極める変形性膝関節症の理学療法

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2014-05-29
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830645082
電子書籍版: 2014-05-29 (第1版第7刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,720 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,720 円(税込)

商品紹介

変形性膝関節症に対する理学療法を保存的理学療法と術後理学療法に分け,さらに様々な視点から,可能な限り最新のエビデンスを用いた治療戦略について述べている.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 「臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス」発刊にあたり
  • Part I 変形性膝関節症とは ?
  • [1] 理学療法的視点からみた変形性膝関節症の病態
  • 変形性関節症 ( OA ) の定義とは ?
  • 膝OAの頻度はきわめて高い
  • なぜ膝OAは痛む ?
  • なぜ膝OAでは関節可動域 ( ROM ) が低下するのか ?
  • 膝OAではそれに見合う関節動揺性が存在しない !
  • 関節動揺性の存在が膝OAを悪化させる ?
  • 真の関節動揺性の存在の程度は膝OAの進行を予測できる ?
  • 動揺性が症状のない安定した膝を作り出す ?
  • 膝OAでは歩行時の動的負荷が増大している
  • 関節固有受容感覚の悪化と前十字靱帯 ( ACL ) 損傷後の発症と進展
  • ミニレクチャー 変形性膝関節症と筋力
  • [2] 変形性膝関節症の軟骨代謝障害
  • はじめに
  • 関節軟骨の構造
  • OAにおける蛋白分解酵素の役割
  • 軟骨細胞の変性, アポトーシス
  • 軟骨代謝における炎症の役割と蛋白分解酵素の発現機序
  • 軟骨下骨の構造
  • 終末糖化産物 ( AGEs ) の影響
  • 軟骨下骨の代謝変化
  • 軟骨代謝の評価
  • 軟骨代謝と理学療法
  • [3] 変形性膝関節症の痛みの捉え方
  • 膝OAの疼痛をどのように捉える ?
  • 単純X線による関節変形程度と疼痛は必ずしも比例しない
  • 疼痛の原因となる組織を同定するためには ?
  • 鑑別すべき疼痛の評価と理学療法
  • ミニレクチャー 痛みをとるための物理療法選択のコツ
  • [4] 変形性膝関節症における理学療法のエビデンスの現状
  • EBMとエビデンス
  • 保存的理学療法のエビデンス
  • 術後理学療法のエビデンス
  • エビデンスの臨床応用
  • [5] 変形性膝関節症に対する手術療法
  • 高位脛骨骨切り術 ( high tibial osteotomy : HTO )
  • 人工膝単顆置換術 ( unicompartmental knee arthroplasty : UKA )
  • 人工膝関節全置換術 ( total knee arthroplasty : TKA )
  • Part II 変形性膝関節症に対する保存的理学療法
  • [1] 変形性膝関節症の運動学・運動力学的特徴
  • 初期接地~荷重応答期にかけて衝撃吸収ができているか
  • 荷重応答期に起こる外側スラストの正体は何か ?
  • 荷重応答期~単脚起立期開始までの間に何が起こっているのか ?
  • 立脚中期に何が起こっているだろうか ?
  • 立脚中期~立脚終期の間に何が起こっているのか ?
  • 立脚終期~遊脚期に起こる問題
  • ミニレクチャー 変形性膝関節症と体力
  • [2] 体幹から捉えた評価と治療戦略
  • 膝OAの歩行時にみられる特有の問題は?
  • 骨盤帯機能について考えよう
  • 体幹機能について
  • 立脚終期の内転筋活動について
  • ミニレクチャー 変形性膝関節症と姿勢
  • [3] 膝から捉えた評価と治療戦略
  • 膝OAの理学療法の目的
  • 何が問題か ?
  • 問題解決のための情報収集
  • 情報を批判的に吟味する
  • どのように理学療法を行うか ?
  • 膝OAの歩行の特徴
  • なぜinitial contactが出ないのか ?
  • 理学療法
  • 理学療法の効果とその限界
  • [4] 足部から捉えた評価と治療戦略
  • 膝OAの症状の特徴
  • 膝OAの運動学的特徴
  • 足部から捉えた膝OAの評価
  • 膝OA患者における臨床推論のポイント
  • ミニレクチャー 変形性膝関節症と運動学習
  • [5] 歩行から捉えた評価と治療戦略
  • 正常歩行を理解する !
  • 膝OA患者でみられる歩行の特徴は ?
  • 歩行時にどのような問題があるか ?
  • 問題解決のために情報を集めよう !
  • 情報を批判的に吟味してみる
  • 目の前の患者にどう適用するか ?
  • 臨床推論に基づく理学療法の実際
  • ミニレクチャー 歩行練習のコツ
  • [6] 慢性疼痛疾患として捉えた評価と治療戦略
  • 何が問題か ?
  • ケース1 身体イメージの変質が痛みを修飾している患者
  • ケース2 破局的思考や不安回避思考が痛みを修飾している患者
  • ケース3 下行性疼痛調節系の減弱によって痛みが増強している患者
  • まとめ
  • Part III 変形性膝関節症に対する術後理学療法
  • [1] TKA後における体幹から捉えた評価と治療戦略
  • 何が問題か ?
  • 問題解決のための情報収集
  • 情報を批判的に吟味する
  • どのように理学療法を行うか ?
  • 理学療法の効果と限界
  • おわりに~腰部変性疾患発症リスクの予測~
  • ミニレクチャー 術後のstiff - knee gaitについて
  • ミニレクチャー スタビリティー向上のための体幹トレーニングのコツ
  • [2] TKA後における膝から捉えた評価と治療戦略
  • 人工膝関節の機械特性を理解する
  • 術後経過における治療段階
  • おわりに
  • ミニレクチャー TKAにおいて術前から予後予測をするためには ?
  • [3] TKA後における歩行から捉えた評価と治療戦略
  • TKA後の歩行に着目する意義とは
  • TKA後の歩行における問題とは
  • 評価の進め方
  • 仮説の設定とその検証 - 具体例
  • 理学療法の紹介
  • 効果の判定は ?
