SGLT2阻害薬のすべて

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 2014-04-30
分野: 薬学  >  薬学一般
ISBN: 9784884079789
電子書籍版: 2014-04-30 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

4,840 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,388 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • [ Part 1 ] 糖輸送体の基礎と創薬の歴史をみる
  • [1] 糖輸送体の基礎を知る
  • はじめに
  • 1. 糖代謝と糖輸送
  • 2. 糖輸送体の種類
  • 1) GLUT
  • 2) SGLT
  • 3. SGLT1とSGLT2
  • 1) 発見の歴史と生理機能
  • 2) 腎尿細管でのグルコース再吸収における機能分担
  • 4. 糖尿病におけるグルコース輸送体の発現変動
  • おわりに
  • [2] SGLTを標的とした薬剤, その開発の歴史と経緯を知る
  • はじめに
  • 1. 糖毒性の重要性
  • 2. フロリジンから経口投与可能なSGLT阻害薬へ
  • 3. プロドラッグとして尿細管に選択的なSGLT阻害薬T - 1095
  • 4. T - 1095によって明らかにされた糖毒性の機序
  • 5. SGLT2選択的阻害薬の開発
  • おわりに
  • [ Part 2 ] SGLT2阻害薬の基礎をみる
  • [1] SGLT2阻害薬の基礎薬理を知る
  • はじめに
  • 1. SGLT阻害薬からSGLT2阻害薬への展開
  • 2. 血糖降下にかかわる作用
  • 3. 血糖降下以外の作用
  • 4. SGLT2阻害薬存在下での糖代謝への影響の有無
  • おわりに
  • [2] SGLT2阻害薬の臨床薬理を探る
  • はじめに
  • 1. SGLTとは
  • 2. これまでに報告されたおもな臨床試験
  • 3. 安全性に関する留意点
  • おわりに
  • [ Part 3 ] SGLT2阻害薬の臨床データをみる
  • SGLT2阻害薬の臨床データをみる - 臨床治験データより -
  • はじめに
  • 1. 単独療法の有効性
  • 2. 併用療法の有効性
  • 1) 経口血糖降下薬との併用療法
  • 2) インスリンとの併用療法
  • 3. 長期投与における有効性
  • 4. 体重低下作用
  • 5. 副次的効果 ( 血圧・脂質 )
  • 1) 血圧
  • 2) 脂質
  • 6. 腎機能障害患者における有効性
  • 7. 低血糖
  • 8. 尿路感染・生殖器感染
  • 9. 忍容性・安全性 ( 注意点 )
  • おわりに
  • [ Part 4 ] SGLT2阻害薬の安全性と服薬アドヒアランスをみる
  • SGLT2阻害薬の安全性と服薬アドヒアランスをみる - 臨床治験データより -
  • はじめに
  • 1. 臨床効果 : 血糖低下作用, 体重減少作用
  • 1) ダパグリフロジン
  • 2) カナグリフロジン
  • 3) イプラグリフロジン
  • 4) その他の薬剤
  • 2. 臨床効果 : 降圧作用・脂質代謝改善作用
  • 3. 副作用と服薬アドヒアランスに影響する因子
  • 1) 低血糖
  • 2) 尿路・生殖器感染症・頻尿
  • 3) 心血管イベント
  • おわりに
  • [ Part 5 ] SGLT2阻害薬への期待と予想される注意点を探る
  • [1] SGLT2阻害薬の血糖降下作用への期待を探る
  • はじめに
  • 1. 新たな糖尿病治療の目標
  • 2. SGLT2阻害薬による血糖降下作用
  • 3. 2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬の血糖低下効果
  • おわりに
  • [2] SGLT2阻害薬の体重への影響と期待を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬
  • 2. SGLT2阻害薬服用下の体重減少をどのようにとらえるか
  • 1) ダパグリフロジン
  • 2) カナグリフロジン
  • 3) イプラグリフロジン
  • 4) ルセオグリフロジン
  • 3. 体重減少に伴う摂食行動への影響はあるか
  • 4. SGLT2阻害薬全体としての臨床効果
  • 5. 安全性について
  • おわりに
  • [3] SGLT2阻害薬による膵β細胞機能保護への期待を探る
  • はじめに
  • 1. 糖毒性によるインスリン分泌不全
  • 2. SGLT2欠損肥満糖尿病マウスにおけるβ細胞代償機構
  • 3. 糖尿病モデル動物におけるSGLT2阻害薬のβ細胞保護効果
