• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  整形外科看護 2014年春季増刊号 整形外科 きほんの看護技術

整形外科看護 2014年春季増刊号 整形外科 きほんの看護技術

出版社: メディカ出版
発行日: 2014-05-10
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 13424718
雑誌名:
特集: 写真でトコトン! いちばんはじめの 整形外科 きほんの看護技術
電子書籍版: 2015-04-10 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,320 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,320 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 本書について
  • はじめに
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • 総説 看護技術を学ぶときの心構え
  • 第1章 保存療法期の看護技術
  • (1) 包帯法
  • (2) ギプス・シーネ固定
  • (3) ギプスカット
  • (4) 脊椎装具の装着法
  • (5) 膝装具の着脱法
  • (6) 肩装具の着脱法
  • 第2章 術前の看護技術
  • (7) 直達牽引
  • (8) 介達牽引
  • (9) 貯血式自己血輸血の管理
  • (10) 陰圧閉鎖療法 ( NPWT )
  • 第3章 術後の看護技術
  • (11) 創部の観察
  • (12) 創部ドレーン管理
  • (13) 胸腔ドレーン管理
  • (14) PCAの管理
  • (15) 創外固定の管理
  • (16) 車いす移乗 ( ベッド⇔車いす移乗, 車いす⇔トイレ移乗 )
  • (17) 排泄介助
  • (18) 清拭
  • (19) アイシングマシーンの扱い方
  • (20) 深部静脈血栓予防 ( 深部静脈血栓予防の要点, 足関節自動運動, 弾性ストッキング, 間欠的空気圧迫法 )
  • (21) 人工股関節全置換術後の体位変換
  • (22) 脊椎術後の体位変換
  • (23) NPPVの扱い方
  • 第4章 回復期の看護技術
  • (24) 歩行器歩行
  • (25) 松葉杖・杖歩行
  • (26) ベッド上リハビリテーション指導
  • (27) CPM訓練
  • さくいん
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

総説 看護技術を学ぶときの心構え

P.14 掲載の参考文献
1) 公益社団法人日本整形外科学会ホームページ. http://www.joa.or.jp/jp/index.html (2014年3月参照)
2) 内海香子ほか. "運動機能障害と日常生活". 運動機能障害/性・生殖機能障害. 第2版. 野口美和子ほか編. 東京, メヂカルフレンド社, 2007, 4-12, (新体系看護学全書, 別巻, 機能障害からみた成人看護学, 5).
3) 川西美佐. 看護技術における「触れる」ことの意義 : 整形外科看護師の生活行動援助技術を身体性の観点から探究して. 日本赤十字広島看護大学紀要. 5, 2005, 11-9.
4) 黒澤尚ほか. "看護の基本". 運動器. 第3版. 東京, メヂカルフレンド社, 2012, 214-41, (新体系看護学全書, 専門分野II, 成人看護学, 11).

