整形外科レジデントマニュアル

出版社: 医学書院
著者:
発行日: 2014-05-15
分野: 臨床医学:外科  >  整形外科学
ISBN: 9784260019354
シリーズ: レジデントマニュアル
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

商品紹介

【レジデントマニュアル】本書の目的は、レジデントにとって最も必要となる、的確な診断にまで辿り着ける道筋を示すこと。また、初診のときに何を考え、どのように診察に当たるべきかを提示する。本書は2部構成。【総論】では、整形外科診療に必要な基礎知識や技術、医師としての心構えなどを示す。【各論】では、整形外科の領域ごとに、機能解剖や画像診断、レジデントが知っておくべき主な疾患の解説など、日常診療に必須の知識を幅広く網羅している。

目次

  • 整形外科レジデントマニュアル

    ―目次―

    総論
    1 医師としての心構え
    2 脱臼,骨折整復の基本
    3 ギプス・シーネ・包帯固定・三角巾による初期固定
    4 注射法(関節穿刺,関節内注射,トリガー注射,
           ブロック注射)+処方例
    5 救急外来のレッドフラッグ
    6 術前の評価,他科コンサルト(循環器,呼吸器,糖尿病など),
       周術期に中止すべき薬剤
    7 術前説明・インフォームドコンセント
    8 自己血輸血
    9 治療法選択にあたってのガイドライン,文献の使い方,調べ方
    10 カンファレンスでのプレゼンテーション
    11 術前・術後の輸液管理の基本
    12 抗菌薬の使い方・感染症治療
    13 下肢深部静脈血栓症・肺塞栓症の予防
    14 手術室における基本事項
    15 術後創傷管理
    16 術後疼痛管理
    17 リハビリオーダーの基本
    18 術後体位の管理(患肢挙上・クーリング)
    19 リスクマネジメント
    20 手術記録の書き方
    21 コ・メディカルとのコミュニケーション
    22 学会発表(症例報告)の方法,意義

    各論
    第1章 頚椎
    第2章 胸・腰椎
    第3章 手・手関節
    第4章 肘と前腕
    第5章 肩関節
    第6章 大腿・膝関節
    第7章 足・足関節
    第8章 股関節
    第9章 腫瘍性疾患
    第10章 関節炎

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...