  • ミニレクチャー 歩行分析のポイント
  • [4] HTO後における評価と治療戦略
  • はじめに
  • ステップ1 患者に関する臨床的な問題は何か ?
  • ステップ2 問題を解決するための情報検索
  • ステップ3 情報の整理
  • ステップ4 理学療法戦略
  • ステップ5 理学療法効果の評価
  • ミニレクチャー 関節可動域運動のコツ
  • [5] 運動イメージ・運動観察を利用した治療戦略
  • 変形性膝関節症 ( 膝OA ) 患者の痛みと機能障害について
  • 運動イメージと運動観察の神経機構とは
  • 膝OA理学療法に運動イメージ・運動観察を取り入れるために
  • 膝OAに対する運動イメージ・運動観察の理学療法戦略
  • まとめ
  • [6] 術後の筋緊張・動作パターンから捉えた評価と治療戦略
  • 膝OAと筋緊張
  • 何が問題か ?
  • なぜ筋緊張は高まるのか ?
  • どのように理学療法を行うか ?
  • 理学療法の効果とその限界
  • ミニレクチャー 認知機能を利用した理学療法のコツ
  • 付録
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

Part I 変形性膝関節症とは ?

P.12 掲載の参考文献
Definition and classification of osteoarthritis. Osteoarthritis. Second ed. R.H. Flores・M.C. Hochberg 著, K.D. Brandt・M. Doherty・L.S. Lohmander編, New York, Oxford, 2003
1) Flores RH, Hochberg MC : Definition and classification of osteoarthritis. Osteoarthritis (Brandt KD, Doherty M, Lohmander LS ed) Second ed. p 1-8, New York, Oxford, 2003
2) Oliveria SA, Felson DT, Reed JI, et al : Incidence of symptomatic hand, hip, and knee osteoarthritis among patients in a health maintenance organization. Arthritis Rheum, 38 (8) : 1134-1141, 1995
4) Fishkin Z, Miller D, Ritter C, et al : Change in human knee ligament stiffness secondary to osteoarthritis. J Orthop Res, 20 (2) : 204-207, 2002
5) Wada M, Tatsuo H, Baba H, et al : Femoral intercondylar notch measurement in osteoarthritic knees. Rheumatology, 38 (6) : 554-558, 1999
6) Szabo G, Lovasz G, Kustos T, et al : A prospective comparative analysis of mobility in osteoarthritis knees ; Does life style have an influence? J Bone Joint Surg Br, 82 (8) : 1167-1169, 2000
7) Wada M, Imura S, Baba H, et al : Knee laxity in patients with osteoarthritis and rheumatoid arthritis. Br J Rheumatol, 35 (6) : 560-563, 1996
11) 嶋田誠一郎 : 膝関節の病態運動学と理学療法 I : 変形性膝関節症. 理学療法, 24 (6) : 841-847, 2007
14) 嶋田誠一郎 : 変形性膝関節症の理学療法. 中部リハビリテーション雑誌, 4 : 3-6, 2009
15) 嶋田誠一郎, 佐々木伸一, 野瀬恭代, 他 : 変形性膝関節症および慢性関節リウマチ膝の歩行時前額面モーメント. 義装会誌, 16 (4) : 67-72, 2000
18) Miyazaki T, Wada M, Kawahara H, et al : Dynamic load at baseline can predict radiographic disease progression in medial compartment knee osteoarthritis. Ann Rheum Dis, 61 (7) : 617-622, 2002
19) Lloyd DG, Buchanan TS : A model of load sharing between muscles and soft tissues at the human knee during static tasks. J Biomed Eng, 118 (3) : 367-376, 1996
20) Weidenhielm L, Svensson OK, Brostrom LA, et al : Adduction moment of the knee compared to radiological and clinical parameters in moderate medical osteoarthrosis of the knee. Ann Chir Gynaecol, 83 (3) : 236-242, 1994
21) Barrett DS, Cobb AG, Bentley G : Joint proprioception in normal, osteoarthritis and replaced knees. J Bone Joint Surg, 73 B (1) : 53-56, 1991
22) O'Connor BL, Vilensky JA : Peripheral and central nervous system mechanisms of joint protection. Am J Orthop, 32 (7) : 330-336, 2003
P.16 掲載の参考文献
1) 池田真一, 津山弘, 鳥巣岳彦 : 高齢者の膝関節の構造と機能. 理学療法, 20 (8) : 821-829, 2008
2) 古賀良生 : 変形性膝関節症. pp41-68, 2008, 南江堂
3) O'Reilly SC, Jones A, Muir KR, et al : Quadriceps weakness in knee osteoarthritis : the effect on pain and disability. Ann Rheum Dis, 57 (10) : 588-594, 1998
4) Fahrer H, Rentsch HU, Gerber NJ, et al : Knee effusion and reflex inhibition of the quadriceps. A bar to effective retraining. J Bone Joint Surg Br, 70 (4) : 635-638, 1988
6) 松原貴子, 沖田実, 森岡周 : Pain Rehabilitation. pp134-146, 2011, 三輪書店
7) 坂本雅昭, 粕山達也 : 変形性膝関節症患者の筋力強化とその効果. 理学療法, 26 (9) : 1097-1103, 2009
8) 木藤伸宏, 山崎貴博, 岡西奈津子, 他 : 変形性膝関節症の理学療法における運動制御・学習理論の応用. 理学療法, 26 (7) : 849-862, 2009
9) 木藤伸宏 : 変形性膝関節症に対する理学療法. 理学療法京都, 39 : 49-53, 2010
10) Rosenberg IH : Sarcopenia : origins and clinical relevance. J Nutr, 127 (5 Suppl) : 990S-991S, 1997