第1章 保存療法期の看護技術

P.23 掲載の参考文献
1) 山崎裕美子. "包帯法". 基礎看護 2 : 基礎看護技術. 第13版. 東京, 医学書院, 2006, 386-91, (新看護学, 7).
2) 真島康子ほか. "肩関節周囲炎". 術前術後の流れが一目でわかる整形外科疾患別看護マニュアル. 飯田寛和監. 大阪, メディカ出版, 2007, 168-75.
3) 松本守雄総監修. "固定法". ナースのためのやさしくわかる整形外科. 東京, ナツメ社, 2012, 286-307.
P.30 掲載の参考文献
1) 田中寿一ほか. "キャストの基礎知識". キャスト法マニュアル. 改訂第2版. 東京, 南江堂, 2007, 2-7.
2) 浜西千秋. "固定法". 標準整形外科学. 第11版. 中村利孝ほか編. 東京, 医学書院, 2012, 160-3.
P.37 掲載の参考文献
1) 荒木淳子ほか. 整形外科看護実践トレーニング : 3 ギプス. 整形外科看護. 7 (7), 2002, 63.
2) 武田恵子. "ギプス". ビジュアル整形外科看護. 佐々木由美子ほか編. 東京, 照林社, 2012, 6-7.
3) 山元恵子監. "ギプスカット (キャストの場合)". 写真でわかる整形外科看護. 東京, インターメディカ, 2009, 38-40.
4) 森川圭造. "ギプス障害". 骨折ケア超実践マニュアル. 中瀬尚長編. 整形外科看護臨時増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 84-6.
P.45 掲載の参考文献
1) 高田研. 体幹装具の基礎知識. 整形外科看護. 12 (11), 2007, 31.
2) 佐々木由美子. "装具の装着". ビジュアル整形外科看護. 佐々木由美子ほか編. 東京, 照林社, 2012, 16-9.
3) 山元恵子監. "装具". 写真でわかる整形外科看護. 東京, インターメディカ, 2009, 91-6.
4) 千住秀明. "体幹装具の構成要素". 義肢装具学. 川村次郎ほか編. 東京, 医学書院, 1992, 277-92.
5) 末綱太. "脊椎". 整形外科の疾患・治療・看護のギモン136. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 75-91.
6) 松野泰子ほか. "頚椎". 整形外科の疾患・治療・看護のギモン136. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 145-51.
7) 大箸佐枝子ほか. 頚椎装具の使用法. 整形外科看護. 18 (5), 2013, 66-8.
8) 内田竜生. "保存療法と治療原理". 運動器疾患. 中村利孝編. 東京, 中山書店, 2005, 71, (看護のための最新医学講座, 18).
P.52 掲載の参考文献
1) 川村次郎ほか編. 義肢装具学. 第4版. 東京, 医学書院, 2009, 464p.
2) 冨金原武. ニースプリント (膝固定装具). 整形外科看護. 16 (1), 2011, 26-8.
P.59 掲載の参考文献
1) 天野聡子ほか. 肩関節の術前・術後ケアのDo Not. 整形外科看護. 14 (1), 2009, 18-25.
2) 松浦恒明. 部位別でわかる整形外科用語集 : 肩(3). 整形外科看護. 13 (8), 2008, 81-2.
3) 工藤慎太郎. "肩関節周囲炎". 運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学. 東京, 医学書院, 2012, 32-45.

第2章 術前の看護技術

P.70 掲載の参考文献
1) 田中順子ほか. "骨盤骨折". 整形外科疾患別看護マニュアル. 飯田寛和監. 整形外科看護秋季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 168-79.
2) 稲又智子ほか. "骨折看護のギモン". 整形外科の疾患・治療・看護のギモン136. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 275-6.
P.76 掲載の参考文献
1) 加藤光宝. "診断, 検査と治療・処置". 運動器. 東京, 医学書院, 2008, 79-80, (系統看護学講座, 専門14, 成人看護学, 10)
2) 臼田喜美子ほか. 介達牽引. 整形外科看護. 16 (11), 2011, 72-5.
P.85 掲載の参考文献
1) 厚生省. 厚生省血液研究事業 昭和59年度研究報告書集. 1984, 56.
2) 脇本信博. 貯血式自己血輸血ガイドライン作成に向けての検討課題 : わが国と欧米のガイドラインの比較検討から. 自己血輸血. 18 (1), 2005, 114-32.
3) 高橋孝喜. 自己血輸血ガイドライン改定案について. 自己血輸血. 14 (1), 2001, 1-19.
4) 自己血輸血 : 採血及び保管管理マニュアル作成小委員会. 自己血輸血 : 採血及び保管管理マニュアル. 1999, 52-61.
5) 山崎聡ほか. 外来処置 自己血輸血. 新OS NOW. 25. 2005, 93-7.
P.94 掲載の参考文献

