考文献
1) 斎藤修. 江戸と大坂. 東京 : NTT出版 ; 2002.
2) 福田アジオほか編. 図解案内日本の民族. 東京 : 吉川弘文館 ; 2012.
P.240 掲載の参考文献
・涌水理恵ほか. 小児プライマリ・ケアにおける保護者の医療機関選択プロセス-医師患者関係に焦点を当てて. 外来小児科 2009 ; 12 : 17-29.
・マーガレット・ガータイスほか編. 信友浩一監訳. ペイシェンツ・アイズ. 東京 : 日経BP社 ; 2001.
・クリフトン・K・ミーダー編. 福井次矢訳. ドクターズルール 238-医師の心得集 第2集. 東京 : 南江堂 ; 2001.
・山浦玄嗣. ガリラヤのイェシュー. 大船渡 : イー・ピックス出版 ; 2012.

最近チェックした商品履歴

Loading...