11) lsrael S : Strength and Power in Sport (Komi PVed). Blackwell, Oxford, pp319-328, 1992
12) 若林秀隆編 : リハビリテーション栄養. pp230-231, 2010, 医歯薬出版
13) 石川愛子, 長谷公隆, 千野直一 : 臨床Disuse syndrome (廃用症候群) とSarcopenia. Geriatric Medicine, 42 (7) : 895-902, 2004
14) 福元喜啓, 池添冬芽, 田中武一, 他 : 高齢者の大腿四頭筋における筋厚および筋輝度が膝伸展筋力に及ぼす影響. 体力科学, 58 (6) : 674, 2009
15) Visser M, Kritchevsky SB, Goodpaster BH, et al : Leg muscle mass and composition in relation to lower extremity performance in men and women aged 70 to 79 : the health, aging and body composition study. J Am Geriatr Soc, 50 (5) : 897-904, 2002
P.28 掲載の参考文献
1) 福井尚志 : ロコモティブシンドローム, 加齢に伴う身体機能の変化とその評価法 加齢による関節の変化と変形性関節症. 診断と治療, 98 (11) : 1791-1797, 2010
3) Nagase H, Kashiwagi M : Aggrecanases and cartilage matrix degradation. Arthritis Res Ther, 5 (2) : 94-103, 2003
5) 福井尚志 : 変形性関節症研究の最近のトピックス, 変形性関節症の進行機序 最近の知見を踏まえて. 関節外科, 26 (7) : 814-820, 2007
6) Glasson SS, Askew R, Sheppard B, et al : Deletion of active ADAMTS5 prevents cartilage degradation in a murine model of osteoarthritis. Nature, 434 (7033) : 644-648, 2005
10) Roemer FW, Nevitt MC, Felson DT, et al : Predictive validity of within-grade scoring of longitudinal changes of MRI-based cartilage morphology and bone marrow lesion assessment in the tibio-femoral joint -the MOST study. Osteoarthritis Cartilage, 20 (11) : 1391-1398, 2012 doi : 10.1016/j.joca.2012.07.012.
11) Rousseau JC, Delmas PD : Biological markers in osteoarthritis. Nat Clin Pract Rheumatol, 3 (6) : 348, 2007
18) Naito K, Watari T, Muta T, et al : Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) increases the articular cartilage type II collagen in a rat osteoarthritis model. J Orthop Res, 28 (3) : 361-369, 2010
Role of inflammation in the pathogenesis of osteoarthritis : latest findings and interpretations. J. Sokolove, C.M. Lepus著, Ther Adv Musculoskelet Dis, 5 (2) : 77-94, 2013
変形性関節症の進行機序-最新の知見を踏まえて- 福井尚志 関節外科 26 (7) 2007
P.43 掲載の参考文献
1) 古松毅之 : 分類と診断基準, 変形性関節症の診かたと治療 第2版 (井上一監修, 尾崎敏文, 西田圭一郎編). p6, 2012, 医学書院
2) 熊谷匡晃 : 変形性膝関節症に対する運動療法. 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション, 整形外科リハビリテーション学会, pp116-119, 2008, メジカルビュー社
3) Moore KL, Dally AF : 臨床のための解剖学 (佐藤達夫, 坂井建雄監訳). p593, 2008, メディカル・サイエンス・インターナショナル
4) 黒部恭啓, 安田和則, 宮田康史, 他 : 鵞足の解剖と膝靱帯再建術への臨床応用. 臨整外, 31 (11) : 1219?1223, 1996
5) 戸田佳孝, 月村規子 : 変形性膝関節症で鵞足に圧痛のある患者の頻度とその特徴. 整形外科, 60 (4) : 320-323, 2009
6) 加藤浩, 五嶋佳子, 福留英明 : 変形性膝関節症の機能評価. MB Orthop, 25 (6) : 14-24, 2012
7) 宗田大 : 膝痛 知る 診る 治す, pp4, 24, 26, 82, 2007, メジカルビュー社
8) 赤羽根良和, 林典雄 : 鵞足炎におけるトリガー筋の鑑別検査. 理学療法ジャーナル, 46 (2) : 175-179, 2012
9) 冨士川恭輔, 松本秀男, 小林龍生, 他 : 膝関節のバイオメカニクス. 関節外科, 16 (3) : 62-71, 1997
10) 猪田茂生 : 半月板部分切除後の歩行障害に対する運動療法. 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹, 整形外科リハビリテーション学会 (編), pp156-159, 2008, メジカルビュー社
11) 峯孝友, 河合伸也, 目昭仁 : 膝半月板の知覚神経支配. 中部整災誌, 40 (4) : 983-984, 1997
12) 太田光彦, 岡島誠一郎, 時岡孝夫, 他 : ヒト膝関節の半月における神経分布. 中部整災誌, 42 (4) : 887-888, 1999
運動療法のための機能解剖学的触診技術 林典雄著 青木隆明監修, メジカルビュー社, 2012
膝痛 知る 診る 治す 宗田大著, メジカルビュー社, 2007
P.46 掲載の参考文献
1) Pryde JA : Pain, Physical Agents in Rehabiritation (Cameron MH, ed), pp39-67, 1999, W.B. SAUNDERS COMPANY, Pennsylvania
2) 徳田光紀 : 痛みに対する電気療法. 最新物理療法の臨床適応 (庄本康治編), pp138-158, 2012, 文光堂
3) 篠原英記 : 熱物理学・温熱の生理学的作用. 標準理学療法学専門分野物理療法学 第2版 (網本和編), pp5-61, 2005, 医学書院
P.58 掲載の参考文献
1) Guyatt GH : Evidence-based medicine. ACP. Journal Club, 114 (suppl 2) : A-16, 1991
2) Sackett DL, Rosenberg WM, Gray JA, et al : Evidence based medicine : what it is and what it isn't. BMJ, 312 (7023) : 71-72, 1996
9) Harvey LA, Brosseau L, Herbert RD : Continuous passive motion following total knee arthroplasty in people with arthritis, Cochrane database of systematic reviews, (3) : CD004260, 2010