  • 4. 臨床試験におけるSGLT2阻害薬のβ細胞への作用
  • おわりに
  • [4] SGLT2阻害薬の作用から予想される最も適する患者像を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬の特徴
  • 1) 薬剤作用機序の特異性
  • 2) エネルギー喪失による体重減少
  • 3) 低い低血糖リスク
  • 4) 脱水に関するリスク
  • 5) 腎機能低下症例に対する薬効低下の可能性
  • 6) SGLT2阻害薬による血圧低下作用
  • 7) 尿路・性器感染症および発がんリスク増加に関する懸念
  • 8) SGLT1選択性程度に由来する消化器症状発現への懸念
  • 2. 臨床治験での成績
  • 1) 単独療法
  • 2) 併用療法
  • 3. 処方に適する患者像
  • 4. 今後の展開
  • おわりに
  • [5] SGLT2阻害薬服用時に予想される注意点を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬において懸念される副作用
  • 2. SGLT2阻害薬でこれまでに認められている副作用ないしはその危険因子の変化
  • 1) 性器感染・尿路感染
  • 2) 血行動態・電解質の変化
  • 3) 脂質プロファイルの変化
  • 4) 発がんリスク
  • 5) 低血糖
  • 3. これまでの臨床試験では認められていないがSGLT2阻害薬の作用にもとづき懸念される副作用
  • 1) サルコペニア
  • 2) 心血管リスク
  • おわりに
  • [6] SGLT2阻害薬と心血管イベントの関連を探る
  • はじめに
  • 1. 2型糖尿病と心血管イベント
  • 2. SGLT2阻害薬の血糖降下作用
  • 3. SGLT2阻害薬によるCVイベント発症抑制に対する多面的作用
  • 1) 体重への影響
  • 2) 血圧への影響
  • 3) 脂質代謝への影響
  • 4) 尿酸代謝への影響
  • 5) CVイベントへの影響
  • おわりに
  • [7] SGLT2阻害薬と腎機能障害の関連を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬の作用機構と腎機能障害
  • 2. 腎機能障害時でもSGLT2阻害薬は有効か ?
  • 3. 腎機能障害時にSGLT2阻害薬の副作用は増加するのか ?
  • 4. 糖尿病性合併症にSGLT2阻害薬は有効か ?
  • おわりに
  • [8] SGLT2阻害薬と尿路感染症の関連を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬による尿路感染症の頻度
  • 1) 海外における報告
  • 2) わが国における報告
  • 2. 尿糖は尿路感染症のリスクになるか ?
  • 3. グルコースを尿に添加したin vitro実験データ
  • 4. 糖尿病患者における尿路感染症の頻度
  • おわりに
  • [ Part 6 ] わが国におけるSGLT2阻害薬の位置づけを探る
  • [1] SGLT2阻害薬の登場による糖尿病治療の変化を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬
  • 2. SGLT2を阻害することによる危険性はないのか ?
  • 3. 選択的SGLT2阻害薬の臨床的効果
  • 4. 選択的SGLT2阻害薬の安全性
  • 5. SGLT2阻害薬によって糖尿病治療がどのように変化するか ?
  • おわりに
  • [2] 各種糖尿病治療薬の違いからSGLT2阻害薬に求められる役割を探る
  • はじめに
  • 1. 糖尿病治療薬の分類と選択
  • 2. SGLT2阻害薬の位置づけ
  • おわりに
  • [3] 作用の違いから併用の可能性と有用性を探る
  • はじめに - インスリン作用を介さない治療薬としての期待と位置づけ -
  • 1. インスリン分泌促進薬との併用
  • 2. インスリン抵抗性改善薬との併用
  • 3. インクレチン関連薬との併用
  • 4. インスリン製剤との併用
  • 5. 日本人を対象にした臨床試験
  • おわりに
  • [4] SGLT2阻害薬使用時に予想される生活習慣指導の注意点を探る
  • はじめに
  • 1. SGLT2阻害薬の作用機序
  • 2. SGLT2阻害薬の体重減少効果
  • 3. SGLT2阻害薬の体脂肪への作用
  • 4. SGLT2阻害薬使用時の食事療法の意義と栄養状態への影響
  • 5. 高齢者や腎機能低下例における注意点
  • 6. 感染症対策
  • おわりに
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[ Part 1 ] 糖輸送体の基礎と創薬の歴史をみる