第3章 術後の看護技術

P.102 掲載の参考文献
1) 武田睦ほか. "創管理". 術後ケアとドレーン管理. 竹末芳生ほか編. 東京, 照林社, 2009, 58-62.
2) 佐藤綾子ほか. 創傷処置. 整形外科看護. 18 (4) , 2013, 17-8.
3) 山元恵子監. "周手術期のケア". 写真でわかる整形外科看護. 東京, インターメディカ, 2009, 72-3.
4) 阿部美穂ほか. "手術直後の患者のみかた". 臨床看護実践マニュアル 外科編. 井部俊子ほか編. 東京, 南江堂, 1999, 97-9.
P.111 掲載の参考文献
1) 多田雅代. "排液管理 (アセスメント, 廃液方法)". 術後ケアとドレーン管理. 竹末芳生ほか編. 東京, 照林社, 2009, 258.
2) 柿下博一. ドレーン管理. 整形外科看護. 18 (4), 2013, 32-8.
3) 阿部美穂ほか. "手術直後の患者のみかた". 臨床看護実践マニュアル 外科編. 井部俊子ほか編. 東京, 南江堂, 1999, 100.
4) 阿部美穂ほか. "ドレナージ法". 臨床看護実践マニュアル 外科編. 井部俊子ほか編. 東京, 南江堂, 1999, 335-7, 342-3.
P.119 掲載の参考文献
1) 山下香枝子. "胸腔ドレナージ". 呼吸器. 第13版. 東京, 医学書院, 2011, 122, (系統看護学講座, 専門分野2, 成人看護学2).
2) 山下香枝子. "胸腔ドレナージを受ける患者の看護". 呼吸器. 第12版. 東京, 医学書院, 2007, 267-8, (系統看護学講座, 専門分野6, 成人看護学2).
3) 帝京大学医学部附属病院看護部. 看護手順2013.
P.126 掲載の参考文献
1) 舘田一博ほか. "麻薬および類似薬". 今日の治療薬2013. 浦部晶夫ほか編. 東京, 南江堂, 2013, 948-9, 961.
2) 西本健太ほか. 硬膜外麻酔/PCAによる鎮痛中の看護. 整形外科看護. 18 (10), 2013, 39-45.
P.133 掲載の参考文献
1) 櫻吉啓介ほか. "創外固定器による骨接合術". 整形外科手術と術後ケア. 飯田寛和編. 整形外科看護秋季増刊. 大阪, メディカ出版, 2005, 276-84.
P.152 掲載の参考文献
1) 村上智子. 車いす. 整形外科看護. 18 (9), 2013, 12-3.
2) 桑原洋介. "車いす移乗訓練". 整形外科ナースの必須看護技術. 整形外科看護春季増刊. メディカ出版, 大阪, 2008, 42-5.
3) 今利英子ほか. THA後のトランスファー. 整形外科看護. 18 (5), 2013, 26-36.
4) 守口尚美. 車いす操作を獲得するコツ. 整形外科看護. 18 (6), 2013, 15-21.
5) 宇野秋人. 車いすの基礎知識. 整形外科看護. 12 (11), 2007, 12-21.
6) 岩本博美ほか. ギプス装具中のADL指導. 整形外科看護. 9 (9), 2004, 19-20.
7) 北島将ほか. 股関節術後のNGケアとOKケア. 整形外科看護. 17 (1), 2012, 38-9.
8) 千田益生. "下肢の術後リハビリテーション". 整形外科看護スタンダードテキスト下肢編. 荻野浩編. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2010, 284-5.
P.160 掲載の参考文献
1) 加藤紀仁. 股関節の可動域が低下している術後患者のADL援助のポイント. 整形外科看護. 17 (7), 2012, 35-9.
2) 高木啓至. 膝関節の可動域が低下している術後患者のADL援助のポイント. 整形外科看護. 17 (7), 2012, 40-5.
P.167 掲載の参考文献
1) 玉井幹人ほか. 肩関節術後のNGケアとOKケア. 整形外科看護. 17 (1), 2012, 14-23.
P.174 掲載の参考文献
1) 高橋三枝子ほか. "術前・術後のギモン : アイシング". 整形外科の疾患・治療・看護のギモン136. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 221-5.
2) 黒川真紀子. アイシング用器具. 整形外科看護. 18 (9), 2013, 33-8.
P.191 掲載の参考文献
1) 佐久田斉ほか. "静脈疾患を知ろう". 新弾性ストッキングコンダクター. 平井正文ほか編. 東京, へるす出版, 2012, 12.
2) 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防ガイドライン作成委員会. 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防ガイドライン. 東京, メディカルフロントインターナショナルリミテッド, 2004, 96.
3) 日本整形外科学会. 日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン. 東京, 南江堂, 2008, 23-4.
4) 佐久田斉ほか. "圧迫療法の具体的応用法". 新弾性ストッキングコンダクター. 平井正文ほか編. 東京, へるす出版, 2012, 91.
5) 島田宗昭ほか. 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防マニュアル. 鳥取大学医学部附属病院. 2010. (院内マニュアル)
6) 小林郁ほか. 弾性ストッキング. 整形外科看護 18 (4), 2013, 64-5.
P.197 掲載の参考文献
1) 山元恵子監. "周手術期のケア". 写真でわかる整形外科看護. 東京, インターメディカ, 2009, 74-5.
2) 荘村明彦. "ポジショニング". "下肢帯疾患". 整形外科. 加藤光宝編. 東京, 中央法規出版, 2011, 106-7, 222-8, (新看護観察のキーポイントシリーズ).
3) 今利英子ほか. THA後の体位変換. 整形外科看護. 18 (5), 2013, 19-25.
4) 水田善憲ほか. "体位変換と良肢位の保持". 整形外科ナースの必須看護技術. 大阪, メディカ出版, 2008, 47-53.
P.204 掲載の参考文献
1) 小川祐子ほか. 脊椎疾患患者の体位変換. 整形外科看護. 18 (5), 2013, 18.
2) 山田理奈ほか. 脊椎術後の体位変換. 整形外科看護. 15 (8), 2010, 76-80.
3) 松野泰子ほか. 頚椎術後の体位変換・移乗のテクニック. 整形外科看護. 16 (3), 2011, 13-4.
4) 佐藤国美ほか. 腰椎術後の体位変換・移乗のテクニック. 整形外科看護. 16 (3), 2011, 25-9.
5) 水田善憲ほか. "体位変換と良肢位の保持". 整形外科ナースの必須看護技術. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2008, 47-53.
P.211 掲載の参考文献
1) 石原英樹. "マスクフィッティングを援助しよう". はじめてのNPPV. 大阪, メディカ出版, 2013, 41-9.
2) 並木昭義ほか編. "非気管挿管下の人工呼吸管理". よくわかる人工呼吸器管理テキスト. 改訂第5版. 東京, 南江堂, 2010, 62-73.
3) 小原史子. NPPVの基礎知識. 重症集中ケア. 10 (2), 2011, 52-62.
4) 濱本実也. NPPV使用の実際. 重症集中ケア. 10 (2), 2011, 63-9.
5) 石原英樹. 特集 : 急性期NPPVが増えてきた!. エキスパートナース. 26 (7), 2010, 35-50.