10) Monaghan B, Caulfield B, O'Mathuna DP : Surface neuromuscular electrical stimulation for quadriceps strengthening pre and post total knee replacement, Cochrane database of systematic reviews, (1) : CD007177, 2010
OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis : part III : Changes in evidence following systematic cumulative update of research published through January 2009. Zhang W, Nuki G, Moskowitz RW, et al, Osteoarthritis and cartilage/OARS, Osteoarthritis Research Society, 18 : 476-499, 2010
OARSI guidelines for the non-surgical management of knee osteoarthritis. McAlindon TE, Bannuru RR, Sullivan MC, Arden NK, Berenbaum F, Bierma-Zeinstra SM, et al, Osteoarthritis and cartilage/OARS, Osteoarthritis Research Society 2014 ; 22 (3) : 363-388
P.71 掲載の参考文献
人工膝関節置換術 [TKA] のすべて. 勝呂徹他編, 2007年, メジカルビュー社
整形外科手術イラストレイテッド 膝関節の手術 黒坂昌弘他編, 2011年, 中山書店

Part II 変形性膝関節症に対する保存的理学療法

P.88 掲載の参考文献
1) Andriacchi TP, Koo S, Scanlan SF : Gait mechanics influence healthy cartilage morphology and osteoarthritis of the knee. J Bone Joint Surg Am, 91 suppl 1 : 95-101, 2009
4) 木藤伸宏, 島澤真一, 他 : 加速度センサを用いた変形性膝関節症の歩行時下腿運動の解析. 理学療法学, 31 (1) : 86-94, 2004
6) 垣内田翔子, 橋爪善光, 他 : 歩行における脚関節間シナジーの解析. 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 109 (461) : 207-212, 2010
理学療法研究の進めかた 基礎から学ぶ研究のすべて 森山英樹編, 文光堂, 2014
P.92 掲載の参考文献
1) 上田響, 他 : 平成22年 国民生活基礎調査の概況 IV 介護の状況 2 要介護者等の状況 [internet], http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa10/4-2.html [accessed 2014-02-24], 厚生労働省, 2011
2) 中村耕三 : 超高齢化社会とロコモティブシンドローム. 日整会誌, 82 (1) : 1-2, 2008
3) 田中聡, 長谷川正哉, 藤井保貴, 他 : ロコモティブシンドローム-下肢の疾患・障害に着目して-. PTジャーナル, 45 (4) : 299-307, 2011
P.110 掲載の参考文献
パリス・アプローチ 評価と治療-腰, 骨盤編- セントオーガスティン大学・豊橋創造大学 佐藤友紀著 文光堂
P.111 掲載の参考文献
1) 入谷誠 : 入谷式足底板-基礎編- (入谷式足底板セミナー資料). pp71-75, 2011, 運動と医学の出版社
2) Lavignolle B, Vital JM, Senegas J, et al : An approach to the functional anatomy of the sacroiliac joints in vivo. Anat Clin, 5 (3) : 169-176, 1983
3) Egund N, Olsson H, Schmid H, et al : Movement in the sacroiliac joints demonstrated with roentgen stereophotgrammetry. Acta Radiol Diagn, 19 (5) : 833-846, 1978
4) Lee D : 機能的な腰椎骨盤股関節複合体. 骨盤帯 第4版, pp59-64, 2013, 医歯薬出版
5) 伊志嶺隆 : 仙腸関節の病理組織学的加齢変化. 日整会誌, 63 (9) : 1074-1084, 1989
6) 佐藤友紀 : パリス・アプローチ 腰, 骨盤編-評価と適応. pp33-35, pp162-168, 2009, 文光堂
7) Kirsten Gotz-Neumann : 観察による歩行分析 (月城慶一, 江原義弘, 山本澄子, 他監訳). pp34-36, 2005, 医学書院
8) 鈴木俊明, 三浦雄一郎監修 : The Center of the Body-体幹機能の謎を探る 第4版, 関西理学療法学会 (編), pp32-34, pp38-41, pp140-155, 2010, アイペック
9) Snijders CJ, Ribbers MT, et al : EMG recordings of abdominal and back muscles in various standing postures : validation of a biomechanical model on sacroiliac joint stability, J Electromyogr Kinesiol. 8 (4) : 205-214, 1998
P.119 掲載の参考文献
1) 野尻圭悟, 他 : 大腿骨に対する脛骨の後方移動距離からみた変形性膝関節症~矢状面X線像からの分析を基に~. 第39回日本理学療法学術大会, 2004
2) 野尻圭悟, 他 : 変形性膝関節症患者における片脚立位アライメントについて~MP関節と足・膝関節機能軸, 仙腸関節との関係~. 第42回日本理学療法学術大会, 2007
3) 木藤伸宏, 他 : 内側型変形性膝関節症者の外部膝関節内反モーメントと疼痛・身体機能との関係. 理学療法科学, 23 (5) : 633-640, 2008
4) 山崎貴博, 他 : 内側型変形性膝関節症者の歩き始めにおける立脚肢外部膝関節内反モーメントの特徴. 理学療法科学, 25 (6) : 951-956, 2010
5) 野尻圭悟, 他 : 高位脛骨骨切り術後における足部アライメントについて~術側と非術側の足部体性感覚を中心に~. 第46回日本理学療法学術大会, 2011
6) 野尻圭悟, 他 : 変形性膝関節症患者に対するFTA・足部の位置覚・足底表在感覚の特徴. 第47回日本理学療法学術大会, 2012
P.129 掲載の参考文献
1) 古賀良生 : 変形性膝関節症の概念と治療方針. 変形性膝関節症 病態と保存療法 (古賀良生編), pp2-17, 2008, 南江堂
2) Knecht S, Vanwanseele B, et al : A review on the mechanical quality of articular cartilage ; Implication for the diagnosis of osteoarthritis. Clin Biomech, 21 (10) : 999-1012, 2006
3) Baliunas AJ, Hurwitz DE, et al : Increased knee joint loads during walking are present in subjects with knee osteoarthritis. Osteoarthr Carti, 10 (7) : 573-579, 2002