P.18 掲載の参考文献
17) 金井好克 : 栄養素トランスポーター : その研究の進展と今後の課題「栄養・食品機能とトランスポーター」 竹谷豊, 薩秀夫, 伊藤美紀子ほか編, 建帛社, 東京, 2011, pp.1-18
20) Abdul-Ghani MA, DeFronzo RA, Norton L : Novel hypothesis to explain why SGLT2 inhibitors inhibit only 30-50% of filtered glucose load in humans. Diabetes 62 : 3324-3328, 2013
P.23 掲載の参考文献

[ Part 2 ] SGLT2阻害薬の基礎をみる

P.33 掲載の参考文献
8) Abdul-Ghani MA, DeFronzo RA, Norton L : Novel hypothesis to explain why SGLT2 inhibitors inhibit only 30-50% of filtered glucose load in humans. Diabetes 62 : 3324-3328, 2013
21) Tsujihara K, Hongu M, Saito K et al : Na+ -glucose cotransporter (SGLT) inhibitors as antidiabetic agents. 4. Synthesis and pharmacological properties of 4'-dehydroxyphlorizin derivatives substituted on the B ring. J Med Chem 42 : 5311-5324, 1999
25) Qiu L, Wang X, Hogg-Cornejo V et al : SGLT2 inhibition prevents the development of nephropathy in diabetic mice. Diabetes 62 : A132, 2013
26) Jurczak MJ, Lee HY, Birkenfeld AL et al : SGLT2 deletion improves glucose homeostasis and preserves pancreatic β-cell function. Diabetes 60 : 890-898, 2011
P.39 掲載の参考文献
11) 加来浩平, 高野泰樹, 池谷泰明ほか : 新規SGLT2阻害薬Tofogliflozinの日本人2型糖尿病患者における有効性及び安全性の検証-第II/III相臨床試験結果. 糖尿病 56 : S238, 2013
12) Tanizawa Y, Araki E, Tobe K et al : Efficacy and safety of tofogliflozin administered for 52 weeks as monotherapy or combined with other oral hypoglycemic agents in Japanese patients with type 2 diabetes. European Association for the Study of Diabetes (EASD) 49th Annual Meeting, Barcelona, September 23-27, 2013

[ Part 3 ] SGLT2阻害薬の臨床データをみる

P.50 掲載の参考文献
4) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu et al : Luseogliflozin, a SGLT2 inhibitor, improves glycaemic control and reduces body weight as monotherapy up to 52 weeks in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. Diabe tologia 56 (SupPle 1) : S82, 2013
10) 経口血糖降下薬の臨床評価方法に関するガイドライン [平成22年7月9日薬食審査発0709第1号]
11) Haneda M, Seino Y, Sasaki T et al : Luseogliflozin, a SGLT2 inhibitor, as add-on therapy to 5 types of oral antidiabetic drugs improves glycaemic control and reduces body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. Diabetologia 56 (Supple 1) : S384, 2013
12) Inagaki N, Seino Y, Sasaki T et al : Luseogliflozin, a selective SGLT2 inhibitor, add on to glimepiride for 52 weeks improves glycaemic control with no major hypoglycaemia in Japanese type 2 diabetes patients. Diabetologia 56 (Supple 1) : S384, 2013
13) 河野博道, 数田健一, 吉田哲ほか : 2型糖尿病患者におけるイプラグリフロジンの長期有効性および安全性 : 52週間多施設共同非盲検試験 (IGNITE試験). 糖尿病 56 (Supple 1) : S-155, 2013
14) 柏木厚典, 志賀貴紀秋山典子ほか : 2型糖尿病患者におけるイプラグリフロジンと他の経口血糖降下薬との併用 第III相二重盲検並行群間比較試験. 糖尿病 56 (Supple 1) : S-238, 2013
20) Haneda M, Seino Y, Sasaki T et al : Luseogliflozin (TS-071), aselective SGLT2 inhibitor, improves glycemic control in Japanese type 2 diabetic subjects with renal impairment. Diabetologia 55 (Supple 1) : S303, 2012
22) Dapagliflozin (Forxiga) : EU summary of product characteristics. Available from : http://www.medicines.org.uk/emc/medicine/27188/SPC/Forxi ga+5%20 mg++%26+10+mg+film+coated+tablets/
23) Canagliflozin (lnvokana) : prescribing information. Available from : http://www.invokanahcp.com/prescribing-information.pdf/