第4章 回復期の看護技術

P.220 掲載の参考文献
1) 黒川真紀子. 歩行器. 整形外科看護. 18 (9), 2013, 17-20.
2) 大嶋義之ほか. 歩行器の基礎知識. 整形外科看護. 12 (11), 2007, 21-5.
3) 谷川壽栄ほか. "歩行器歩行". 整形外科ナースの必須看護技術. 整形外科看護春季増刊. 大阪, メディカ出版, 2008, 99-103.
4) 山崎祐輔ほか. 歩行器や補装具などを用いた患者の歩行訓練. 整形外科看護. 15 (1), 2010, 4-8.
P.230 掲載の参考文献
1) 服部一郎ほか. "杖・松葉杖・歩行器". リハビリテーション技術全書. 第2版. 服部一郎編. 東京, 医学書院, 1984, 401-9.
2) 松田淳子. "歩行補助具と歩行". 図解理学療法技術ガイド : 理学療法臨床の場で必ず役立つ実践のすべて. 第3版. 石川齊ほか編. 東京, 文光堂, 2007, 643-8.
P.237 掲載の参考文献
1) Hettinger,T. Physiology of strength. Springfield, Chales C. Thomas Publisher, 1961, 30.
P.244 掲載の参考文献
1) 山元恵子監修. "関節可動域運動". 写真でわかる整形外科看護. 東京, インターメディカ, 2009, 78-81.
2) 日本シグマックス株式会社. オプティフレックス3 取り扱い説明書.
3) 柳沢弘美. "CPM (持続的他動運動器械)". ビジュアル整形外科看護. 佐々木由美子ほか編. 東京, 照林社, 2012, 40-1.
4) 神谷恵子. "変形性膝関節症". フローチャート&チェックリストですぐに役立つ整形外科疾患別看護マニュアル. 飯田寛和監修. 整形外科看護秋季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 212.

最近チェックした商品履歴

Loading...