4) Hunter DJ, Zhang Y, et al : Structural factors associated with malalignment in knee osteoarthritis : the Boston osteoarthritis knee study. J Rheumatol, 32 (11) : 2192-2199, 2005
6) Mundermann A, Dyrby CO, et al : Secondary gait changes in patients with medial compartment knee osteoarthritis : Increased load at the ankle, knee, and hip during walking. Arth Rheum, 52 (9) : 2835-2844, 2005
8) Perry J : ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 (武田功, 弓岡光徳, 他訳). 2007, 医歯薬出版
9) Perry J : Anatomy and biomechanics of the hindfoot. Clin Orthop Relat Res, 177 : 9-16, 1983
10) Neumann DA : 筋骨格系のキネシオロジー (嶋田智明, 平田総一郎, 他訳). 2005, 医歯薬出版
11) Mann R, Inman VT : Phasic Activity of Intrinsic Muscles of the Foot. J Bone Joint Surg [Am] , 46 : 469-481, 1964
12) Mann RA : Biomechanics of the foot, Atlas of orthotics : BIOMECHANICAL PRINCIPLES and APPLICATION (American Academy of Orthopaedic Surgeons ed.), p258, 1975, The C.V. Mosby Company, St. Louis, MO
13) Bousquet G, Girardin P, et al : 図解 膝の機能解剖と靱帯損傷 (塩田悦仁, 弓削 至, 他訳). 1995, 協同医書出版社
14) 山田英司 : 理学療法士列伝 変形性膝関節症に対する保存的治療戦略. pp2-40, 2012, 三輪書店
16) 戸松泰介 : 膝関節における負荷面の移動相に関する研究. 日整会誌, 52 : 551-568, 1978
17) Kozanek M, Hosseini A, et al : Tibiofemoral kinematics and condylar motion during the stance phase of gait. J Biomech, 42 (12) : 1877-1884, 2009
18) Arnold AS, Anderson FC, et al : Muscular contributions to hip and knee extension during the single limb stance phase of normal gait : a framework for investigating the causes of crouch gait. J Biomech, 38 (11) : 2181-2189, 2005
変形性膝関節症 病態と保存療法. 古賀良生 (編), 南江堂, 2008
P.145 掲載の参考文献
1) 石井慎一郎 : 非荷重時の膝関節自動伸展運動におけるスクリューホームムーブメントの動態解析. 理学療法科学, 23 (1) : 11-16, 2008
2) 長谷部清貴, 石井慎一郎 : 荷重位でのスクリューホームムーブメントと大腿骨及び脛骨回旋運動の三次元動作解析. 第47回理学療法学術大会, 2012
3) 入谷誠, 他 : 変形性膝関節症に対する「治療用」装具と運動療法- 変形性膝関節症を中心に. 理学療法ジャーナル, 28 (5) : 306-311, 1994
4) 田中創, 寺崎裕亮, 入谷誠, 他 : 変形性膝関節症の理学療法における足底挿板の活用. 理学療法, 28 (3) : 443-458, 2011
5) 入谷誠 : 入谷式足底板セミナー中級編資料, 身体運動学的アプローチ研究会
6) 入谷誠 : 結果の出せる整形外科理学療法. pp190-199, pp230-260, 2009, メジカルビュー社
7) 入谷誠 : 入谷式足底板セミナー上級編資料, 身体運動学的アプローチ研究会
8) 入谷誠 : [下肢運動連鎖の基礎知識] ランニングと下肢運動連鎖. 臨床スポーツ医学, 30 (3) : 211-213, 2013
9) 入谷誠 : 第7回身体運動学的アプローチ研究会, 2012
10) 入谷誠 : 下腿部・足関節・足部の構造と機能. 下肢スポーツ外傷のリハビリテーションとリコンディショニング (小柳磨毅編), pp15-25, 2011, 文光堂
結果の出せる整形外科理学療法 山口光國, 福井勉, 入谷誠著, 2009, メジカルビュー社
P.149 掲載の参考文献
1) Schmidt RA : Motor control and learning. Human kinetics Publishers Inc, Champaign, 1998
2) Kilner JM, et al : An interference effect of observed biological movement on action. Curr Biol, 13 (6) : 522-525 , 2003
3) Hirose S, et al : Viewing hand grip enhances observer's grip force in a body-part-specific manner. Neuroreport, 20 (16) : 1477-1480 , 2009
P.160 掲載の参考文献
1) Perry J : Knee. Gait Analysis : normal and pathological function. pp89-110, 1992, Slack, Thorofare
2) Andriacchi TP, Mundermann A, Smith RL, et al : A framework for the in vivo pathomechanics of osteoarthritis at the knee. Ann Biomed Eng, 32 (3) : 447-457, 2004
3) 山本澄子 : 身体運動のバイオメカニクス. 理学療法科学, 18 (3) : 109-114, 2003
4) 木藤伸宏, 山崎貴博, 岡西奈津子, 他 : 変形性膝関節症の理学療法における運動制御・学習理論の応用. 理学療法, 26 (7) : 849-862, 2009
5) 緒方公介, 野見山宏, 安永雅克 : 加速度計を用いた膝の歩行時側方動揺性 (lateral thrust) の評価法. 関節外科, 16 (3) : 72-77, 1997
6) 徳田一貫, 菅川祥枝, 阿南雅也, 他 : 変形性膝関節症の歩行練習とその効果. 理学療法, 26 (9) : 1110-1120, 2009
8) 木藤伸宏, 山崎貴博, 新小田幸一, 他 : 内側型変形性膝関節症の歩行時の運動学・運動力学的特徴. 別冊整形外科, 53 (9) : 180-188, 2008
11) 大森豪, 古賀良生, 遠藤和男, 他 : 変形性膝関節症の基礎と臨床 I. 大規模集団検診の縦断的調査による変形性膝関節症の発生要因と危険因子. THE BONE, 23 (1) : 27-30, 2009
16) Al-Zahrani KS, Bakheit AM : A study of the gait characteristics of patients with chronic osteoarthritis of the knee. Disabil Rehabil, 24 (5) : 275-280, 2002