[ Part 4 ] SGLT2阻害薬の安全性と服薬アドヒアランスをみる

P.59 掲載の参考文献
18) Kashiwagi A, Kazuta K, Yoshida S et al : Randomized, placebo-controlled, double-blind glycemic control trial of novel SGLT2 inhibitor ipragliflozin in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. J Diabetes Investig, in press
21) Inagaki N, Seino Y, Sasaki T et al : Luseogliflozin, a selective SGLT2 inhibitor, added on to glimepiride for 52 weeks improves glycaemic control with no major hypoglycaemia in Japanese type 2 diabetes patients. European Association for the Study of Diabetes (EASD), 49th Annual Meeting 2013 ; OP 31-184
22) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A et al : Luseogliflozin, a SGLT2 inhibitor, improves glycaemic control and reduced body weight as monotherapy up to 52 weeks in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. European Association for the Study of Diabetes (EASD), 49th Annual Meeting 2013 ; PS 075-956
23) Haneda M, Seino Y, Sasaki T et al : Luseoglinozin, a SGLT2 inhibitor, as add-on therapy to 5 types of oral antidiabetic drugs improves glycaemic control and reduces body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. European Association for the Study of Diabetes (EASD), 49th Annual Meeting 2013 ; PS 075-957
24) Araki E, Kaku K, Watada H et al : Verification of the efficacy and safety of tofogliflozin, a novel SGLT2 inhibitor, in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus : results from a phase 2/3 clinical study. European Association for the Study of Diabetes (EASD), 49th Annual Meeting 2013 ; PS 073-929
25) Tanizawa Y, Araki E, Tobe K et al : Efficacy and safety of tofogliflozin administered for 52 weeks as monotherapy or combined with other oral hypoglycaemic agents in Japanese patients with type 2 diabetes. European Association for the Study of Diabetes (EASD), 49th Annual Meeting 2013 ; OP 31-185

[ Part 5 ] SGLT2阻害薬への期待と予想される注意点を探る

P.67 掲載の参考文献
P.74 掲載の参考文献
5) Jurczak MJ, Lee HY, Birkenfeld AL et al : SGLT2 deletion improves glucose homeostasis and preserves pancreatic β-cell function. Diabetes 60 : 890-898, 2011
P.77 掲載の参考文献
1) Butler AE, Janson J, Bonner-Weir S et al : β-cell deficit and increased β-cell apoptosis in humans with type 2 diabetes. Diabetes 52 : 102-110, 2003
2) Kaneto H, Miyatsuka T, Kawamori D et al : PDX-1 and MafA play a crucial role in pancreatic β-cell differentiation and maintenance of mature β-cell function. Endocr J 55 : 235-252, 2008
3) Prentki M, Nolan CJ : Islet β cell failure in type 2 diabetes. J Clin Invest 116 : 1802-1812, 2006
4) Jurczak MJ, Lee HY, Birkenfeld AL et al : SGLT2 deletion improves glucose homeostasis and preserves pancreatic β-cell function. Diabetes 60 : 890-898, 2011
P.82 掲載の参考文献
P.87 掲載の参考文献
P.93 掲載の参考文献
1) 堀田饒, 中村二郎, 岩本安彦ほか : アンケート調査による日本人糖尿病の死因-1991~2000年の10年間, 18,385名での検討-. 糖尿病 50 : 47-61, 2007
4) The ACCORD study group, Gerstein HC, Miller ME, Byington RP et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
6) ADVANCE Collaborative Group, Patel A, MacMahon S, Chalmers J et al : Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2560-2572, 2008
8) Kaku K, Inoue S, Matsuoka O eta1 : Efficacy and safety of dapagliflozin as a monotherapy for type 2 diabetes mellitus in Japanese patients with inadequate glycaemic control : a phase II multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Diabetes Obes Metab 15 : 432-440, 2013
10) 村本あき子, 山本直樹, 中村正和ほか : 特定健診・特定保健指導における積極的支援の効果検証と減量目標の妥当性についての検討. 肥満研究 16 : 182-187, 2010
11) 津下一代 : 厚生労働科学研究「地域・職域における生活習慣病予防活動・疾病管理による医療費適正化効果に関する研究」平成21年度総括研究報告書, 2010
P.99 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献

[ Part 6 ] わが国におけるSGLT2阻害薬の位置づけを探る

P.113 掲載の参考文献
P.117 掲載の参考文献
1) Kamran M, Peterson RG, Dominguez JH : Overexpression of GLUT2 gene in renal proximal tubules of diabetic Zucker rats. J Am Soc Nephrol 8 : 943-948, 1997
4) Prentki M, Nolan CJ : lslet β cell failure in type 2 diabetes. J Clin Invest 116 : 1802-1812, 2006
7) New data demonstrate sustained glucose reduction and weight loss up to 90 weeks with investigational SGLT-2 inhibitor, empagliflozin. Study evaluating the efficacy and safety of empagliflozin presented during a late-breaking session at the American Diabetes Association's (ADA) 72nd Scientific Sessions(R)
P.125 掲載の参考文献
P.130 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...