17) Robon MJ, Perell KL, Fang M, et al : The relationship between ankle plantar flexor muscle moments and knee compressive forces in subjects with and without pain. Clin Biomech, 15 (7) : 522-527, 2000
19) Jenkyn TR, Hunt MA, Jones IC, et al : Toe-out gait in patients with knee osteoarthritis partially transforms external knee adduction moment into flexion moment during early stance phase of gait : a tri-planar kinetic mechanism. J Biomech, 41 (2) : 276-283, 2008
24) Landry SC, McKean KA, Hubley-Kozey CL, et al : Knee biomechanics of moderate OA patients measured during gait at a self-selected and fast walking speed. J Biomech, 40 (8) : 1754-1761, 2007
25) Baliunas AJ, Hurwitz DE, Ryals AB, et al : Increased knee joint loads during walking are present in subjects with knee osteoarthritis. Osteoarthritis Cartilage, 10 (7) : 573-579, 2002
28) McAlindon TE, Cooper C, Kirwan JR, et al : Determinants of disability in osteoarthritis of the knee. Ann Rheum Dis, 52 (4) : 258-262. 1993
31) Focht BC, Rejeski WJ, Ambrosius WT, et al : Exercise, self-efficacy, and mobility performance in overweight and obese older adults with knee osteoarthritis. Arthritis Rheum, 53 (3) : 659-665, 2005
34) 黒澤尚 : 変形性膝関節症に対する下肢運動療法の治療効果. THE BONE, 23 (1) : 55-61, 2009
36) Hunt MA, Hinman RS, Lim BW, et al : Quadriceps strength is not related to gait impact loading in knee osteoarthritis. Knee, 17 (4) : 296-302, 2010
38) 木藤伸宏, 石井慎一郎, 三輪 惠 : 変形性膝関節症の理学療法の加速的アプローチ. 理学療法, 20 (4) : 429-438, 2003
39) 田中浩介, 宮下浩二, 浦辺幸夫, 他 : 変形性膝関節症患者の歩行における体幹傾斜運動と骨盤回旋運動の関係. 理学療法科学, 23 (1) : 163-167, 2008
42) 森本温子, 鈴木重行 : 療法の考察一痛み系と運動系のつながりからみた運動療法の可能性. 理学療法, 25 (10) : 1458-1465, 2008
43) Iles JF, Stokes M, Young A : Reflex actions of knee joint afferents during contraction of the human quadriceps. Clin Physiol, 10 (5) : 489-500, 1990
Gait Analysis. Perry J著, Slack. Thorofare, 1992
P.166 掲載の参考文献
1) 石井慎一郎 : 変形性膝関節症 歩行解析からみた理学療法の可能性. 理学療法学, 38 (8) : 639-641, 2011
2) 銅谷賢治 : 計算神経科学への招待 脳の学習機構の理解を目指して 第1回初めに : 脳を見る座標軸. 数理科学, 505 : 1-9, 2005
P.175 掲載の参考文献
5) Moseley GL, Zalucki NM, Wiech K : Tactile discrimination, but not tactile stimulation alone, reduces chronic limb pain. Pain, 137 (3) : 600-608, 2007
9) 松岡紘史, 坂野雄二 : 痛みの認知面の評価 : Pain Catastrophizing Scale日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. 心身医学, 47 (2) : 95-102, 2007
10) 松平浩, 犬塚恭子, 菊池徳昌, 他 : 日本語版Fear-Avoidance Beliefs Quetionnaire (FABQ-J) の開発 言語的妥当性を担保した翻訳版の作成. 整形外科, 62 (12) : 1301-1306, 2011
11) 松平浩, 犬塚恭子, 菊池徳昌, 他 : 日本語版Tampa Scale for Kinesiophobia (TSK-J) の開発 言語的妥当性を担保した翻訳版の作成. 臨床整形外科, 48 (1) : 13-19, 2013
12) Picavet HS, Vlaeyen JW, Schouten JS : Pain catastrophizing and kinesiophobia : predictors of chronic low back pain.Am J Epidemiol, 156 (11) : 1028-1034, 2002
13) Parr JJ, Borsa PA, Fillingim RB, et al : Pain-related fear and catastrophizing predict pain intensity and disability independently using an induced muscle injury model. J Pain, 13 (4) : 370-378, 2012
15) Hunt MA, Keefe FJ, Bryant C, et al : A physiotherapist-delivered, combined exercise and pain coping skills training intervention for individuals with knee osteoarthritis : a pilot study. Knee, 20 (2) : 106-112, 2012
19) Nijs J, Kosek E, Van Oosterwijck J, et al : Dysfunctional endogenous analgesia during exercise in patients with chronic pain : to exercise or not to exercise? Pain Physician, 15 (3 Suppl) : ES 205-213, 2012
20) Stagg NJ, Mata HP, Ibrahim MM, et al : Regular exercise reverses sensory hypersensitivity in a rat neuropathic pain model : role of endogenous opioids. Anesthesiology, 114 (4) : 940-948, 2011
ペインリハビリテーション 松原貴子, 沖田実, 森岡周著, 三輪書店, 2011

Part III 変形性膝関節症に対する術後理学療法

P.189 掲載の参考文献
1) 長総義弘, 他 : 変形性膝関節症と退行性腰椎疾患合併例. 臨整外, 33 (11) : 1271-1275, 1998
2) 堀川一浩, 他 : 変形性膝関節症,変形性脊椎症の疫学調査. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42 (4) : 871-872, 1999
3) Murata Y, et al : The knee-spine syndrome. Association between lumbar lordosis and extension of the knee. J Bone Joint Surg Br, 85 (1) : 95-99, 2003
4) 坂本和寛, 他 : 人工膝関節全置換術 (TKA) 施行患者の予後予測因子の検討. 秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要, 19 (2) : 135-142, 2011
5) 伊藤直之, 他 : 人工膝関節置換術後の骨盤アライメントの変化-立位骨盤正面X線像を用いた検討-. 第47回日本理学療法学術大会. 2012
6) 小山博史, 他 : TKAと脊椎・下肢sagittal balance. JOSKAS 38 (2) : 286-287, 2013
7) 松本浩実, 他 : TKA後高齢者のQOLに影響を与える身体, 運動機能について. 第47回日本理学療法学術大会, 2011
8) 小山博史, 他 : 膝屈曲拘縮と脊椎sagittal balance. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56 (1) : 55-56, 2013
9) 品田充美, 他 : 変形性膝関節症の運動力学的解析-下肢関節モーメントとX線像による下肢アライメントの変化について-. 昭和医学会雑誌, 63 (5) : 477-485, 2003
10) 岩原敏人, 他 : 腰部変性後彎の力学的考察. 臨整外, 23 (7) : 811-819, 1988
11) 中道哲朗, 他 : 立位における骨盤後傾角度変化が大腿筋膜張筋, 大腿二頭筋および内側広筋の筋電図積分値に及ぼす影響. 関西理学療法, 6 : 77-83, 2006
15) 稲員拓海, 他 : 変形性膝関節症患者の股関節周囲筋群の筋力について. 石川県理学療法学雑誌, 3 (1) : 8-10, 2003
16) 渡辺博史, 他 : 変形性膝関節症に対する悪化因子の縦断的検討. 理学療法学, 30 (2), 2003
17) Lee LJ : The Thoracic Ring Approach. http://ljlee.ca/thoracic-ring-approach. [accessed 2013-08-22]
18) 石井慎一郎 : 膝のゆるみと回旋. Sportsmedicine, 24 (6) : 6-14, 2012
19) 斉藤嵩, 他 : 片脚立位動作の運動学, 運動力学的分析. 臨床バイオメカニクス, 33 : 411-415, 2012
20) 石井美和子, 他 : 腰部疾患に対する姿勢・動作の臨床的視点と理学療法. 理学療法ジャーナル, 40 (3) : 171-177, 2006
P.193 掲載の参考文献
1) 倉林準 : 変形性膝関節症患者における歩行の特徴-Kineticsによる解析-. 臨床バイオメカニクス, 32 : 413-419, 2011
2) Benedetti MG, Catani F, Bilotta TW, et al : Muscle activation pattern and gait biomechanics after total knee replacement. Clin Biomech, 18 (9) : 871-876, 2003
5) 山田英司, 森田伸, 他 : 膝関節術後早期の筋力回復に伴う運動単位の活動様式の変化. 理学療法科学, 25 (3) : 317-321, 2010
6) Morita S, Kusaka T, Tanaka S, et al : The relationship between muscle weakness and activation of the cerebral cortex early after unicompartmental knee arthroplasty. J Phys Ther Sci, 25 (3) : 301-307, 2013
P.209 掲載の参考文献
1) Stiehl JB, Komistek RD, Dennis DA, et al : Fluoroscopic analysis of kinematics after posterior-cruciate-retaining knee arthroplasty. J Bone Joint Surg Br, 77 (6) : 884-889, 1995
2) Dennis DA, Komistek RD, Colwell CE Jr, et al : In vivo anteroposterior femorotibial translation of total knee arthroplasty : a multicenter analysis. Clin Orthop Relat Res, 356 : 47-57, 1998
3) Conditt MA, Noble PC, Bertolusso R, et al : The PCL significantly affects the functional outcome of total knee arthroplasty. J Arthroplasty, 19 (7 Suppl 2) : 107-112, 2004
4) 星野明穂 : 後十字靱帯温存型 (CR型 : posterior cruciate retention design). 人工膝関節置換術 : 基礎と臨床 (松野誠夫編), p78-79, 2005, 文光堂
5) Andriacchi TP, Galante JO, Fermier RW : The influence of total knee-replacement design on walking and stair-climbing. J Bone Joint Surg Am, 64 (9) : 1328-1335, 1982
7) 井野拓実, 大越康充, 前田龍智, 他 : 人工膝関節置換術後の歩行分析-機種によるキネマティクスの違い-. 日本人工関節学会誌第43巻, pp55-56, 2013
8) Font-Rodrigues DE, et al : Survivorship of cemented total knee arthroplasty. Clin Orthop Relat Res, 345 : 79-86, 1997
9) 星野明穂 : 人工膝関節のデザインの基礎. 人工膝関節置換術 : 基礎と臨床 (松野誠夫編), pp72-77, 2005, 文光堂
11) Magee DJ : Orthopedic Physical Assessment 4th ed. WB Saunders, Philadelphia, 2002
13) Oatis CA : Kinesiology : The Mechanics and Pathomechanics of Human Movement 1 st ed. Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2003
人工膝関節置換術-基礎と臨床- 松野誠夫他, 文光堂, 2005
P.213 掲載の参考文献
1) 内田茂博, 玉利光太郎, 横山茂樹, 他 : 人工膝関節置換術後早期における運動機能予測因子の検討-術前身体・精神機能と退院前運動機能との関係-. 理学療法学, 38 (6) : 442-448, 2011
4) 玉利光太郎 : 理学診断学構築の意義. 吉備国際大学研究紀要, 23 : 7-17, 2013
P.221 掲載の参考文献
1) 原田 繁 : 人工関節周囲骨折増加の背景・傾向. 関節外科, 32 (8) : 859-863, 2013
2) Kirsten Gotz-Neumann : 観察による歩行分析 (月城慶一, 他訳). 医学書院, pp47-80, 2005
3) 長谷川淳 : クリニカルリーズニングのすすめ. 徒手的理学療法, 8 (1) : 21-24, 2008
4) 占部憲, 他 : 人工膝関節全置換術時の膝蓋下脂肪体切除が術後の膝蓋腱長に与える影響. 東日本整形災害外科, 18 (1) : 7-10, 2006
膝痛 知る診る治す 宗田大著, 2007, メジカルビュー社
P.223 掲載の参考文献
1) 対馬栄輝 : 歩行分析の基礎 [internet] http://www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~pteiki/research/balance/analysis/ [accessed 2013-08-15]
2) Neumann DA : 筋骨格系のキネシオロジー (嶋田智明, 平田総一郎監訳). pp547-593, 2005, 医歯薬出版
3) Neumann KG : 観察による歩行分析 (月城慶一, 他訳). pp5-77, 2005, 医学書院
4) 木藤伸宏, 山崎貴博, 西岡奈津子, 他 : 変形性膝関節症の理学療法における運動制御・学習理論の応用に対する理学療法. 理学療法, 26 (7) : 849-862, 2009
5) 石井慎一郎 : 変形性膝関節症-歩行解析からみた理学療法の可能性-, 理学療法学, 38 (8) : 639-641, 2011
P.233 掲載の参考文献
2) 五味徳之, 二宮太志, 松浦一平 : Opening wedge HTO術後の関節軟骨修復に関する検討. JOSKAS. 38 (3) : 588-594, 2013
7) 五味徳之, 二宮太志, 松浦一平 : 当科におけるOpening wedge HTOの短期成績と問題点. JOSKAS, 37 (3) : 612-618, 2012
変形性膝関節症に対する保存的治療戦略 山田英司著, 三輪書店, 2012
老いを内包する膝 井原秀俊編, 全日本病院出版会, 2010
膝関節外科の要点と盲点 黒坂昌弘編, 文光堂, 2005
P.248 掲載の参考文献
3) Stanton TR, Lin CC, Smeets RJ, et al : Spatially-defined disruption of motor imagery performance in people with osteoarthritis. Rheumatology, 51 (8) : 1455-1464, 2011
4) Arendt-Nielsen L, Nie HL, Laursen MB, et al : Sensitization in patients with painful knee osteoarthritis. Pain, 149 (3) : 573-581, 2010
5) Flor H, Braun C, Elbert T, et al : Extensive reorganization of primary somatosensory cortex in chronic back pain patients. Neurosci Lett, 224 (1) : 5-8, 1997
11) Decety J, Grezes J : Neural mechanisms subserving the perception of human actions. Trends Cogn Sci, 3 (5) : 172-178, 1999
12) Munzert J, Lorey B, Zentgraf K : Cognitive motor processes : the role of motor imagery in the study of motor representations. Brain Res Rev, 60 (2) : 306-326, 2009
14) Ruby P, Decety J : Effect of subjective perspective taking during simulation of action : a PET investigation of agency. Nat Neurosci, 4 (5) : 546-550, 2001
20) Watanabe R, Higuchi T, Kikuchi Y : Imitation behavior is sensitive to visual perspective of the model : an fMRI study. Exp Brain Res, 228 (2) : 161-171, 2013
22) Holmes PS, Collins DJ : The PETTLEP Approach to Motor Imagery : A Functional Equivalence Model for Sport Psychologists. J of App Sport Psychol, 13 (1) : 60-83, 2001
25) McCabe CS, Haigh RC, Ring EF, et al : A controlled pilot study of the utility of mirror visual feedback in the treatment of complex regional pain syndrome (type 1). Rheumatology (Oxford), 42 (1) : 97-101, 2003
Principles of Neural Science, Fifth Edition Eric Kandel et al, McGraw-Hill Professional, 2012
The Neurophysiological Foundations of Mental and Motor Imagery Aymeric Guillot, Christian Collet, Oxford University Press, 2010
イメージの科学-リハビリテーションへの応用に向けて 森岡周, 松尾篤編, 三輪書店, 2012
P.258 掲載の参考文献
1) Phil P, Clare CF, et al : ヤンダアプローチ マッスルインバランスに対する評価と治療 (小倉秀子監訳). 2013, 三輪書店
2) 山田英司 : 理学療法士列伝 変形性膝関節症に対する保存的治療戦略. pp2-40, 2012, 三輪書店
3) 石井邦雄, 他 : 脊髄反射. 人体機能生理学 改訂第4版 (杉晴夫編). pp136-144, 南江堂, 2003
4) Sharma N, Cohen LG : Recorvery of motor function after stroke. Dev Phychobiol, 54 (3) : 254-262, 2012
5) 木塚朝博 : 4章 随意運動に伴う反射活動の調節. 運動と高次神経機能 (西平賀昭, 他編), p126, 2005, 杏林書院
6) 内藤栄一 : ヒトの身体像の脳内再現と身体運動制御との関係. 現代思想, 34 : 163-173, 2006
7) 丹治順 : 第三章 大脳の一次運動野. 脳と運動 (大村裕他編), p32, 1999, 共立出版
8) 岩村吉晃 : タッチ. 神経心理学コレクション. 2001, 医学書院
ヤンダアプローチ マッスルインバランスに対する評価と治療 Phil P, Clare CF他著, 小倉秀子監訳, 三輪書店, 2013
P.261 掲載の参考文献
1) Perfetti C, 他 : 触覚から空間へ. 認知運動療法 (小池美納訳), pp49-62, 1998, 協同医書出版社
2) Perfetti C, 他 : 膝の病態と認知運動療法. 脳のリハビリテーション [2] 整形外科的疾患 (小池美納訳), pp151-186, 2007, 協同医書出版社
3) 宮本省三 : 股関節の機能と認知運動療法. 認知神経リハビリテーション, 12 : 23-62, 2012

最近チェックした商品履歴

Loading...